男性部下の目がハートになる!職場の素敵なおばさん上司の特徴3つ

40代、50代の働く女性のみなさん! 自分が若かった時、職場にいや~なお局様っていましたよね? その立場に自分が立った今、職場の若手からどう思われてるか気になりせんか? でも、若手から嫌われたくないからと言って、甘い顔ばかりしてもいられません。仕事上きちんとけじめをつけつつ、男女ともに部下から慕われるのが理想。そこで今回は、「職場の素適なおばさん上司」のエピソードを集めてみました!

部下の憧れ!素適なおばさん上司の特徴3つ

1.良いところを見つけてくれる

「私の良いところを見つけてくれるのが嬉しくて、実力以上の力が発揮できている気がします」(Mさん・21歳女性/大手メーカー勤務)

「男はやっぱりお母さんみたいな優しく指導してくれる人がいいんですよ。女性から怒られてしまうと男として自信喪失しちゃう」(Aさん・31歳男性/経理)

 

最近の若者は、頭ごなしに否定されると、やる気を削がれてしまう人も多いのです。自分が若いときのように「部下には、ズバズバ言ってこそ」と思っていると、部下の気持ちが離れていってしまうかもしれません。いいところを日頃から言ってくれる人の方が、悪い意見も聞きやすいと思いますよ。

 

2.身だしなみがちゃんとしている

「色っぽい上司ってドラマとかでよくいますよね? ミステリアスで、でも仕事ができる人。そういう人がいたら僕は仕事に早く来ちゃいますね(笑)」(Hさん・22歳男性/電気関係)

「女から見て、女としても尊敬できる人が上司であってほしいですね。人間的に魅力的じゃない人に叱られても頑張る気がしない」(Hさん・32歳女性/SE)

 

思わず「仕事にルックスは関係ないでしょ」とツッコミを入れたくなってしまいます。しかし、見るからオバさんだと「オバさんのいうことだから」と甘く見られてしまう可能性が……。

せめて寝癖は直していくことや、シワのない服を着る等、見た目には人一倍の配慮を忘れないようにしましょう。40代で身なりがだらしないのは上司としてタブーです。

 

3.オンとオフでメリハリがある

「仕事中はピシッとしている女性上司。でも、アフター5は華やかにドレスアップして出かけていく時も。お仕事モードとは違う柔和な笑顔に、同じ女性なのにドキドキ」(Kさん・32歳女性/弁護士)

「叱るときは厳しく! でもそのあとのフォローも欠かさないような女性上司はいいですよね。メリハリがあると、こっちも仕事を怠けないと思う」(Sさん・31歳男性/大手メーカー勤務)

 

オンとオフ、注意する時とほめる時、色々な部分でメリハリのある女性が部下から愛されています。

 

日本人は頑張りがちな人が多いので、人生の楽しみ方を教えてあげるのも好印象。頑張ることをレクチャーする上司は多いけど、息抜きの仕方まで教えてくれる上司はそう多くありません。そんな上司がいたら、多くの若者は「この人は厳しいだけではない!」と、ついていきたくなるようです。

 

「性格までブス!」お局認定受けている上司のエピソード3つ

あんた呼ばわりで言葉が汚い

「職場にあんた呼ばわりする女性上司がいます。私には名前があるし、感じが悪いですよね。あと、”早くして”と何かと言い方がきついんですよ。女性が大きな声をあげてると下品にきこちゃいます。そこはもうちょっと大人な余裕を出してほしいですね。」(Hさん・27歳女性/看護師)

 

忙しくて口が悪くなるのは理解できますが、部下からは冷たい視線を送られています。言葉だけでも余裕を持ちましょう。

 

口ばっかりで動かない

「あれこれと部下に指示するのなら、自分が動いた方が早いのにって思うんですよ。そういう人って部署に一人はいますよね。口ばかりで自分ではやらない人。仕事をしていないんだから、人よりミスが少ないのは当然。それなのに”私はミスをそんなに滅多にしないし……”が口癖何ですよ。だったら私と同じくらい動いてから偉そうに語ってほしいですよ」(Kさん・29歳女性/介護士)

 

信用を得ることは簡単ではないことを、なぜか職場のオバさん上司は忘れています。人より動く人でなければ、誰も従うことがないということを覚えておきましょう。

 

とにかく部下の悪口が大好き

「部下の悪口は、たとえアルコールが入っても言っちゃいけないと思うんですよね。”そういうストレスを含めて、役職手当もらってるんでしょ?”っていう目で見ちゃうし。僕の直属の女性上司は、とにかく部下の悪口が大好きなんですよ。しかも、仕事のことではありません。”〇〇くんって、行動遅いよね。太ってるもんね”とか。上司として、人の上に立つ理由が全く理解できない」(Mさん・31歳男性/経理)

 

部下の悪口は、絶対に言わないようにしましょう。聞かされている人からすれば、反応に困ることこの上なし。また実際には悪口ではないかもしれませんが、部下に耳打ちをすることやコソコソ話すことも感じ悪く見えます。

素敵な上司には部下もついてくる!

ひと昔前は上司=男性でした。しかし、今では人の上に立って活躍する女性も多くいます。女性ならではの先読み力や面倒見の良さに加えて、部下への共感性の高さがチーム全体のパフォーマンスに大きく貢献していることも事実。

男性上司と女性上司の違いは、部下への細やかな気配りができるかどうかです。仕事中に、臆することなく会話ができる上司がいると部下は心強いもの。

女性はマルチタスクなので、自分の仕事をこなしながら、部下に目配りをするのもお手の物のはず。部下が「この人の為にももっと頑張りたい」と思ってくれるよう、素敵な上司を目指したいですね。

スポンサーリンク

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

これをしたら「激しくオバさん」。周囲があきれている【オバ見え行動】4つ

実年齢が何歳であれ女性なら誰しも、「オバさん」と呼ばれたくないもの。オバ見えしないよう白髪を染めたり、肌の手入れをしたり。太らないようにスポーツジムに通っている人もいることでしょう。でも、ここでショッ…

20代、30代とはココが違う!40代女性だからこそ男に刺さる「モテ】行動

人生経験を重ねた40代独女。職場では日々スキルを更新しているのに、恋愛のテクニックはわかったあの頃のままだったりしませんか?20代だった頃のモテテクをオトナが行っても、痛いだけ。オトナにはオトナのモテテク…

あなたは大丈夫?会社で【痛いオバさん】と思われている40代独女の特徴3つ

筆者はこれまで職場で何人もの「痛いおばさん」と遭遇してきました。若い頃なら見逃されていた行動も、40代独女がすると痛々しく見えてしまうことも。もしかしたら、あなたも周囲に痛いと思われているかもしれません…

あなたは大丈夫?結婚できない40代独女の【痛すぎる特徴】3選

婚活パーティーや結婚を前提としたマッチングサービスが人気の昨今。一昔まえに比べて自ら恋愛を勝ち取りにいく女性が格段に増えているのに、どうして未だ結婚できない40代独女がたくさんいるのでしょうか。今回は婚…

【結婚しなくても幸せ】私たちがお一人さま人生を選んだ前向きな4つの理由

突然ですが「結婚できなくても結婚したくなくても、いいじゃないですか」と私は思うのです。”できない”というのは選ばれない要素を含んでますが、”したくない”というのは自らの意志を感じさせます。よく”結婚できな…

 【モテる40代女性】はココが違う!目からウロコのモテテク5選

多くの人がモテと聞くと、いかにもなルックスや男性に優しくすることに全意識を注ぐことでしょう。しかし、意外にもモテ女性は、そこまでモテを意識していません。モテるために肩肘張った自分でいることより、相手の…

【イタイ】お願いもう止めて!おばさんが話しがちな話題と口癖3つ

数々の職業を経験してきた私。世のオバさんたちと接する仕事も多数してきしました。オバさんたちの中には年齢とは裏腹に、不思議と若々しい人もいました。その中で私が出した結論は、「オバさん」に見えるかどうかは…

【全女性必読】えっ、そこ!?「男が浮気する」のはこんな理由&タイミング

私は様々な職場で働いた経験から、多種多様な男女の関係をみてきました。既婚同士で不倫してるカップルや、女性は結婚について真剣に考えてる陰で、男は浮気しているなど…。男女関係には浮気はつきものですよね。そ…

【彼女にしたくない】男がドン引きする40代女性のNG行動3つ

長いこと介護士をしていた東城ゆずです。介護士といえば誰にでも優しく接することができそうというイメージから、常にモテる女性職業でトップの職業です。しかし私の職場では多くのオトナの女性たちがパートナーがで…

この会話をしてたらオバサン…?思わず同情したくなる「ブス会話」4選

周囲に気を遣わせるような会話は避けるべきだと、皆さんご存知のはず。しかし、オバさんになると自分の周りが見えづらくなるのか、ついつい自分の話しばかりしてしまいがち。その会話内容は、自虐や、若い人に敵対心…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事