これをしたら「激しくオバさん」。周囲があきれている【オバ見え行動】4つ

実年齢が何歳であれ女性なら誰しも、「オバさん」と呼ばれたくないもの。オバ見えしないよう白髪を染めたり、肌の手入れをしたり。太らないようにスポーツジムに通っている人もいることでしょう。でも、ここでショックなお知らせを。オバ見えの原因は、外見だけではなかったんです!若者たちに、「この人オバさんだな」と思った瞬間について意見を集めてみました。

【実録】身の回りで見た!私たちの周りのオバさん

1. 欲張りすぎる

「お店で店員さんに対して”なんで私にはサンプリングくれないの?”と言ってるのをみると引きます。おばさんって、なんでも欲しがるイメージがあります。好意でくれているものなのに……。年相応の行動ではないし、はしたないと思う」(Mさん・29歳女性/事務)

多くのものを欲しがり過ぎたり、その反対で捨てられなかったり。そのような様子に、強欲なイメージが持たれてしまいます。恥じらいをなくした態度を見るにつけ、若者たちは「オバさん、スゲー」と呆れています。

さらに気をつけたいことは、距離感の意識です。お店の店員さんに横柄な態度を取っていませんか? 初対面やさほど仲が良くないにも関わらず、強気に出る態度に多くの人が”オバさん”と感じるようです。

2.人のプライバシーに土足で入ってくる

「オバさんって、なんであんなに他人の個人情報に興味があるんですかね? 相手が言いたがっていないのに、執拗に聞き出そうとしたり…。自分の好奇心優先で、相手の気持ちをまったく考えていない女性はオバさんだと思います。僕の職場に同僚女性の結婚について、しつこく質問し続けるオバさんがいるんですよ。その女性が明らかに嫌がっているのに空気が読めていないのが、見ていてすごく痛い」(Wさん・31歳男性/経理)

その上、オバさんは入手した情報を言いふらす!

「同僚の細かいこと、例えば年収とかプライベートな趣味とかを言いふらすようになったら、オバさんの始まりだと思います。むやみやたらに他人に伝えることじゃないってことが、わからなくなるんでしょうか。人のネタでしか、盛り上がれないところが可哀想です」(Hさん・41歳女性/SE)

オバさんになると、生活が単調になってしまう人も多いように思えます。同じことの繰り返しの毎日の中で、話題を見つけるとなると難しいことはわかります。しかし、目新しいことが他人の行動だけとなると…。何だか可哀想にすら思えます。

3. 身だしなみを気にしない人

「私の働いてる職場の年上女性は、同僚の前でも爪を噛んだりとか頭がボサボサで出勤してきたりとか、我が道を行くタイプ。そういう人の目の前でも、恥じらいがない様子に”女として、ナイな”と思ってしまいます」(Kさん・45歳女性/看護師)

若い頃は、自分の身なりを一生懸命整えてたはず。それが歳を重ねるごとに面倒に感じてしまうようなら、おばさんの仲間入りです。周囲が見ていて不快に感じる振る舞いをしていると気づかないところに、オバさんらしさが表れていますよね。

4. 姿勢が悪い人

「顎が前に出ていて、背中が丸まってるとオバさんだな~と思います。それだけで、覇気がなくてオバさんに見える。せめて、姿勢は正した方がいいと思います。だるそうに行動してると”歳だから疲れちゃうのかな”って思う。ビジネスシーンでは、特に目立つから姿勢くらいはちゃんとして!」(Nさん・34歳男性/水道局勤務)

いい姿勢を保てるようになれば、シェイプアップにもなります。自分の姿勢が崩れていないのか、適宜見直しましょう。

オバ見えするのは些細な仕草から!

世の中には年齢を重ねていても、オバさん枠に入らない女性がいます。筆者は、オバ見えは、その人の仕草や行動が関係すると感じました。外見磨きばかりするのではなく、オバ見え防止には自分の内面とも向きあうことが大切。あなたの日頃の行いを周囲はよく見ていますよ。少しずつ、年齢とともに身についてしまった習慣を直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

【足やせ】は股関節のコリをとればOK!腰痛も消える|10秒ストレッチ

こんにちは。10秒ストレッチトレーナーの柴です。人口の9割以上が経験したことがあると言われている腰痛ですが、実は腰痛の原因の1つは股関節の固さにある事をあなたは知っ…

頼れる人がいないのに入院することになったら?おこなしさまの乗り切り術

突然ですが、入院したことはありますか?私は一ヶ月の入院生活を1回、パートナーは6回の入院歴があり、年齢のわりに入院に関する経験が豊富(?)です。普段は何の不自由も…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

【太る人】「ワキのココ」をほぐすと肩こりも取れる!バズる10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。呼吸が浅くなっている現代人。忙しいとゆっくり休む暇もなく、気づけば息を詰めていたりします。実はそれが原因で肩コリや…

【体が硬い40代】指でココを押してさするだけ。40肩が速攻で治った?

連載【バズる10秒ストレッチ】で「さする・押す・動かす」簡単なストレッチを教えてくれるパーソナルトレーナーの柴雅仁先生。あまりにも体が硬い(前屈マイナス10㎝級)担…

男性部下の目がハートになる!職場の素敵なおばさん上司の特徴3つ

40代、50代の働く女性のみなさん! 自分が若かった時、職場にいや~なお局様っていましたよね? その立場に自分が立った今、職場の若手からどう思われてるか気になりせんか? でも、若手から嫌われたくないからと…

20代、30代とはココが違う!40代女性だからこそ男に刺さる「モテ】行動

人生経験を重ねた40代独女。職場では日々スキルを更新しているのに、恋愛のテクニックはわかったあの頃のままだったりしませんか?20代だった頃のモテテクをオトナが行っても、痛いだけ。オトナにはオトナのモテテク…

あなたは大丈夫?会社で【痛いオバさん】と思われている40代独女の特徴3つ

筆者はこれまで職場で何人もの「痛いおばさん」と遭遇してきました。若い頃なら見逃されていた行動も、40代独女がすると痛々しく見えてしまうことも。もしかしたら、あなたも周囲に痛いと思われているかもしれません…

あなたは大丈夫?結婚できない40代独女の【痛すぎる特徴】3選

婚活パーティーや結婚を前提としたマッチングサービスが人気の昨今。一昔まえに比べて自ら恋愛を勝ち取りにいく女性が格段に増えているのに、どうして未だ結婚できない40代独女がたくさんいるのでしょうか。今回は婚…

【結婚しなくても幸せ】私たちがお一人さま人生を選んだ前向きな4つの理由

突然ですが「結婚できなくても結婚したくなくても、いいじゃないですか」と私は思うのです。”できない”というのは選ばれない要素を含んでますが、”したくない”というのは自らの意志を感じさせます。よく”結婚できな…

 【モテる40代女性】はココが違う!目からウロコのモテテク5選

多くの人がモテと聞くと、いかにもなルックスや男性に優しくすることに全意識を注ぐことでしょう。しかし、意外にもモテ女性は、そこまでモテを意識していません。モテるために肩肘張った自分でいることより、相手の…

【イタイ】お願いもう止めて!おばさんが話しがちな話題と口癖3つ

数々の職業を経験してきた私。世のオバさんたちと接する仕事も多数してきしました。オバさんたちの中には年齢とは裏腹に、不思議と若々しい人もいました。その中で私が出した結論は、「オバさん」に見えるかどうかは…

【全女性必読】えっ、そこ!?「男が浮気する」のはこんな理由&タイミング

私は様々な職場で働いた経験から、多種多様な男女の関係をみてきました。既婚同士で不倫してるカップルや、女性は結婚について真剣に考えてる陰で、男は浮気しているなど…。男女関係には浮気はつきものですよね。そ…

【彼女にしたくない】男がドン引きする40代女性のNG行動3つ

長いこと介護士をしていた東城ゆずです。介護士といえば誰にでも優しく接することができそうというイメージから、常にモテる女性職業でトップの職業です。しかし私の職場では多くのオトナの女性たちがパートナーがで…

この会話をしてたらオバサン…?思わず同情したくなる「ブス会話」4選

周囲に気を遣わせるような会話は避けるべきだと、皆さんご存知のはず。しかし、オバさんになると自分の周りが見えづらくなるのか、ついつい自分の話しばかりしてしまいがち。その会話内容は、自虐や、若い人に敵対心…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事