40代女性の25%が「NGレベルの口臭」。磨く人ほどクサくなる驚きの理由は?

いよいよ2020年はオリンピック。海外からの訪日客は期間中1000万人を見込むそうですが、実は日本人は先進国の中でもオーラルケア意識が低く、外国人は「日本人の口はクサイ」と感じることもあるのだそう。

 

そんな口臭について、歯科医と歯科衛生士、歯科業界各社が連携し、調査し情報発信する「ブレス・ハザードプロジェクト」から「口臭白書2019」が発表されました。

 

実はオバサンのほうがクサイ?みんな困っている口臭

 

 

今回の「口臭白書2019」によれば、実に日本人の9割が「口臭が気になった経験」を持ちます。

 

口の中の悩みは、男性では口臭が1位27.9%なのに、女性は5位26.6%です。つまり、女性は見た目を気にするものの、ニオイそのものには無頓着という傾向があります。

 

「中年」の「女性」がいちばん問題

 

では、自分のことではなく、他人のことはどうでしょう。他人の口臭が気になるシーンは圧倒的な1位が仕事の打ち合わせをしているとき。

 

「なかなか指摘もできないですよね。中には、上司の口臭で片頭痛になっている人、口臭の強い人が隣にいる間は息をとめている人までいて、多くの人が周囲の口臭に悩まされていることがわかります」と、同プロジェクトに参加した歯科医療総合商社(株)モリタの歯科衛生士・道廣香奈さん。

 

 

その「ニオイ」の度合いを客観的に測定したデータが衝撃的です。

 

ニオイレベルが30を越えるとニオイを発し始め、50を越えると周囲の人が気になるレベルです。

 

この測定に協力した人のうち、50を越える人の割合は全体の13%、つまりおおむね10人に1人程度が「口臭を持っている」のですが……。

 

50を越える人の性別・年代別の内訳を見てみると、中高年齢(40代以上)の女性が24%とダントツ!

 

 

30以上を含めると、実に6割の人が口臭予備軍といえる結果に。

さらに衝撃なのは「ケア」の話。気になるんだからもっと歯磨きをしよう!と考えますよね。

 

ご覧の通り、1日3回以上歯磨きをする人のほうが、50越えの比率が高いのだそうです……。

 

もう一度まとめると、

・40代以上の女性は口臭が強い

・1日に何度も磨く人ほど口臭が強い

ということに。

 

こまめに磨く人が気をつけるべきことは「癖」。プロの指導を受けて!

どうして「歯磨き回数が多いのにクサくなる」という結果になるのでしょう?

 

「こまめに磨いても、間違った磨き方だと歯ブラシの毛先がきちんと歯や歯肉にあたらず、磨き残しが出ます。歯磨きは、量より質です!虫歯菌や歯周病菌が悪さをする前に、1日1回丁寧に歯磨きする事が大切です」(歯科衛生士・道廣香奈さん/写真右)

 

また、歯磨きの回数ばかり気にする人の方が「磨き癖」に左右される可能性もあるそう。

 

「歯磨きの回数だけ増やして、磨いた気になっている人や1回あたりの時間が短くなり、細かな部分をざっと済ませている可能性があります。右利きの場合、左は磨きやすいのですが、逆手になる右に磨き残しが出る傾向があります。また、歯並びにより磨きにくところはブラシが届かず、いつも歯垢が残っている可能性も」

 

では、電動歯ブラシやデンタルフロスなど、道具を使いこなせばそういう癖はカバーされるのでしょうか?

 

「もちろん、フロスや歯間ブラシなど、歯ブラシ以外のアイテムも使ったほうがベターです。が、気を付けてほしいのは使い方。

 

たとえばフロスは、慣れていないと歯と歯の間をパチンと力強く通して、歯茎が傷付いたり、出血してしまう事もあります。なので、歯ブラシもフロスも、正しい使い方をいちどプロに習ったほうがいいでしょう。

 

自己流の磨き方だと磨き癖やブラシがあたっていない部分に気付く事は難しいです。プロに教えてもらう事で、効率的に歯磨きができます!」

 

道廣さんによれば、個人の持つ性質によっても、ケアすべきポイントが変わるのだそう。

 

「歯も歯茎も唾液も、その人が持つ性質があります。歯茎が薄く下がりやすい人、唾液がさらさらで虫歯になりにくい人、歯垢がつきやすい人など、さまざま。また、口の中にいる細菌の数や割合も人それぞれ。まずは、自分の口の中を知る事から始めて頂きたいです」

 

虫歯になりやすい人、歯周病になりやすい人、それぞれの傾向があり、リスクが違います。どれも歯垢が原因になる事が多く、丁寧に磨く事が大切です。虫歯になりやすい人は、フッ素入りの歯磨剤を使用したほうがいいですし、歯周病になりやすい人は、歯と歯茎の境目が磨きやすい毛先が細い歯ブラシを使用したほうがいいというわけです。

 

「口の中の虫歯菌は、1歳半頃から唾液感染により定着する事が最も多いと言われています。歯周病菌の定着は、10代から本格的に始まります。食べ物や食器についた唾液から、歯周病菌が感染するという情報もあります。いちどリスク検査をした上で、自分のリスクに合わせて歯科衛生士や歯科医などプロのケアを受けてください」

 

ちょうど更年期に差しかかる40代。婦人科や皮膚、骨の不調などのほか、口の中のケアもプロの知恵を借りて手厚くしていきたいですね!

 

ブレス・ハザードプロジェクト

スポンサーリンク

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲ん…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

自覚すれば救われる?40代の「なんとなく不調」は更年期かも

Sponsored By 小林製薬オトナサローネでは「100人の更年期」というインタビュー連載を通じ、ごく普通の日々を送る40代、50代女性のリアルな体調と気持ちの変化を取材しています。中でも目立つのは、特に40代の「……最…

[PR]

45歳、私は【プレ更年期】?39歳から診断されないままで今も不安です | 100人の更年期#12

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

10%オフ!お得な無印良品週間「夏前ラスト買い」おすすめのアイテム3選

2018年は5回開催された無印良品週間。無印良品メンバー(年会費無料)なら10%オフで買い物可能なお得なタイミングです。いつ開催されるかは明言されていませんが、一定の規則性があり、3月末の春休みごろ4月末のGW…

梅雨の汗・体臭どうする?マツキヨで売れてる【夏のニオイ対策】アイテム7選

いよいよムシムシじめじめと暑い梅雨入りの時期ですね。梅雨があければすぐ猛暑が始まります。そんな2019年、大手ドラッグストア「マツモトキヨシ」で売れてる「注目のニオイ対策アイテム」とは? ジャンル別に注目…

【体が硬い40代】指でココを押してさするだけ。40肩が速攻で治った?

連載【バズる10秒ストレッチ】で「さする・押す・動かす」簡単なストレッチを教えてくれるパーソナルトレーナーの柴雅仁先生。あまりにも体が硬い(前屈マイナス10㎝級)担当者が、レッスンでトラブルを解決してもら…

54歳、離婚後5年寝たきりの鬱と乳がんを経て健康を取り戻すまで【100人の更年期#11】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事