【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。

大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね。

今回は、40代独身女性におすすめの節約術をご紹介します。

 

1年間で100万円無理なく貯められる節約術

まずは、1年間で100万円を無理なく貯められる方法について考えてみます。1年で100万円ということは、1ヵ月あたり8万3000円ほど。それを無理なく貯めるには、生活そのものを見直すことが近道です。

 

1.食費はメリハリをつけて節約

「節約をしよう」と考えると、まずは食費から見直す人は多いのではないでしょうか。食費は毎日のことなので、節約の効果がすぐにわかるのがいいところです。

ただし、毎食ガマンばかりでは健康にも良くありません。食費の節約はメリハリをつけることが長続きの秘訣です。

 

たとえば、朝と夜はこれまで通りにして、お昼だけ外食からお弁当にするだけでも、かなり節約できるでしょう。いつも1000円くらいのランチを食べに行っていたら、1ヵ月で20日とするとそれだけで2万円かかります。

お弁当作りが大変なら、ご飯だけ持っていき、おかずはコンビニで買うようにしてもいいのです。

 

2.小さな出費、ラテマネーを見つける

近頃のコンビニはお惣菜のパックや具だくさんのスープなどが充実していますので、飽きずに利用できるでしょう。

しかし、コンビニは目的の商品以外にも買ってしまうような、お店側の工夫が凝らされています。一番奥のお惣菜売り場に行ってからレジにたどり着くまでに、つい「これも買っておこう」と思わされ、雑誌やお菓子、文房具なども買い物かごに入れていないでしょうか。

 

そんな小さなお買い物に使うお金を、ラテマネーと言います。ラテは、コーヒーショップのラテからきている言葉で、1杯あたりの金額は小さくても1ヵ月にすると数万円になってしまうこともあり、気を付けなければならない出費とされています。

コンビニ、コーヒーショップ、駅の売店や自動販売機などに立ち寄る習慣があるなら、ラテマネーで出費が膨らんでいるかもしれません。

 

3.断捨離で荷物を少なく、引っ越しして家賃の節約

毎日の出費を見直すことは、節約のためには大切ですが、それだけではなかなか目標金額に達することは難しいかもしれません。そこで検討したいのが、毎月決まって支出する、金額の大きな費用を見直すこと。

代表的なのは、家賃です。

 

40代ともなると、思い出の品や捨てられない品が増えてきます。しかし、思い切って断捨離すると身軽になり、もう少しコンパクトな部屋でも快適に暮らせるようになるのではないでしょうか。

引っ越しには費用がかかるのですぐには難しい、ということなら、今の家賃を家主と交渉するのもいいでしょう。近所にある同じくらいの間取の物件と比べて家賃が高いなら、更新のタイミングで交渉してみるといいと思います。

 

放ったらかしでもお金が貯まる節約術

 

家賃のように、一度見直せばその後は放ったらかしで節約効果の続く方法は他にもあります。

 

4.保険は必要なものに絞る

生命保険や医療保険は、いざという時のためには加入しておきたいものですが、心配だからといって入りすぎていると手元のお金が少なくなってしまいます。

保険は必要なものに絞り、保険料の支払いが大きくなり過ぎないようしましょう。

 

保険とは、「起きる確率は低いけれど、もしも起きてしまったら高額なお金がかかり、貯蓄などでは対応しきれない事に備えるもの」です。

高額な死亡保障は、養っている家族がいるのでなければ不要ですし、医療費は公的保障でもある程度カバーできます。保険に入りすぎているかもしれないと思ったら、ぜひファイナンシャルプランナー(=FP)など専門家に相談してみてください。

 

その際、保険を販売しているFPではないほうがいいでしょう。保険を販売しているFPは、保険を売るのがメインの仕事。無料で相談にのってくれるかもしれませんが、結局は別の保険に入ることになる可能性が高いと思われます。

 

5.毎月の固定費を見直す

そのほかに、口座引き落としやクレジットカード支払いで、毎月支払っている固定費はないでしょうか。

時には利用履歴をじっくり確認し、本当に必要な支出なのかどうか考えてみるといいでしょう。

なかなか行かれないスポーツジムなどの会費や、使いきれない定期購入の健康食品や雑誌などの代金、あまり見ていないケーブルテレビの費用などがあれば、思い切って解約の検討も必要です。

電気代の基本料金、携帯電話や自宅のインターネット接続の基本料金も同様です。

 

6.iDeCo(=イデコ、個人型確定拠出年金)で節税する

さて、少子高齢化が進む昨今は、老後に対して心配する人が増えています。老後資金の準備には、節税効果のあるiDeCoがおすすめです。

iDeCoは、毎月5000円から始められ、お金は投資信託などで運用されます。60歳までは基本的に引き出しできませんので、確実に老後資金が準備できます。

 

iDeCoには3つの税金のメリットがあります。

1つめは、所得税・住民税が安くなること。iDeCoの掛金全額を所得から差し引けるので、課税される所得が減り、その年の所得税と、翌年の住民税が安くなります。

2つめは、運用益などが非課税であること。投資信託などで運用して利益が出た場合、通常であれば20.315%の所得税・復興特別所得税が差し引かれますが、iDeCoの場合は非課税なので差し引かれません。

3つめは、受け取る時の税負担が軽くなります。一時金としてまとめて受け取ると退職所得控除が適用され、年金形式で受け取ると、公的年金等控除が適用になります。

 

おしゃれも旅行も楽しみたい♡我慢せずに節約する方法があった! 次ページ

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

月収25万は増税負担いくら?「あと1万円」ムリなく貯めてチャラにする節約術

いよいよ始まった消費税10%。コンビニエンスストアやスーパーなどでお買い物をすれば、さっそく10%の消費税がかかります。今後、さらなる税金や社会保険料率のアップもささやかれているなか、増税分をチャラにする…

【軽減税率】料理用のワインとみりん、消費税8%はどっち?

いよいよ消費税増税まで1カ月をきりました。8%から10%になる10月1日に向けて各販売店などでは準備が進められているようです。さて、この消費税、すべてのものが10%になるわけではありません。一部については8%の…

あなたは大丈夫?40代独身女性が【やってはいけない】節約って?

頑張って働いて得たお金は大切に使いたいですね。買わなくてもいいものを買ったり、無駄になるようなお金の使い方をしたりするのは避けたいものです。40代独身女性なら、しっかり節約をして将来に備えて貯蓄をしてい…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

お金が貯まらない人ほど知らない!貯金の基本5つ

貯金を始めて意識したのは、何歳くらいだったでしょうか。お金を貯めて欲しかったものを買うのは、ワクワクするような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちになります。そんな「貯金初心者」から年月を経ても…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事