【40代のNGメイク】男性が「彼女にしてほしくないメイク」3例

男性は見ていないようで、実は女性のメイクをしっかりチェック。「あーあ。キレイな顔が台無し……」などと、ガッカリしているパターンもあるようです。

デートやお出かけのために気合いを入れたメイクで、そんなふうに思われていたとしたら、ショックの極み。

男性からは、“素材”をいかしたメイクが好まれがちなだけに、手をかけすぎているのが不評なのは、40代とて変わりません。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちが「キレイな顔が台無し……」と感じた40代女性のメイクに迫ります。

 

キレイになるつもりで「台無し」になっていた40代のメイク1:真っ黒で墨のような眉

 

「今の彼女と初めて旅行に行ったときに、旅先での彼女の顔立ちが、なんだかいつもと違うように見えて。

ふだんはナチュラルメイクで、濃いめの化粧はしない子なのに、なぜかそのときは眉毛がやたらに濃くて、不自然だったし、別人みたいな印象でした。

いつもより眉が太い気もしたし、とにかく墨みたいに真っ黒で……、会話中も、やたら眉ばかりが目に入ってきて、どうしようかと思いましたね(苦笑)。

でも本人は気づいている様子がなかったから、言うに言えず、旅行中は目のやり場に困りました(笑)。

旅行から帰ってきたら、いつもの眉に戻っていたけど、墨みたいな眉毛は、キレイな顔が台無しですよ……」(43歳男性/IT)

 

旅先では、ふだんと異なるコスメを使っている女性もいるはず。

しかし勝手が違うコスメを使ったがばかりに、いつもと異なるメイクになってしまうパターンも、“あるある”です。

不自然な眉に強烈な違和感を覚え「キレイな顔が台無し」と感じる男性もいるようですから、男ウケを意識するならどんなシーンでも、自然な眉メイクが鉄則です。

 

 

キレイになるつもりで「台無し」になっていた40代のメイク2:肌に化粧品の層ができている

 

「飲み会で知り合い、何度かデートしている40代の女性がいます。

整った顔立ちで、見た目に惹かれているのも事実なんですけど、この前、休日の昼間にデートしたら、なんだか顔に化粧品の層みたいなのがあって、気になって仕方なかったです。

それまでは夜ばかり会っていたから気づかなかっただけかもしれないのですが、ファンデーションなのか、それぞれ色も微妙に違うし、粉っぽいところとそうじゃないところが混ざっているような感じで、とにかく、見れば見るほど汚らしいんですよ。

せっかくキレイな顔立ちなのに、あんな化粧をしているのは、すごくもったいないと思ったし、ちょっと幻滅してしまいました」(45歳男性/映像)

 

下地からコンシーラーにファンデーション、ハイライトにシェーディング……と、さまざまな手法をミックスしたベースメイクほど、“崩れ”が気になるのも傾向。

暗がりだと気づかないムラも、太陽光のもとだと悪目立ちするパターンも少なくありません。

肌そのものが汚いわけではなくとも、ムラ感が目パッと見で確認できるほどだと、男性ウケは悪くなるのも実態です。

 

 

キレイになるつもりで「台無し」になっていた40代のメイク3:下まぶたの太いアイライン(または幅広のアイシャドウ)

 

「彼女と友人の結婚式二次会に行ったときの話ですが、いつもはナチュラルで清楚系のメイクをしている彼女が、なぜかその日に限って、目の下を真っ黒にして登場しました。

彼女的には、勝負メイクなのかもしれないけれど、その姿がなんとも滑稽で、パンダにしか見えなくて……。

40歳で、年齢よりも若く見える童顔系の彼女なんですけど、その日の顔は、マジでコントかと思っちゃうくらいでしたよ。

せっかくの可愛い顔が台無しだと思ったし、仲間からも『彼女、なんかいつもと違うね?』なんて言われるし、わりと恥ずかしかったです(苦笑)」(42歳男性/経営)

 

下まぶたにインパクトを出すメイクは、写真映えする典型的な手法でもあり「ここぞ!」な日には、つい手をかけたくなるパーツのひとつ。

しかし男性目線だと「やらないほうがいい」にもなりがちなのも否めず「パンダっぽい」は、よく耳にする評価です。

“ちょっと”のつもりで描いたアイラインや、“少しだけ”のつもりで伸ばしたアイシャドウが、“パンダ感”を醸し出すこともあるので、気をつけて。

 

美しくなるためのメイクで「キレイな顔が台無し」なんて思われるのは、避けたい事態。

うっかりこんな事態に陥らないよう、みなさまもご用心ください。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

元CA・クラブママ直伝、華やかな「後頭部盛りヘア」アレンジの作り方

女性の印象を大きく左右するヘアスタイル。髪そのもののケアも大事だけれど、シルエットやボリュームも重要課題。今回は、意外に見落としがちなアノ部分に注目しました。相…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事