映画祭でも話題! 村上龍 原作の『ピアッシング』がついに日本公開!

これまで海外で映画化された日本文学の作家には、三島由紀夫(「午後の曳航」、「肉体の学校」)、谷崎潤一郎(「鍵」、「卍」(まんじ))、川端康成(「美しさと哀しみと」、「眠れる美女」)、遠藤周作(「沈黙」)等があり、最近では村上春樹の「納屋を焼く」が『バーニング 劇場版』として公開されたことが記憶に新しい。

 

それらの作家が、多くの海外クリエイターに影響を与えてきた中で、本作『ピアッシング』が村上龍にとって初の海外映画化作品であると聞いて驚く方がいるかも知れない。しかし映像化はされなかったものの、その影響を強く受けていたひとりが本作品のニコラス・ペッシェ監督である。

 

理性が崩壊するスリリングな物語がスクリーンを支配します

ペッシェ監督は、2016年のファンタスティック映画祭で作品賞をはじめ5部門を受賞したデビュー作『The Eyes of My Mother』(日本未公開)が高い評価を受け、今回が2度目の監督作品となる。

 

彼は村上龍原作の三池崇史監督作品『オーディション』の大ファンだったと語る通り、もともと日本のカルチャーを敬愛。本作品でも劇中のインテリアに荒木経惟の<若い芸者がスイカを食べている写真>を使うなど、日本のアートを随所に登場させている。

 

また次回作として日本のホラー映画『呪怨』のハリウッド版リブートである『Grudge』にも取り組んでいる。

 

ラスト1秒まで緊迫感が持続する衝撃の「サイコスリラー」

『ピアッシング』は愛する者にアイスピックを向けるという衝撃的なシーンで幕を開け、ラストの1秒まで緊迫感が持続するサイコスリラーである。殺人衝動を持つ男と、自殺願望を持つ女が出会った一晩の物語は、過激でセクシャルという言葉だけでは到底説明しきれない展開で観る者を挑発する。

 

これまでの「サイコスリラー」というジャンルが陳腐に思えるほど、濃密でスリリングな時間がスクリーンを支配。2018年のサンダンス映画祭で絶賛され、スイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭では国際批評家賞、未来イメージ賞の2部門に輝いている。

 

主人公のひとりは、自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにはいかない。

 

もうひとりの主人公――ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしまう。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか? 刃を外に向ける者と内に向ける者は、磁石のプラスとマイナスのように交わり、やがて共鳴していくのだろうか…。

 

一度観たら忘れられない、オリジナリティあふれる世界観も魅力的

主人公リード役のクリストファー・アボットは、近年では『ファースト・マン』に出演。端整な顔立ちと静かな表情の中に、抑えきれない狂気を混在させた演技を披露している。数々のインディペンデント映画で注目を集めているアボットにとって、本作が代表作のひとつになることは間違いない。

 

もうひとりの主人公ジャッキーを演じるのは『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズのミア・ワシコウスカ。本人も「今までに演じたことのないキャラクター」と語る役柄に挑戦。些細なことで壊れてしまいそうな女性の危うさと美しさと孤独を、指先にまで神経を張り巡らせて演じている姿は、女優としての新境地を感じさせる。

 

物語だけでなく、無機質でスタイリッシュ、それでいて現実との境界線が曖昧な高層マンションの映像など、一度観たら忘れられない不思議でオリジナリティあふれる世界観も大きな魅力となっている。村上龍本人も「原作者として120%満足しています」と語っている映画『ピアッシング』。理性が崩壊する物語の快感に身を委ねてみては?

 

映画『ピアッシング』

6月28日(金)渋谷シネクイントほか、全国ロードショー( PG12)

配給: パルコ

©2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

取材・文/森田東悟

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

【足やせ】は股関節のコリをとればOK!腰痛も消える|10秒ストレッチ

こんにちは。10秒ストレッチトレーナーの柴です。人口の9割以上が経験したことがあると言われている腰痛ですが、実は腰痛の原因の1つは股関節の固さにある事をあなたは知っ…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

【肩こり】ココを押して「ぐるぐる回し」ワキをさすると軽くなる!|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。現代病と言われている肩コリを解消するために、あなたはどのような事をしていますか?マッサージに行ったり、運動やストレ…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

英語で「携帯電話」って言える?「Smart phone」よりも主流な言い方はコレ

オトナサローネで人気の「英語」記事。知っていそうで意外と知らない!そんな英語のフレーズを10選ご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね。①レアチーズケーキ一見、英語と思われがちな「rare cheeseca…

注目の記事

LIFEに関する最新記事