【男の本音】困っているようにしか見えない⁉男性が苦手な眉メイク5選

顔の印象を左右すると言っても過言ではない「眉メイク」。

実は男性もしっかりと注目しているパーツでもあるのです。

あの「眉」はちょっと……と男性たちが苦手感を抱きやすい40代女性の眉の傾向を5つご紹介していきます。

 

困っているようにしか見えない!男性が苦手な眉メイク5選

1・眉の長さが短すぎる

【男の本音】

①「眉が短い女性は、パッと見でアンバランスなので、変な意味で目を引きます。“なんかバランス変じゃない? あー、眉が短いのか……”みたいな感じ(笑)」(41歳男性)

 

②「横から見たときに、眉が中途半端なところでパッツン! と切れているようなメイク、苦手です。お化粧が下手なんだなぁって感じ。オバサンだと、なおのことそう思います」(44歳男性)

 

似合う眉の長さは個人差があるけれど、パッと見で「短すぎない?」と感じさせる仕上げは、男性目線でも不評。迷ってしまったら、小鼻から目尻のラインの延長にある“黄金比”を参考にするのが確実です。

 

2・眉尻が下がりすぎている

【男の本音】

①「下がり眉の40代って、困り顔のオバサンにしか見えない! 幸薄そうにも見えちゃうのは、僕だけですかね?」(42歳男性)

 

②「眉尻が下がっているオバサンって、いつも何かに困っているような顔にしか見えないし、そもそも下向きの眉ってだけで、オバサンっぽさが加速している気がする。なんであんなふうに描くんだろう?」(45歳男性)

 

眉尻の位置は、定期的に見直しをしないと、自分でも想定外な方向にずれていることも。下向き気味だと「老け見え」を招くだけでなく、男性たちが口にするように、困り顔などマイナスのイメージが強まるリスクも潜みます。

 

3・眉尻が上がりすぎている

【男の本音】

①「つり上がった眉の40代の顔は、例外なく怖いです(笑)。“ THE・お局”って感じがして、近づきたくないですね〜」(42歳男性)

 

②「眉尻を上にあげて描いている女性の顔って、なんだかバランスが悪く見えます。わざわざキツイ顔に見せる必要なんてないと思うんですけど、なんであんなふうに描くんですかね?」(45歳男性)

 

眉尻が上がった眉は、きつい印象を与える典型でもあるうえに、バランスの悪さを感じさせるなど、あまりいいことはありません。眉山よりも高い位置に眉尻がきていると、それだけでもアンバランスに見えやすいので、ご用心です。

 

>>詳しくはこちら

 

4・描き足しているのがバレバレな自眉と異なるコントラスト

【男の本音】

「眉毛の色が途中から違うオバサンは、無理している感がある。自分の眉の色より明るくしている人が多い気がするけど、あれって若づくりの一種ですかね?」(42歳男性)

 

「明らかに眉毛の色と違う色で眉を描き足している40代って、残念なイメージ。不自然だし、違和感しかない!」(40歳男性)

 

自眉の形が悪く剃っている女性や、若いころに自眉を抜いてしまい生えてこなくなった人ほど、足りない部分を“理想の色”で書き足しがち。

そんな時は、眉マスカラで全体の色を整えるだけで、この違和感は大幅に解消できるはずですから、面倒でもひと手間を怠らないことが、男ウケを下げないコツにつながります。

 

5・眉の上部にばかり描き足していて、目から離れた印象に

【男の本音】

「眉毛を、やたら顔の上のほうに描いているオバサンって、ぶっちゃけバランスが悪くないですか!? 老けて見えるし、いつも驚いている顔にも見えて、違和感がある」(44歳男性)

 

「目と眉をわざと離して描いている40代女性は、アンバランスだし不自然。もしかして、生え際の髪が薄くなってきたのを、眉の位置でごまかそうとしてる……?」(47歳男性)

 

目と眉の位置が離れすぎてしまうと、顔に空白が増え、ぱっと見のバランスの悪さから、男ウケまで悪くなるメイクに。描き足すときには、眉の下部にボリュームを出したほうが、目と眉の距離が縮まり、視覚効果によって若見えも狙いやすくなります。

 

>>詳しくはこちら

 

いかがでしたか?

是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

「おばさんっぽい!」と言われる40代女性のポーチに入っている3大痛コスメって?

「あの人って、年齢のわりにオバサンっぽいよね」「いかにもオバサン!って雰囲気で、残念」周囲から、こんな評価をくだされていたとしたら、40代としては不名誉なお話。し…

植松晃士 それじゃオバさん感が丸出し! 40代の「おブス」なメイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日暑い~! とはいえ、まだまだこの暑さは続くそうなのでご自愛くださいませ。すっぴんで出かけるなんてお気の毒!さて。今回はビ…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事