「きれいな我が家をラクにキープしたい!」人気インスタグラマーの掃除・片づけアイデア

暮らしの土台、大切な家族が過ごす場所……、丁寧な暮らしは、清潔で片づいた我が家あってこそ。

とはいえ、そんなに毎日掃除にばかり時間を使えませんよね。なかなかやる気になれないときだってあるはず。

そこで、暮らし上手の人気インスタグラマー2名に、日々の掃除や、愛用の掃除・片づけ道具、掃除・片づけをラクにする工夫を教えてもらいました。おふたりが無理せずきれいをキープするために編み出した、リアルなお役立ちネタばかりです。

 

たかが掃除、されど掃除。完璧を求めず、できることをコツコツと。

 

fumincoさん(インスタグラムID:ie_koto)

主婦・子ども3人・分譲マンション

 

子どもにもまだまだ手がかかるし、毎日すべての掃除を完璧にしようとすると続かないので、まったく掃除できない日があってもよしとしています。でも、きれいなおうちは意識したいので、できるときにコツコツと。

ついで・ながら掃除で、掃除にかける時間や箇所を分散したり、掃除が楽しいものになるよう、アイテムにもこだわったりしています。

 

毎朝、寝室からリビングへ移動ついでにホコリとり

 

毎日最低限している掃除は、朝5分ほど。夜の間にたまった床のホコリとりです。

就寝前に、ドライシートをつけた状態のモップを寝室に置いておき、翌朝は起きたらすぐ、各部屋のホコリをとりながらリビングへ向かいます。気になるテレビボードの裏は、はじめからモップが通れる幅を開けておくとスムーズです。

 

 

床のホコリとりが終わったら、使ったドライシートを裏返して巾木を手で拭きます。大変なように見えますが、ここまで3、4分で終了です。

そのあとはトイレ掃除。これでトータル5分ほど。毎朝5分のついで掃除で、その後の1日の家事がぐっとラクに感じます。

 

ベランダ掃除は洗濯干しの前の日課に

 

 

ベランダ掃除は、洗濯物を干す前にササっと掃いています。毎日掃いていても、ホコリや髪の毛、洗濯物についていたゴミなどが少し落ちています。少量だからサッとでき、続けられているのだと思います。いつもキレイなベランダを見ると、気分もすっきり。

数カ月に一度は中性洗剤と水をまいてブラシで掃除。おかげで、大掃除にならずにすんでいます。

 

ドーバー パストリーゼ77で生ゴミの臭いとり

 

 

除菌や消臭も掃除に大切なことだと思っています。

パストリーゼは、水回りの除菌に欠かせないアイテム。まな板、包丁、水栓、食器や食品にも使っています。生ゴミを捨てるときにも、袋に2,3回スプレーしておくと臭いが気になりません。季節や場所を問わず、一年中使える私の相棒です。

 

無印良品の収納ボックスで子どもの紙類を整理

 

 

無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックス・ワイドを使って、子どものカードや折り紙、トランプやかるたなどをまとめて収納しています。

1仕切り1アイテムで、底にはラベリングを。取っ手があるから、自分たちで運んで遊び、きちんとしまってくれています。

 

 

 

fumincoさんの掃除・片づけテクニックをもっと詳しく知りたい方はこちらを。

 

 

 

苦手だった掃除はルーティン化して負担を分散

 

すずさん(インスタグラムID:suzu1985)

パートタイム・子ども1人・分譲マンション

 

以前は掃除が苦手でどうしようもなかった私。でも、人気インスタグラマーのおさよさんのファンになり、掃除への意識が変わりました。掃除は家の空気を変えることができるし、気持ちも変えられる、魔法のようなものだと思っています。

ただ、力を入れすぎると疲れてしまうので、ルーティン掃除をからだに染み込ませ、こまめに掃除をし、汚れをためこまないように心がけています。

 

掃除をリスト化して、仕事がない週末に計画的に

 

 

毎日の簡単なルーティン掃除以外は、曜日ごとに何の掃除をするかを決めています。

平日は仕事があるため、金土日に集中して実行。金曜の夜はキッチンのシンク。たわしに食器用洗剤をつけて、シンクとディスポーザーを磨きます。セリアのブラシを使っていますが、排水口の下も簡単に磨けて重宝します。

土曜は洗濯機を回し、そのあとは洗面所掃除、掃除機掛け、玄関&トイレ掃除へ。寝室の念入り掃除は月1回です。

 

キッチンまわりの掃除には、重曹を活用

 

 

 

冷蔵庫の製氷機には、重曹とクエン酸を使います。

まずフィルターを外し、製氷機に水を半分入れて、重曹&クエン酸を各小さじ1入れて混ぜます。シュワシュワしてきたら、お掃除モードをスイッチオン。そのまま出てきた水は捨てて、残った液で製氷します。次に水で製氷し、その氷を捨てれば終了です。

 

 

IHの焦げつきは、重曹ペーストで落とします。必要なものは、重曹とラップフィルムとアルミホイル。重曹大さじ1、水大さじ1を練って作った重曹ペーストを、焦げた部分に塗ってラップパック。30分ほど放置したあと、アルミホイルでこするときれいに落ちます。重曹は粒子が粗いので、クレンザーの役割も果たしてくれるので、これで十分。

 

お気に入りのmi woolliesの羊毛ダスター

 

常日頃やる掃除が少しでもラクになるよう、お気に入りの掃除道具を集めています。

そのひとつが、mi woolliesの羊毛ダスター。主に空気清浄機のフィルター汚れと、テレビのホコリをとるのに使っています。使ったあとは、外で振り回し、ついたホコリを落としています。おしゃれ着洗いでお手入れできるのもポイントです。

 

気分が乗らない日はアロマでやる気アップ

 

 

休日にしっかりかける掃除機ですが、平日でも汚れが気になるときはリビングだけサッとかけるようにしています。気分が乗らない日は、アロマオイルをプラス。いい香りがして、とても癒やされます。

お気に入りは、無印良品のゆず&オレンジ。ティッシュ1枚に精油を数滴たらし、ちぎって掃除機で吸い込むと、排気口からいい香りが。掃除機内のゴミを捨てても、1週間ほど香りは消えません。

 

今回ご紹介の書籍はこちら

すっきり暮らすための掃除・片づけのコツ』(主婦の友社 編/1300円+税)

すぐに真似できる掃除・片づけアイデアが満載! 暮らし上手の25名のインスタグラマーたちが、自宅の掃除・片づけテクニックを大公開。玄関からトイレまで家じゅうの掃除方法から、愛用の道具、洗剤やクリーナー、便利グッズ、さらには掃除・片づけをラクにする工夫や家づくりのコツなどをご紹介します。掃除・片づけへのモチベーションがぐんと上がります!

 

 

本の購入はこちら

 

 

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「家がキレイになる100均グッズ」15万フォロワーの家事達人が厳選

クオリティ、見栄えのレベルがどんどん上がっている100均グッズ。家に置くと生活感が出すぎない?なんて心配は、もはやご無用。選び方とアイデア次第では、インテリアを邪…

イケアの新アイテム、40代がリアルに使いたいものはコレ!

先日、多数のアイテムの値下げや、愛知県の新店舗などの記者会見を行ったイケア。言わずとしれた北欧スウェーデン発祥の家具雑貨量販店です。来年に向けた家具の新作も発表…

幸運を呼び寄せるルームデトックスとは?

12月に入り、そろそろ大掃除のシーズンです。普段手の届かない部分を掃除するだけでなく、せっかくなので幸運を招く家づくりをしてみてはいかがでしょうか。日本で唯一のイ…

無印良品愛好家の、すっきりキレイなシンプルライフとは?

整理収納のプロから、人気インスタグラマー&ブロガーまで、今、無印良品に魅了されるシンプルライフ達人が急増しています。家具として使用するのも、収納グッズとして使用…

イケアのソファとテーブル、インテリア誌編集者のオススメは?新製品まとめ

年に1回新しい内容で発行されるイケアのカタログ。ただ眺めていてもじゅうぶんに楽しいのですが、いざ「どれにしよう?」となると目移りして迷ってしまいます。そこで、イ…

クッション選びから始める大人の北欧インテリア

いつだって私たちを魅了する、北欧テイストのインテリア。中でも初心者が取り入れやすいのがキュートなファブリックづかいです。挑戦しやすいクッションでのポイントづくり…

40代が断捨離の次に目指したいスタイル「ヒュッゲ」って?

近頃、いろいろなメディアで目につき始めたのが「北欧」、そして「Hygge ヒュッゲ」なる言葉。まず、女性ファッション情報誌の大特集が「北欧」。旅特集でもないのに。次…

イケアの限定「VIKTIGT」、インテリア誌編集者のおすすめはガラスボウルと……?

洗練されたシンプルナチュラルが際立つイケアの限定コレクション「VIKTIGT」。グレイッシュなカラーと自然素材が特徴のコレクションです。約40アイテムの中から、インテリ…

398円花束でも長持ちさせるには? 手持ちのお気に入り器が、魔法の花びんに!

テーブルの上に切り花がある生活はとてもうるおいのあるもの。できれば毎日、美しく飾っておきたいものです。でも、買ってきた花束はせいぜい3日しか持たない……。どうすれ…

とよた真帆は自力で壁を貼ったらしい?大人がハマる「つくろいもの」

2018年のハンドメイド界のミューズに、とよた真帆さんが選ばれました!去る4月26日、2018日本ホビーショーの会場で「ジャパン・ハンドメイド・オブ・ザ・イヤー」の表彰が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事