クッション選びから始める大人の北欧インテリア

いつだって私たちを魅了する、北欧テイストのインテリア。中でも初心者が取り入れやすいのがキュートなファブリックづかいです。挑戦しやすいクッションでのポイントづくりもおすすめ。そこで、それぞれ個性の異なる5つの北欧インテリアと、そのクッションづかいをご紹介します。

鮮やかな張り地の北欧家具と調和するクッション

%3CatariName%3E395A6803.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

 

目をひくカラフルな色使いのお部屋。青緑とブルーでまとめたLDKに、手前のオットマンの黄色を効かせた鮮やかなコーディネートです。ソファの上に置かれた、青と緑のクッションの柄に見覚えのある人も多いでしょう。このデザイナーは、スウェーデンの国民的デザイナーとして今なお親しまれるスティング・リンドベリ。陶磁器メーカー・グスタフスベリ社の全盛期を支えたアートディレクターです。リンドベリの小物やファブリックに魅せられて、北欧インテリアの最初の一歩を踏み出す人も多いのだそう。スウェーデンの大人気ブランド、クリッパンのもの。ソファやダイニングテーブルはすべてデンマークのヴィンテージ家具です。(愛知県・河内さん宅)

 

アクセントに濃い色を投入、メリハリのある部屋に

160530ino005B

 

北欧テイストのアイコンともいえる、ナチュラルな白木のテーブルとベージュのソファ。色味を押さえた室内はともすれば殺風景にも転びかねませんが、このようにラグやクッションで色を効かせればぐんとメリハリがつきます。よく見るとベランダに置かれた鉢も同じブルー! 果物柄のクッションはリンドベリ、ソファはアクタスで購入したデンマーク製だそう。(兵庫県 丸山さん宅)

 

ソファとクッションのカラートーンに注目

%3CatariName%3E014.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

5~6年探して見つけたという、北欧デザインの第一人者・アアルトのヴィンテージソファ。シンプルモダンな北欧デザインの家具をにしたインテリアに、国内外の民芸品や個性的なグリーンがアクセントを添えています。淡いブルーグレーのソファ、紺の濃色クッション、白地に青・赤・緑3色の刺し色が効いた淡色のクッション。この3アイテムの色バランスに注目を。(東京都・相田さん宅)

 

壁のパネルと色リンク、立体感をプラス

160530ino006

このグレーのソファは、インテリアデザイナーでもあるオーナーが「気に入ったものがなかったから」自分でデザインしたものだそう。背景のパネルは息子さんが幼稚園で描いたライオンの絵をパソコンで加工して作ったものです。鮮やかな絵とリンクさせたクッションの赤色で室内の立体感がアップしています。(コペンハーゲン・アネッタ・キャーさん宅)

白ベースの部屋に存在感のあるクッション

160530ino008B

 

味わい深い団地の一室を、白と植物のグリーンで軽やかな印象に。長く使っている無印良品の白いソファに、IKEAのファブリックで手作りしたというクッションがアクセントです。このように、黒やネイビーブルーなど濃い色をポイントづかいすると、空間がぐっと引き締まります。ここまで見てきた達人の部屋に共通するのは、このような色の濃淡で出す「メリハリ」。クッションは2つ以上置くこと、ソファとのバランスをとること、部屋全体からみたインテリアとしてのクッションの役割をはっきりとさせておくことが重要です!(東京都・佐藤さん宅)

 

インテリア上級者たちの「リラックス北欧スタイル」

今回は、ムック『大人の北欧インテリア』からご紹介しました。インテリア専門誌『PLUS1Living』で取り上げてきた北欧スタイルの実例と特集記事を一冊に集めた北欧インテリア総集編。シンプルなのに温かみあふれる部屋づくりの実例アイデアがたっぷり掲載されています。たとえば、映画「かもめ食堂」のインテリアテイスト特集では、家具・照明・小物・ファブリックのすべてを解説。ちなみに、あの静謐な調和は「いいものを少しだけ」が鉄則なのだそう。いま知りたい北欧がぎゅっと詰まった1冊をぜひお楽しみください。

9784074141098

『大人の北欧インテリア』
著者:主婦の友社:編 
ジャンル:住宅・インテリア 
発売日:2016/02/16 
ISBN:9784074141098 
判型・ページ数:A4変・132ページ 
定価:本体1,200円+税
■ご注文はこちらから■
アマゾン(リンク)
honto(リンク)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「きれいな我が家をラクにキープしたい!」人気インスタグラマーの掃除・片づけアイデア

暮らしの土台、大切な家族が過ごす場所……、丁寧な暮らしは、清潔で片づいた我が家あってこそ。とはいえ、そんなに毎日掃除にばかり時間を使えませんよね。なかなかやる気に…

イケアの新アイテム、40代がリアルに使いたいものはコレ!

先日、多数のアイテムの値下げや、愛知県の新店舗などの記者会見を行ったイケア。言わずとしれた北欧スウェーデン発祥の家具雑貨量販店です。来年に向けた家具の新作も発表…

「家がキレイになる100均グッズ」15万フォロワーの家事達人が厳選

クオリティ、見栄えのレベルがどんどん上がっている100均グッズ。家に置くと生活感が出すぎない?なんて心配は、もはやご無用。選び方とアイデア次第では、インテリアを邪…

幸運を呼び寄せるルームデトックスとは?

12月に入り、そろそろ大掃除のシーズンです。普段手の届かない部分を掃除するだけでなく、せっかくなので幸運を招く家づくりをしてみてはいかがでしょうか。日本で唯一のイ…

無印良品愛好家の、すっきりキレイなシンプルライフとは?

整理収納のプロから、人気インスタグラマー&ブロガーまで、今、無印良品に魅了されるシンプルライフ達人が急増しています。家具として使用するのも、収納グッズとして使用…

イケアのソファとテーブル、インテリア誌編集者のオススメは?新製品まとめ

年に1回新しい内容で発行されるイケアのカタログ。ただ眺めていてもじゅうぶんに楽しいのですが、いざ「どれにしよう?」となると目移りして迷ってしまいます。そこで、イ…

40代が断捨離の次に目指したいスタイル「ヒュッゲ」って?

近頃、いろいろなメディアで目につき始めたのが「北欧」、そして「Hygge ヒュッゲ」なる言葉。まず、女性ファッション情報誌の大特集が「北欧」。旅特集でもないのに。次…

イケアの限定「VIKTIGT」、インテリア誌編集者のおすすめはガラスボウルと……?

洗練されたシンプルナチュラルが際立つイケアの限定コレクション「VIKTIGT」。グレイッシュなカラーと自然素材が特徴のコレクションです。約40アイテムの中から、インテリ…

398円花束でも長持ちさせるには? 手持ちのお気に入り器が、魔法の花びんに!

テーブルの上に切り花がある生活はとてもうるおいのあるもの。できれば毎日、美しく飾っておきたいものです。でも、買ってきた花束はせいぜい3日しか持たない……。どうすれ…

とよた真帆は自力で壁を貼ったらしい?大人がハマる「つくろいもの」

2018年のハンドメイド界のミューズに、とよた真帆さんが選ばれました!去る4月26日、2018日本ホビーショーの会場で「ジャパン・ハンドメイド・オブ・ザ・イヤー」の表彰が…

40代の婚活の始め方、終わり方。婚活コラムニストが考えたことって?

オトナサローネ編集長の浅見が「私、婚活しようと思うの」と突然発言したのは、今から2年半前、サイトオープンから2か月ほどたった夏ごろでした。(…????婚活???? まてまてまてまて、浅見ちゃん最近彼氏い…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

「いつもオバサンひとつ結び」な40代の髪悩みが消える?新ドライヤー登場!

オトナサローネ編集長アサミいわく、まとめ髪の日は「ただのひっつめにせず、毛先をきちんと巻いておく」のがモテの鉄則なのだそう。いっぽう、オトナサローネでは「脱・オバサン1つ結び」記事はいつでも非常に高人…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」として最近何を始めましたか? 私(47歳)は配…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

あなたの家と会社の「通勤経路」は大丈夫?ハザードマップを確認してみて

このたびの豪雨で被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。さて、とりわけSNSでリアルタイムに災害を目にしていた人々は、「果たして自分ならどうしただろう、逃げられただろうか」と改めて畏怖したので…

七夕に願い事がかないそう!光り輝く「金箔」の短冊に願いを込めて

たとえば婚活、資格試験など「ここいちばん」の願い事を抱えている人なら、今週ぜひチェックしたいのが銀座一丁目のGINZA TANAKA 。なんと、きらきら美しい「金箔の短冊」に願いを書いて、店頭の笹飾りにかけること…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事