「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!

 

1・行脚

読み間違いの例

ぎょうきゃく

正しい読み

あんぎゃ

意味

徒歩で諸国を旅すること。僧が諸国をめぐって修行すること。

御朱印めあてで、四国行脚(あんぎゃ)に出かけた。

説明

もともと徒歩であることが条件ですが、最近は比喩的に使われることも多い熟語ですね。

 

 

2・初陣

読み間違いの例

しょじん

正しい読み

ういじん

意味

初めて戦いに出ること。また、その戦い。

初陣(ういじん)を飾る

説明

「初」を「うい」と読む熟語はそんなにありません。身近なところだと「初産(ういざん)」「初孫(ういまご)、はつまごとも読む」くらいでしょうか。「初陣」は有名な言葉なので、この機会に覚えてしまいましょう。現代は、いわゆる戦(いくさ)ではなく、第1回戦、初めての出社、新しい挑戦などにも広く使われます。

 

 

3・生粋

読み間違いの例

なまいき

正しい読み

きっすい

意味

「きすい」の促音化。まじりけが全くないこと。

生粋(きっすい)の江戸っ子

説明

「生」を「なま」と読んでしまい、「粋」を「いき」と読んで、「なまいき」となってしまう人がいるようです。しかし、なまいきは「生意気」ですね。

 

 

4・巧拙

読み間違いの例

こうしゅつ

正しい読み

こうせつ

意味

巧みなこととまずいこと。上手と下手。

巧拙(こうせつ)を論じる。

説明

会話で出てくることはあまりないかもしれませんが、目にすることは多いかと思います。応募要項などに「巧拙(こうせつ)問わず」と書いてあったら、技術や才能の出来不出来は問わないということです。この場合は、意気込みやチャレンジ精神、新奇性などが問われる場合もあるということが想像できますね。

 

 

5・憂える

読み間違いの例

ゆうえる

正しい読み

うれえる

意味

嘆きや不満を人に訴える。嘆願する。ぐちをこぼす。心をいため悲しむ。心配する。

教育の荒廃を憂(うれ)える。

説明

「憂(うれ)う」という表現もあります。「うれえる」は、「うらいふ」=裏を言うの意味。心の内を言うという意味の言葉が転じたものです。心の内で心配事がある時などに、そのことを表に出す、表現する時に使います。

 

6・往来

読み間違いの例

じゅうらい

正しい読み

おうらい

意味

行ったり来たりすること。ゆきかえり。互いに行き来すること。手紙のやりとり。

車の往来(おうらい)が激しい通り。

説明

「じゅうらい」とも読めそうですが、「往」は「おう」で、「じゅう」とは読みません。「じゅうらい」は「従来」ですね。

 

 

7・赴く

読み間違いの例

ふく

正しい読み

おもむく

意味

その方へ向かって行く。状態がその方へ向く。同意する。従う。

広島に赴(おもむ)く。

説明

これも、読めないままになっていることが多い熟語です。「赴任」は「ふにん」と読むのですが、訓読みが分からない人が多いようです。

 

 

8・拡幅

読み間違いの例

かくはば

正しい読み

かくふく

意味

道路などの幅を拡げること。

家の前の道路の、拡幅(かくふく)工事の案内が来た。

説明

「道路拡幅工事中」こんな看板を見たことがあるかと思います。「どうろ、かく……?」と読めないまま放っておいている人も多いのでは?読めない道路標識「幅員減少(ふくいんげんしょう)」とセットで覚えておきましょう。

 

 

9・義兄

読み間違いの例

ぎりあに

正しい読み

ぎけい

意味

義理の兄。配偶者の兄。他人同士でありながら、兄弟の約束を結んで兄となった人。

休暇願に「義兄(ぎけい)入院の為」と記入した。

説明

普段は「義理の兄が」と言葉にすることが多いのですが、書類などに記入する際、送り仮名を省いて「義兄」と記入すると思います。その際、読めなくても用が済むのが、むしろ読めなくなっている原因かと。ちなみに、義理の姉は「義姉」ですが「ぎし」と読みます。

 

 

10・首相

読み間違いの例

しゅそう

正しい読み

しゅしょう

意味

内閣総理大臣の通称。

今回の来日と関連する事業を行ったとして、社長が首相(しゅしょう)官邸の晩餐会に招待された。

説明

「相」は「相談」「人相」のように「そう」と読む場合が多いことと、内閣総理大臣のことを「総理(そうり)」と読む発音が、誤読のもとになっていると思われます。特に普段は「しゅしょう」と発音しているのに、いざ、文字を見て「しゅしょう」なのか「しゅそう」なのか分からなくなってしまう人が多いようで、意外に誤読の多い熟語です。

 

いかがだったでしょうか。こういうコラムを読む機会に、さっとチェックするのは、誤った認識を正すのにとても良い機会だと思います。読み間違いやすい字はまだまだあります。お時間のある方、過去の記事も読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「ぱいぱい」ではない!必ず読めない超難読の日本語3つ

「ときどき」「ますます」など、私たちが普段よく使うこれらの言葉は、畳語(じょうご)といいます。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみた…

あなたは分かる?「放任」の反対は「干◯」!意外とあやふやな対義語3

二字熟語とその対義語の組み合わせは数多くありますが、しっかりと分かるか?といったらそうでもないものが意外と多いもの。今日はそんな熟語を3つ集めてみました。あなたは3問中何問正解するでしょうか。1・「栄転…

「ねばねば」の反対はどれでしょう?意外に戸惑う反対ことば3選

「ねばねば」と反対の状態を表す言葉、対義語は何でしょう。イメージはできますか?今日はそんな言葉を3つ集めてみました。知れば「なるほど!そうだよね!」と納得するものばかり。あなたは何問正解するでしょうか…

「図々しい」の反対ことばって?「図々しくない」も間違いではないけれど…

「図々しい」の反対は「図々しくない」、「珍しい」の反対は「珍しくない」……まあ、それも正解です。でも、他の表現があるのは知っていた方がいいですね。今日はそんな言葉を3つ集めてみました。簡単そうで分からな…

「丸顔」の逆は「四角顔」…ではない!言えそうで言えない反対語の世界

今日は「丸」がつく言葉の、意外な対義語を3つ集めてみました。簡単そうで分からないものばかり。あなたは何問正解するでしょうか。1・「丸写し」の対義語は?「それ、先輩のノートの丸写しじゃない?」なんていうふ…

「平然」の反対って「動揺」…ではない!意外な反対ことば3つ

対義語とは、「男と女」「大きいと小さい」のように、意味上の対をなす言葉。このように単純ではない組み合わせもあります。今日は「へー、そうなんだ!」とうなる対義語を集めてみましたよ。1・「粋(いき)」の対…

「あからさまに」の反対って「コソコソと」?意外に知らない対義語3つ

「大きい」の反対は「小さい」、「軽い」の反対は「重い」など、形容詞の反対語は分かりやすいですよね。でも、形容動詞や副詞となるとちょっと考えてしまうんですよ。そして、なるほど~となるものが多いのです。今…

「入選」の反対は「落選」でいいのかな…?意外と思いつかない3つの反対ことば

「入口」の反対は「出口」、「入力」の反対は「出力」。そう考えると「入」の反対語は「入」を「出」に変えれば済むような気になりますが、そうはいかない場合もあります。今日は「入」が付く熟語の反対語・対義語で…

「平常」の反対って言える?「異常」ではない!間違えやすい反対語3つ

何度目かの日本語ブーム到来ですね。日本語の誤用を題材にしたテレビ番組も始まりました。今日は反対語について、簡単なのに難しい、そんな反対語を3つ集めてみましたよ。1・平常の反対語は?答えB 非常解説「平常…

「ありがとう」の反対語わかる?「ごめんなさい」ではありません

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・受話器の反対語は?答えB 送話器解説「受話器」とは、電話でいうと、耳に当てる方。レシーバーともいいます。音声エネルギ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事