後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。

NYの2人の姉御から学んだ新参者の育て方

つまり直前までジャーナリストとしてのお仕事をこなしていたということ。闘病されていたことはかなり近い存在しか知らされていなかったようですが、つい最近までもNYコレクションに向かい、各メディア向けイベントにも足を運んでいたそうです。そう。彼女はアラ還でも永遠のパーティガール。キップが良くておしゃれでおちゃめで、ちょっと、いやかなりミーハーで…本当にエネルギッシュな姉御でした。

 

NYにはもうひとり、ひよっこだった私を導き、サポートしてくれた大御所ジャーナリストがいます。その人もアラ還にしてランニングに目覚め、現在もすっきり体型をキープしているエイジレスな女性。素敵な年の重ね方をしているんです。当時、マンハッタンのチェルシー地区在住だったのでチェルシーの姉御と呼ばせていただきましょう。

 

その方はもともと私がMc Sisterというティーン向けファッション誌の編集者だった時にコーディネイターとしてお世話になっていました。取材やプライベートでNYを訪れたときにもいろんな情報を提供していただき、渡米を決心するきかっけとなった言葉には衝撃をうけたっけ。(それは後程!)

 

その後、Mc Sisterではその方の娘さんにNYのハイスクールガールとしてレポーターになる連載をするなど、公私ともにお世話になったのでした。面倒見がよく、その方に助けられたジャーナリストは数知れず! 

 

後輩とのコミュニケーションは、投げかけることと○○感が大事

ふたりの姉御に共通しているのは圧倒的な現役感。若づくりを狙っているわけではないのに、自分の好きなことを知っていて、エネルギーを発散している。なんでしょ。ちょっとウワサ好きなところも共通しているかも。そういう見たい、知りたい、体験したい!という欲望をかくさない姿勢って、瑞々しい波動を出すような気がします。

 

そして大御所なのにえらぶらないこと。新参者に教えてあげるという態度ではなく、この人知っている? これ興味ある? とNY生活で学ぶべきことを投げかけてくれる

 

NYに流れてきたライターやカメラマンはフリーランスとして活動していた人も多かったので、あまり立ち入っちゃいけないという遠慮もあったのかもしれませんが、実にさりげなくアドバイス。手とり足取りという距離感ではなく、ムダ話の途中でもポーンとはしごをかけてくれる感じ。

 

今や、仕事関係者のほとんどが年下という40代フリーランスの私。このときの姉御たちのコミュニケーション術、すごく参考にしています。

 

いくつになっても知らないことは学ぼうとする姿勢

もうひとつ共通していたのは格下や分野の違う人からも学ぼうという貪欲な姿勢。ミレニアム直前だった当時、ちょうど出版界はDTPやパソコンでの入稿作業が進んできたころでした。よくわからないわ、と人任せにする人も多い中、そのふたりはそういった情報に敏感でした。

 

こんな成功している人でも日々進化しようとしているんだ~というのも新鮮な驚きで、知らないことを知らないと明言して、教えてと伝える姿勢を学びました。なにしろ当時の編集部では鉛筆書きの原稿用紙での入稿を貫く年配編集者が多かったんですから。

 

出版社に勤務する編集者として数回、出張や遊びで訪れたものの、英語は「Nice to meet you again」くらいしか話せない。遠い存在だったアーティストと直接交流できる大チャンスだというのにあとは通訳に任せっぱなし。そんな自分に嫌気がさし、また当時付き合っていた彼がNY在住で遠距離恋愛だったこともあり、語学留学を兼ね、いっそ渡米しちゃおうかと仕事でやりとりしていたチェルシーの姉御に相談したのでした。

 

「連載も担当しているし、今退社したら編集部に迷惑かけちゃいそうなんですよね~」

とぐだぐだ言っていると

「会社なんて自分が思っているほどあなたをあてになんてしてしてないわよ~」

とすっぱり! がーん! 自分の代わりなんていくらでもいるってこと?

 

しかし確かにその後、すんなり後任の担当も決まり、なにごともないように雑誌は発行され続けていたのでした。

自分の人生は自分で決めるしかない、そんな当たり前な事実にはっとしました。ならば自分の行く先は自ら舵をとったほうがいい。それがNYならではのポジティブ自分勝手を知る第一歩だったかも。

 

勇気がいることだけど、情報を若手にシェアすること

渡米後、英語もまだろくに話せなかった私に、「アポ取っといたから新しいショップの取材に行ってきて! 営業時間とコンセプトとおすすめアイテムだけ聞いとけばいいから」というようにちょっとした仕事をポンとトスを上げるように投げかけてくれて、アシスタント的にデータ原稿をまとめるうちに、なんとか街にも慣れ、独り立ちできるようになりました。

 

911前はまさにNYバブル。各雑誌から依頼が殺到し、猫の手も借りたいという状況だったかもしれませんが、それにしてもクライアントを紹介してくれたり、広報につないでくれたり、情報を与えてくれました。今になるとわかる。あとから続く若手に惜しげもなくシェアするのって結構、勇気がある。自信がないとできません。

 

実際、他の都市では新しいジャーナリストにさりげな~く意地悪な一言を言うなど、排他的だとか聞いたことがある…! NYの場合、その姉御ふたりの影響か、ベタっとしたネットワークはなく、来るもの拒まず、去るもの追わず。困ったときには助けるけれどあとは勝手にして、というポジティブ自分勝手スタイルだったんです。NY自体、多くの人が行きかう都市だったから縄張り意識が薄いんですよ。日本人もそのほかの国から来た人も。

 

情報だって人脈だって、人間には器があるんだから、出せば新しい何かが入ってくる、そんなことを教えてくれたのもふたりの姉御でした。そうよね、情けは人のためにならず。新しい何かは新しい誰かに教えてもらえばいんだもの。

 

あのころのNYはみんなで乗り切るぞ、という活気に満ちていた! まるで日本人ジャーナリスト、いやメディア全体が運命共同体であるかのように。

 

令和っていう新しい時代になって、私自身もいよいよ大ベテランの域に突入。(大気圏突入くらい衝撃的!)今度はオトナの生き様を若い世代に見せる番。変化に柔軟に対応できるしなやかなオトナになりたいものです。

スポンサーリンク

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろう…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なん…

早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

写真を貼付するのと、写真を添付するのとでは、すべきことが違います。今日はそんな言葉の中からビジネスシーンで恥をかいてしまいそうな誤読を10個集めてみましたので、こ…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し…

20万からの起業で「年商7億」。女社長の仕事の流儀とは?【It Woman #1荻野みどり・前編】

常識や世間体を気にせず、自分らしく、自由に、自立した女性の生き方を応援する「OTONA SALONE」。まさにそんな生き方をしている女性にせまるインタビュー【It Woman】が今…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

前回、目があったらにっこり笑顔、というのがニューヨークのコミュニケーション術だと話をしましたが、住んでいたころ、その恩恵を受けたことがありました。あれはEast Villageにあるギャラリーのオープニングパーテ…

「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

とにかくほめ上手なニューヨーカー。道行くオジサンでさえ「Hi,Gorgeous!」とか「Nice smile!」とかどうでもいいことまで褒めてくれるからうれしい。ま、いい天気だね、くらいの気軽な挨拶なんだけれど、それでも女…

何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

もう春になってしまいましたが、1年でいちばん華やぐ季節、クリスマス前のNYを訪れました。もうティファニーにも興味はないし(卒業したのではなく、自分へのご褒美なんてものを考えるほど経済的にも精神的にも余裕…

注目の「フラットホワイト」コーヒーを広尾で飲む!CANVAS【TOKYOノマドオフィス7】

やっちまいました! 新年早々。2時のアポのつもりで時間ぴったしに広尾にある某出版社にたどり着くと編集部のみなさんのあれれ?という表情。どこをどう勘違いしたのか1時だった! 1時間遅くではなく早くの勘違い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事