【あさイチ】美肌効果バツグン!「きくらげ」レシピ&ぷりぷりになる戻し方

中華料理店などでよく食べる「きくらげ」は、栄養豊富で美肌にもいいということをご存知ですか?

2019年6月11日(火)に放送された『あさイチ』(NHK)では「“知っているようで意外と知らない”きくらげ大特集」と題し、「きくらげ」を味わい尽くすテクニックが紹介されました。「きくらげ」の知られざる美肌効果と、より美味しく食べるための「戻し方」について紹介していきます。

 

きくらげは栄養豊富!

きくらげがものすごく栄養豊富な食材だということを知っていましたか?

きくらげは

  • 食物繊維
  • ビタミンD
  • ミネラル

が豊富。特に食物繊維は、同じく食物繊維豊富なごぼうの3倍!ビタミンDは食材トップクラスの含有量を誇ります。また低カロリーな食材なので、健康意識の高い方には見逃せない食材です。

 

きくらげの美容効果とは

 

そんなきくらげには「トレハロース」という成分が含まれています。東京農業大学の江口文陽教授によると、トレハロースには保湿効果があるとのこと。トレハロースは化粧品にもよく使われている成分です。

特に「白きくらげ」には良質なトレハロースが豊富に含まれており、世界三大美女の1人・楊貴妃は、白きくらげを料理だけでなく、洗顔にも活用していたと言われています!

トレハロースは、楊貴妃のように肌に塗っても効果的ですが、食べることでもその効果を取り入れることができます

 

美肌効果抜群!きくらげレシピ

番組では、料理研究家の木田マリさんがきくらげを使った「美肌スープ」を紹介。白きくらげと鶏手羽先をふんだんに使うことで、トレハロースとコラーゲンをたっぷり摂ることができます。

材料は以下の通り。

  • 鶏手羽先 8本
  • 長ねぎ(青い部分) 5cm
  • しょうが(薄切り)5枚
  • 水カップ 5
  • 白きくらげ  100g
  • ミニトマト 8コ
  • 青ねぎ 3本
  • うす口しょうゆ 小さじ1
  • 酒かす 大さじ2

ポイントは「酒かす」を加えること。

酒かすを加えると、トレハロースとタンパク質が熱で分解されてしまうのを防いでくれます。酒かすに含まれる糖がタンパク質をコーティングするようなイメージです。トレハロースをより効率的に取り入れることができる調味料です。

以下、作り方です。

  1. 手羽先に切れ込みを入れて、塩をふる
  2. 長ねぎの青い部分、しょうが、水を加え、中火にかける
  3. 白きくらげは石づきを外し、小さくちぎって鍋に入れる
  4. ミニトマト、青ねぎを加える
  5. 薄口しょうゆで味を調える
  6. 酒かすを入れ、ひと煮立ちさせる

出てきた「あく」は丁寧に取り除きましょう。

 

きくらげを美味しく食べる「戻し方」

 

きくらげと言えば、あのぷりぷりとした食感!でも市販されているきくらげといえば、そのほとんどが「乾燥きくらげ」です。番組では、特徴的な「ぷりぷり感」をアップさせる「戻し方」が紹介されました。

中国料理店の料理長・林浩勝さんが教えてくれた戻し方は、水で5〜6時間戻すという方法。なんでも乾燥きくらげは、高温で戻すと中の組織が均一に戻らなくなるため、食感が悪くなる上、豊富な栄養素が抜けてしまうのだとか。とはいえ、水で5〜6時間戻すのは、日常生活において現実的ではありません・・・。

 

そこで林さんが教えてくれたのは、「お湯」を使って30分で戻す方法です。ただし!「お湯」で戻すだけでは、食感が悪くなってしまいます。

そこで加えるのが

  • 砂糖
  • 炭酸水

です。

砂糖を加えると、浸透圧の変化を利用してきくらげから栄養成分が流出するのを防いでくれます。また炭酸水は、短時間でぷりぷり食感に戻しやすくなる最高のアイテム。炭酸水を加えることで、きくらげの表面についた泡の働きで、組織が開きやすくなります。表面を刺激されたきくらげはぷりぷりに!

なお、砂糖と炭酸水の量ですが、お湯1リットルに対し、

  • 砂糖 ひとつまみ
  • 炭酸水 250ml

が目安です。

 

番組では食感の違いを科学的にも検証。すると、ぬるま湯で戻したものよりも「お湯+砂糖+炭酸水」で戻したもののほうが、1.5倍もぷりぷりになることがわかりました。

また

  • 「ぬるま湯だけ」
  • 「お湯+砂糖+炭酸水」

で戻したきくらげを、出演陣が食べ比べ。「ぬるま湯で戻したものも十分美味しい」というコメントもありましたが、「お湯+砂糖+炭酸水」で戻したものを食べた瞬間、出演陣から「(食感が)全然違う!」と絶賛の声があがっています。

 

美味しく戻した後の保存方法は?

ぷりぷり感を残しながら保存するためには潤すのがコツです

  1. 戻したきくらげをジッパー付きの袋に入れる
  2. 水を少量加える
  3. 空気を軽く抜き、冷蔵庫に保存

この方法で保存すれば、4〜5日間は保存できます。

 

栄養豊富で美容効果も得られるきくらげ。ぷりぷり食感を保つ方法も意外と簡単なものでした。いつもの食生活にきくらげを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

【足やせ】は股関節のコリをとればOK!腰痛も消える|10秒ストレッチ

こんにちは。10秒ストレッチトレーナーの柴です。人口の9割以上が経験したことがあると言われている腰痛ですが、実は腰痛の原因の1つは股関節の固さにある事をあなたは知っ…

【肩こり】ココを押して「ぐるぐる回し」ワキをさすると軽くなる!|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。現代病と言われている肩コリを解消するために、あなたはどのような事をしていますか?マッサージに行ったり、運動やストレ…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

【肩こり】指をピストルにしてひねるだけ?びっくり、肩が軽くなる|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。先週は、場所を選ばずどこでもできる2つのワークで肩コリを解消する方法をお伝えしました。↓https://edit.otonasalone.jp/…

【太る人】「ワキのココ」をほぐすと肩こりも取れる!バズる10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。呼吸が浅くなっている現代人。忙しいとゆっくり休む暇もなく、気づけば息を詰めていたりします。実はそれが原因で肩コリや…

【腰痛】指をピストルにするだけで違う! 腰が軽くなるストレッチ┃10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。先週の記事で、指をピストルにすると、肩が下がって肩コリが解消される事をお伝えしました。↓https://edit.otonasalone.jp…

【体が硬い40代】指でココを押してさするだけ。40肩が速攻で治った?

連載【バズる10秒ストレッチ】で「さする・押す・動かす」簡単なストレッチを教えてくれるパーソナルトレーナーの柴雅仁先生。あまりにも体が硬い(前屈マイナス10㎝級)担…

【猫背】は5歳フケて見える!拳でココをほぐせば即解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。「背中が丸いってよく言われるなぁ…」「私って猫背だなぁ…」誰かに指摘されたり、身支度やお風呂上がりに鏡で自分の体を見…

漢字でそう書くの?!「吃驚」の読み方、知っていますか?

1つの文字にさまざまな読み方がある漢字。音読みや訓読みで読むこともあれば、慣用読み(元々の読み方ではないものの、広く普及したことで一般的になった読み方)やあて字で読むこともあり、「え・・・なんて読むの…

「こんじる」とは読みません!「困じる」の正しい読み方、知っていますか?

漢字は大体の意味さえ知っていれば、馴染みのない読み方であっても、その意味はなんとなく分かります。ただ・・・読み方だけは、察することができないんですよね!本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題しま…

「そうさつ」ではありません!「相殺」の正しい読み方、知っていますか?

その漢字をよく使う人であればスラッと読めるものも、馴染みがない人にとっては「え?なんでそう読むの?!」と困惑するもの。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事で紹介する「相殺」。経理…

「ぜんじ」と読み間違える人多数!「暫時」の正しい読み方を知っていますか?

漢字にはたくさんの読み方があります。当然、似ている読み方もたくさんあるので、うっかり読み間違えてしまうことも。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「暫時」の読み方、知っていますか…

「きじゃく」ではありません!「脆弱」の正しい読み方、知っていますか?

日本にいると、さまざまな文字が目に入ります。漢字、カタカナ、ひらがな、それに英語や中国語などの外国語。漢字、カタカナ、ひらがなの3つは、日本人にとって馴染み深いものですが、すべての漢字が自信満々に読め…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?

漢字1文字1文字は読み慣れていても、1つの単語になることで、読み慣れている読み方とは違う読みになることがあります。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。「生抜き」の読み方、知っていますか?…

「くさとれる」ではない!「草臥れる」の読み方、知っていますか?

日常生活でよく使う言葉であっても、漢字で書かれた途端になんと読むのかわからなくなることは多々あります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「草臥れる」の読み方、知っていますか?「…

「つよち」じゃない!「強ち」の読み方、知っていますか?

馴染みのある漢字なのに、送り仮名がついたことで途端に読み方が分からなくなることってありませんか?そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!今回ご紹介する漢字もなんて読めばいいのか戸惑う…

「よめ」ではありません!「予め」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があるため、「え、これなんて読むの?」と困惑する漢字に遭遇することもあるのではないでしょうか。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!今回ご紹介する漢字は普段…

「しゅんす」も「さとす」も間違い!「唆す」の読み方って?

普段耳にしたことがある言葉でも、いざ漢字で表されると「なんて読むの?!」と困惑してしまうもの。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「唆す」の読み方、知っていますか?「唆」という漢…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事