ダメ男っぷりがわかりやすい…「お金が貯められない」男、4つの特徴は

ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。日々お金の相談をしていると「こんな彼氏と結婚しようと思うんですがどう思いますか?」と結婚相談所のような展開になることも多くあります。離婚したカップルや自己破産しかけの男性など様々なケースを見てきました。そこで、こんなタイプはお金が貯められないなと感じたダメンズ事例を紹介します。

 

1・時間にルーズなダメンズはお金にもルーズ

待ち合わせの時間にいつも遅れてくる、予約時間に遅れそうなのにレストランに連絡しない、映画やコンサートに行くときその前の食事の時間は開始ギリギリになって慌ててしまうなど時間にルーズな人は生活そのものがだらしないようです。

仕事でも遅刻してくる人に大事な案件を任せようと思えませんよね?時間にルーズな人はお金の管理もルーズで、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利子を意識せずなんとなく使ってしまいがちです。

どうしても必要なもののためにローンや分割払いをすることはやむを得ませんが、普段のやりくりがルーズなのは考えものです。小さな生活の中での時間管理ができなければ、結婚生活という人生の長い時間を一緒に考えていくことは難しいといえるでしょう。

 

2・見栄っ張りでブランドもの好きなダメンズは、将来浮気するかも?

幼少期貧乏だった、好きなものをあまり買えなかったなどトラウマになっている男性は自分で稼げるようになると明らかにブランド物とわかるもので自分を飾り立てる傾向にあります。

ブランドのアイテムでもロゴの入っていない素敵な服やバッグもありますが、この手のダメンズが好きなのはデカデカと大きくわかりやすくブランドロゴが入っているアイテム。乗る車はベンツ、バイクならハーレーと誰でも知っているような「ザ・お金持ちブランド」ばかり。成り上がりのお金持ちのような感じで、どんなに品質が良くてもノーロゴのものは身に付けません。

見栄っ張りなブランド好きは本当の質より見栄えを気にしがちなので、女性にも見栄えを求めます。結婚後、家庭に入って「映えない」女性になった妻に興味はなくなり連れて歩いて見栄えする女性を求め浮気することも。お金遣いも荒いので貯金できない傾向にあります。

 

3・やっぱりおすすめできない、ギャンブル好きなダメンズ

「パチンコでカクヘン(確率変動の略。大当たりしてるということ)来てるから遅れる」などギャンブルを理由にデートをドタキャンされたことがある場合は要注意。

時間通りやめられない、もう少し賭けたら今までの損をとりかえすかもと依存性があるのがギャンブルです。お金を計画的に使える人・しっかり貯めている相談者様でギャンブルが趣味の人はいませんでした。

むしろ、彼・夫との今後の関係をどうしたらよいかというライフプラン相談では、趣味がギャンブルでお金のことで喧嘩になるというケースも多くあります。
最近の競馬場はファミリー向けのイベントや女性向けのフードメニューを出すなどレジャー化しているので、競馬の場合どの程度お金を使っているか(馬券を買いすぎて給料日前金欠になっているなど)はチェックしておきましょう。

 

4・自分の収入や貯金は極秘なダメンズは「貯められない男」の可能性が

つきあってすぐの時から給料や貯金などお金の話をするのはしらけてしまうので、やめておきたいものです。特にアラフォー世代の場合、「結婚のことを意識しているのか」と彼にドン引きされてしまいます。

しかし、交際を重ねていきいずれは結婚となってきた時期になっても自分の収入やおおよその貯金額を一切教えようとしないのはダメンズです。

共働き夫婦が増えており、夫婦の家計のやりくりにも様々な方法があります。貯まる家計管理はこのような方法です。
①お互いの給料はいくら入ったか開示して二人で家計をやりくりする
②妻は出産して育児休業や退職することもあるかもしれないので夫の給料だけでやりくりできるような家計のやりくりにする。(このやり方をしているご夫婦はかなり貯金額が多いです)

そして一番お金が貯められないダメンズ夫になりがちなのが、給料を一切妻に開示しないタイプです。結婚前、住宅費・光熱費・食費などの「生活費」以外はすべて「自由に使えるお金」です。結婚後もそのスタイルを変えることを望まず、家計費を妻に一定額渡しそれ以外は夫が自由にやりくりする男性はお金をなかなか貯められません。

このような家計のやり方をしている家庭でもしっかり「自分の貯金」としてガッチリ貯めているツワモノもいるのですがごく稀なケースです。交際期間がある程度経過しているのにお金の話を極端にしたがらない場合は、貯められないダメンズの確率が高いといえるでしょう。

 

まとめ
今回はマネー相談をしていて「こんなタイプはお金が貯められない」ダメンズになる傾向にあるなという事例を紹介しました。

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

「年収の2割が勝手に貯まる家計整え術」河出書房新社から発売中
https://www.amazon.co.jp/年収の2割が貯まる-家計らくらく黄金ルール-稲村-優貴子/dp/4309248756

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク