腰痛を「座るだけ」で治す坐骨矯正テクの正体【理学療法士が解説】

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。

 

私もかつてIT関係の仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩まされていました。

 

それから自分の腰にピッタリあったマットレスを独自に開発し、今では腰痛に苦しむ人を一人でも多く救うために腰痛専門の研究機関を設立。腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、さまざまな角度から原因と対策を研究しています。

 

今回ご紹介するのは、理学療法士が教える、腰が痛くならない椅子の座り方。

 

デスクワークなどで長時間、椅子に座っている人は必見です!

普段の姿勢が悪い人はいくらマッサージしてもダメ

皆さんは1日で、どのくらいの時間、椅子に座っていますか?

 

デスクワークをしている方だと、6〜7時間くらいは座っているかもしれませんね。

 

すでにご存知の方も多いと思いますが、椅子に座っている間はずっと上半身の重さが腰の負担になっています。

 

特に負担が大きいのは、座る姿勢が悪い場合。

 

例えば猫背になってしまっている場合や、背もたれに寄りかかってお尻が椅子からずり落ちそうになっている場合などは、腰に負荷が集中してしまって痛みの原因になってしまいます。

 

普段から悪い姿勢で椅子に座っていると、腰痛が慢性化しやすくなります。

 

たとえマッサージなどで一時的に痛みが和らいだとしても、また悪い姿勢で腰に負荷がかかるため、痛みを繰り返してしまうのです。

 

ポイントは「坐骨で立つ」! 正しい椅子の座り方とは?

 

では、椅子に座るときの正しい姿勢とは、どのようなものなのでしょうか?

 

理学療法士の塩多先生によると、「坐骨で立つ」ことがポイントとのこと。

 

まずは以下の動画をご覧ください。姿勢がいいときと悪いときの違いが、ビックリするほどはっきりわかります。

 

動画の内容について、テキストでも簡単に解説しておきましょう。

 

1)正しい姿勢なら、押されても倒れない

まずは自分の姿勢が正しいかどうかをチェック!

椅子に浅く腰掛けて、誰かに胸のあたりをグッと押してもらいましょう。

押されて後ろに倒れてしまうのは、正しく座れていない証拠です。

 

2)坐骨を意識する

姿勢を修正するには、まず坐骨を意識することです。

坐骨とは、お尻の下の部分をグッと押したところにある骨です。

正座をしてみると、かかとが坐骨に当たるのでよくわかります。

(坐骨の探し方は動画の7分から)

 

3)坐骨で立つ

坐骨の位置がわかったら、坐骨を椅子の座面に押し付けるように腰掛けます。

誰かに両肩を上から下に押さえてもらったときに、坐骨に重さが乗っていることが感じられればOKです。

 

4)坐骨がわかりにくい場合は、丸めたタオルなどを使って補助

いまいち坐骨がわからないという方は、棒状に丸めたタオルを椅子の上において、その上に座ってみてください。タオルと坐骨が当たっているかどうかが、わかりやすくなります。

 

5)坐骨にハマっているかどうかチェック

再び胸のあたりをグッと押してもらってください。

正しく座れているなら、後ろに倒れないで姿勢をキープできるはずです。

もう一つ、両肩を上から下に押してもらうことでもチェックできます。

姿勢が悪いと体がくの字に曲がってしまいます。

 

正しい姿勢は、無理がなく疲れない

動画でも述べられている通り、「坐骨で立つ」正しい姿勢で座っていると、体に無理な力が入らず、疲れることもありません。

 

姿勢を正そうとすると、背筋を伸ばそうとしたりして、上半身に力が入ってしまうことがあります。「いい姿勢をキープするのがつらい……」となってしまうのは、実は正しく座ることができていないからです。

 

正しく座れば、両方の足と坐骨にポンと体重が乗っている状態になり、自然と背筋もまっすぐになります。

背筋を伸ばすための余計な力みも必要ありません。

ぜひ、自宅や職場で試してみてください。

 

同じように、正しい立ち姿勢の作り方もあります。

こちらは書籍『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』(アスコム)の読者特典ページにて動画も公開しています。

実は立ち姿勢についても、変に胸を張ったり、背中を反らせたりして、かえって腰に悪い姿勢になっている人もたくさんいます。

気になる方はこちらもチェックしてみてください。

日本腰痛研究開発機構著  2018年12月23日発売  アスコム刊

 

 

 

スポンサーリンク

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

【足やせ】は股関節のコリをとればOK!腰痛も消える|10秒ストレッチ

こんにちは。10秒ストレッチトレーナーの柴です。人口の9割以上が経験したことがあると言われている腰痛ですが、実は腰痛の原因の1つは股関節の固さにある事をあなたは知っ…

【腰痛】寝る前にこの3つのストレッチが効果的!|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。仕事をしてると、一日中座りっぱなし、立ちっぱなし、歩きっぱなし。など1つの動作を長時間する事がよくあります。そして…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

腰痛の人は「ココ」が固い!ストレッチでほぐすには【10秒ゆるみ】

オトナサローネ【10秒ストレッチ】でおなじみの柴雅仁先生。ちょっと伸ばしてほぐすだけでピンと効く柴先生のワークが、「3コマ・ストレッチまんが」として大好評発売中で…

【肩こり】ココを押して「ぐるぐる回し」ワキをさすると軽くなる!|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。現代病と言われている肩コリを解消するために、あなたはどのような事をしていますか?マッサージに行ったり、運動やストレ…

【肩こり】指をピストルにしてひねるだけ?びっくり、肩が軽くなる|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。先週は、場所を選ばずどこでもできる2つのワークで肩コリを解消する方法をお伝えしました。↓https://edit.otonasalone.jp/…

【腰痛】はアイドルの追っかけで治る?「脳が起こす」2つの痛みとその処置

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。現在、日本腰痛研究開発機構で代表をつとめる私も、かつてIT関係の仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩まされていました。それから自分の腰にピッタリあった…

長引く腰痛の原因は?どうすれば治る?【6つの質問】でその痛みが軽減します

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。骨折や病気ではない。腰に悪い生活習慣もない。体の柔軟…

「腰痛対策ストレッチ」痛みの取り方のタイプ別正解は?

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。腰痛はどんなときに痛みが出るのか、その動きを見ること…

試しに肩を上げてみて?腰の痛みは「〇〇が硬い」せいかも

腰に異常がないのに、腰痛が治らない。これはプロのアスレティックトレーナーからすると、さほど不思議な話ではありません。例えば、腰が悪くなくても「足首が硬い」と腰痛になるケースがあります。なぜなのでしょう…

「朝起きたら腰が痛い」人、腰痛負債が溜まってるかも?気をつけたい4つのポイント

腰痛は、整形外科医に「明確な原因がない」と診断されるケースも多くあります。医者ですら原因を特定できないのに、腰痛の原因をどのように探っていけばよいのでしょうか。今回は、日常生活の中で腰痛発症のリスクを…

あなたの腰の痛み、どのタイプ?チェックリストでわかる「知らなかった原因」

仕事で無理をしすぎて、もう腰が壊れてしまった……痛くなるたびにマッサージや鍼治療の繰り返し……お医者さんにかかっても痛み止めで終わり……こんなふうに、自分の腰痛はもう治らないんだと、諦めてはいませんか?日本…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事