ダメ男っぷりがわかりやすい…「お金が貯められない」男、4つの特徴は

ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。日々お金の相談をしていると「こんな彼氏と結婚しようと思うんですがどう思いますか?」と結婚相談所のような展開になることも多くあります。離婚したカップルや自己破産しかけの男性など様々なケースを見てきました。そこで、こんなタイプはお金が貯められないなと感じたダメンズ事例を紹介します。

 

1・時間にルーズなダメンズはお金にもルーズ

待ち合わせの時間にいつも遅れてくる、予約時間に遅れそうなのにレストランに連絡しない、映画やコンサートに行くときその前の食事の時間は開始ギリギリになって慌ててしまうなど時間にルーズな人は生活そのものがだらしないようです。

仕事でも遅刻してくる人に大事な案件を任せようと思えませんよね?時間にルーズな人はお金の管理もルーズで、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利子を意識せずなんとなく使ってしまいがちです。

どうしても必要なもののためにローンや分割払いをすることはやむを得ませんが、普段のやりくりがルーズなのは考えものです。小さな生活の中での時間管理ができなければ、結婚生活という人生の長い時間を一緒に考えていくことは難しいといえるでしょう。

 

2・見栄っ張りでブランドもの好きなダメンズは、将来浮気するかも?

幼少期貧乏だった、好きなものをあまり買えなかったなどトラウマになっている男性は自分で稼げるようになると明らかにブランド物とわかるもので自分を飾り立てる傾向にあります。

ブランドのアイテムでもロゴの入っていない素敵な服やバッグもありますが、この手のダメンズが好きなのはデカデカと大きくわかりやすくブランドロゴが入っているアイテム。乗る車はベンツ、バイクならハーレーと誰でも知っているような「ザ・お金持ちブランド」ばかり。成り上がりのお金持ちのような感じで、どんなに品質が良くてもノーロゴのものは身に付けません。

見栄っ張りなブランド好きは本当の質より見栄えを気にしがちなので、女性にも見栄えを求めます。結婚後、家庭に入って「映えない」女性になった妻に興味はなくなり連れて歩いて見栄えする女性を求め浮気することも。お金遣いも荒いので貯金できない傾向にあります。

 

3・やっぱりおすすめできない、ギャンブル好きなダメンズ

「パチンコでカクヘン(確率変動の略。大当たりしてるということ)来てるから遅れる」などギャンブルを理由にデートをドタキャンされたことがある場合は要注意。

時間通りやめられない、もう少し賭けたら今までの損をとりかえすかもと依存性があるのがギャンブルです。お金を計画的に使える人・しっかり貯めている相談者様でギャンブルが趣味の人はいませんでした。

むしろ、彼・夫との今後の関係をどうしたらよいかというライフプラン相談では、趣味がギャンブルでお金のことで喧嘩になるというケースも多くあります。
最近の競馬場はファミリー向けのイベントや女性向けのフードメニューを出すなどレジャー化しているので、競馬の場合どの程度お金を使っているか(馬券を買いすぎて給料日前金欠になっているなど)はチェックしておきましょう。

 

4・自分の収入や貯金は極秘なダメンズは「貯められない男」の可能性が

つきあってすぐの時から給料や貯金などお金の話をするのはしらけてしまうので、やめておきたいものです。特にアラフォー世代の場合、「結婚のことを意識しているのか」と彼にドン引きされてしまいます。

しかし、交際を重ねていきいずれは結婚となってきた時期になっても自分の収入やおおよその貯金額を一切教えようとしないのはダメンズです。

共働き夫婦が増えており、夫婦の家計のやりくりにも様々な方法があります。貯まる家計管理はこのような方法です。
①お互いの給料はいくら入ったか開示して二人で家計をやりくりする
②妻は出産して育児休業や退職することもあるかもしれないので夫の給料だけでやりくりできるような家計のやりくりにする。(このやり方をしているご夫婦はかなり貯金額が多いです)

そして一番お金が貯められないダメンズ夫になりがちなのが、給料を一切妻に開示しないタイプです。結婚前、住宅費・光熱費・食費などの「生活費」以外はすべて「自由に使えるお金」です。結婚後もそのスタイルを変えることを望まず、家計費を妻に一定額渡しそれ以外は夫が自由にやりくりする男性はお金をなかなか貯められません。

このような家計のやり方をしている家庭でもしっかり「自分の貯金」としてガッチリ貯めているツワモノもいるのですがごく稀なケースです。交際期間がある程度経過しているのにお金の話を極端にしたがらない場合は、貯められないダメンズの確率が高いといえるでしょう。

 

まとめ
今回はマネー相談をしていて「こんなタイプはお金が貯められない」ダメンズになる傾向にあるなという事例を紹介しました。

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

「年収の2割が勝手に貯まる家計整え術」河出書房新社から発売中
https://www.amazon.co.jp/年収の2割が貯まる-家計らくらく黄金ルール-稲村-優貴子/dp/4309248756

スポンサーリンク

「お金まわりがダメな男」元国税芸人の僕が教えるチェックポイント6つ

付き合ってはいけない男性、結婚してはいけない男性、すぐに別れるべき男性などをテーマにしたインターネット上のまとめサイトがたくさんあります。それらにはチェックポイ…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしていま…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありま…

【消費税10%】9月中に「買うべきもの」、「買わなくていいもの」はコレ!

いよいよ10月に消費税が10%になります。日々の生活で使うモノの値段が2%アップになるのとお財布はかなり厳しくなりそうですね。今回の増税は今までと異なり増税にならず8%のまま据え置きの物もあるので買いだめす…

【老後資金の準備】毎月7万円貯金すべきって本当?みんな何歳からどんな準備をしている?

働く女性の多くが気にしていないようで気になっているのが「老後」。2018年に発表された統計では100歳以上の高齢者の9割が女性となっています。(厚生労働省HPより)パートナーがいてもいなくても多くの女性が最後は…

【年金の平均額】40代女性、50代女性が将来もらえる年金額を算出してみた!

高校を卒業して20年以上経ちあっという間だよねと同窓会で話したことのあるあなた!老後もあっという間にやってきます。40代、50代は老後へのカウントダウンが始まっているといっても過言ではありません。「老後2000…

40代女性の【夏のボーナス】の平均額と使い道&賢い使い方

ボーナス時期になりどんなことに使おうかワクワクしている人も多いのではないでしょうか?うちの会社って他と比べて多いほう?みんなどんなことに使っているのかなど気になるものです。今回は夏のボーナスにスポット…

たった3つチェックするだけ!誰でもできる【脱カネナシおばさん】作戦

昭和から平成になった時はいろいろ自粛ムードでしたが、平成から令和になったこの10連休はお祝いモード全開!いまだかつてない長期休みにパーッと旅行などのレジャーにお金を使った人も多いのではないでしょうか。散…

新しい【貯金箱】を買うだけで「年3万」勝手に貯まる?

3万円あったら何をしたいと思いますか? 温泉に行ったり、服を買ったり、リッチなディナーもできそうです。普段の収入の中からしようするとちょっとためらいがある3万円のプチリッチなことも貯金箱で少しずつ貯めれ…

東京「タダで遊べる」意外なスポット!GW10連休おススメ5選

もうすぐ前代未聞の10連休。もう予定は決まりましたか?すでに旅行の手配をした人は今からワクワクしていることでしょう。でも、忙しくて何も決めていない……お金がないからレジャーなんて無理……という人でも大丈夫!…

手取り年200万台で年100万貯めた人が「やめたこと」は意外にも…

収入が少ないから貯金できないと言い訳していませんか? ファイナンシャルプランナーとして相談を受けていると「この手取りでこんなに貯金してるの!」と感心するツワモノもいます。今回は手取り年収200万円台なの…

節約しなくても勝手にトクする!春のお金新習慣ベスト3

桜の開花宣言がでると、なんだかウキウキ。新しい年度の始まりを感じますね。心機一転新しいことを始めてみたくなり趣味やお稽古ごとの広告も多くなるものです。お金をかけずにお金に好かれることを始めてみませんか…

「お金を引き寄せる人」はいつでもピン札と○○を持っている?

お金のことを教わる機会はほとんどないまま社会人になり、こんな時どうするの?と迷うことはありませんか?スマートなお金の使い方ができれば、他のこともきちんとしていそうな「できる人」に見えるかも。本当のマネ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事