【九星フラワー占い】四緑木星の2019年下半期の運勢は?

2019年が始まる頃、「今年は変革の年になるでしょう」とここで書きました。5月に平成から令和に変わり、
また、オリンピック開催にむけて日本とくに東京では色々な変革が進められています。
あなた個人についてはどうでしょうか?

会社など属している組織内での変化、住む場所、暮らし方のペースなどを変えたといったことはなかったでしょうか。

これから、その変化から新しい芽吹きが生れ、未来がつくられていく。そんなシーズンがやってきます!

※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

スタートのさらに準備期間! でもこの期間が重要

今年はマイナス・スタートの運勢にある四緑木星。

マイナス・スタートというととてもイメージが悪いかもしれませんが、自然界といいますが農業に例えると、冬の凍土の中で植物の種が春の芽吹きのために休息し、エネルギーをためているような状態のことです。

春の種まきや畑の土を掘り返してやわらかくする作業をスタートとした場合ですから、❝プレ・スタート❞と言ったほうがいいかもしれませんね。

どちらにしても、あまり後ろ向きにとらえないでください。

暗闇の中でじっくりと休息をとって、五感、いえ第六感まで磨いているのが、四緑木星にとっての2019年なのです。

 

シックス・センスにも目覚めてしまうかも⁈

第六感は直感にも似た、そこに言葉はないのになんとなく「こういうことだな」と気が付く力です。

忙しく動き回り、毎日おもしろおかしく時間が過ぎ、何の不足もない状態だと、なかなかこの力が磨かれないので、仕事や人間関係などと距離できるようになっているのが、今年の四緑木星といえます。

ですから、これまで通りに進めようとするとうまくいかなくなったり、体調をくずしたりして、孤独な状態に置かれがちです。

それを停滞と感じるかもしれませんが、休息と感覚を磨くために生じていることだと思ってください。

 

優しさと深みのある魅力ある女性へと成長中

ただ、そういった休息状態が作られる時期は上半期に済んでいますので、ここからは辛い試練もそう起きなくなってくるはずです。

あとは四緑木星が、感覚とともに自分の内面をゆっくりと磨いていくそういう時間になるでしょう。

感覚とか第六感をもっと具体的にいえば、人の心の機微や、その人にメリット与えるにはどうしたらいいか、そしてさらに大事なのは、あなたに協力してくれる人の真心もフッと気づけるようになります。

もともと人を気遣い、チームをまとめ支えるのが得意な四緑木星ですが、優しさと深みのある人間関係が気づける、そんなレベルアップした素敵な女性へと、今、成長している最中なのです。

 

2019年下半期のラッキーポイントはこれ!

この秋冬はいつも以上に風邪をひきやすくなっています。風邪をひくと長引いたり、悪化して肺炎にどにもなりやすいので注意してください。

ここで風邪をひくと、せっかく良くなりかけている運勢の流れを止めてしまいかねません。とってももったいないことです。

睡眠時間をお風呂にゆっくり浸かって体を温め、睡眠をたっぷりとることがラッキーアクションになります。

 

バラの花が象徴する四緑木星の魅力とは

5月のさわやかな風に揺れる可憐なバラが四緑木星を象徴しています。バラは姿が美しいだけでなく、いい香りで人の気分を和ませます。清潔感があり、上品でさわやか、そして人を和ませる力が、これが四緑の女性本来の魅力です。人の気持ちを尊重するあまり、優柔不断なところもありますが、風にゆれるように「どうしようかな」と迷う姿がまた男性の心を惑わせていたりします。ピンクのバラの花言葉は、「しとやか、上品」「感謝」「幸福」です。人から感謝され、人に感謝する生き方が幸福であることを四緑木星の人はよく知っていますが、なぜか身内に厳しいという一面も。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク