工藤静香、あれだけブッ叩かれてもビクともしないメンタルの背後関係

先日、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)を見ていたところ、面白いなぁと思う企画がありました。

 

仕事で行き詰っている芸能人に対し、同番組司会のロンドンブーツ1号2号・田村淳やおぎやはぎ・矢作謙らが“進路相談”をします。

 

「あの人は今」系の根底にあるものは

かつては寝る暇もないほど売れていたグラビアアイドル・手島優が今は仕事が月に2回程度しかないそうです。

 

もちろん、選ばなければ仕事がないことはないのでしょうが、やはり、そこは売れた経験があるだけに「なんでもやります、よろしくお願いします」と頭を下げる気分にはならないようです。

 

危機感があまりないというか、「ドラマはいいけど、舞台はダメ」といった具合に、どうしても芸能界で残りたいという気迫は感じられません。

 

淳は「ちょっとだけ残ってるプライド、トイレで全部流してこい」と言い、プライベートでも親交があるかまいたち・山内健司は手島の「ちょっと見栄を張る性質」を「パチンコで3万負けたのに、2万負けたというタイプ」と指摘します。

 

まず、勇気を出して不出来な自分を認めよというのが、男性陣の共通した意見のようです。

 

うまくいかないと陥る「嫌われている」ジレンマ

どうしたら、仕事が来るのかを話し合ううちに、手島とマネージャーのコミュニケーションが不全であることがわかります。

 

マネージャーを急遽呼び出し、淳がこういう仕事がやりたいと言えという意味で、「思ったことを言いなよ」と手島を促すと、彼女は

 

「売れているときもあったのに、今の自分をどう見ているのか?」

「マネージャーにあれこれ言うと、嫌われて仕事を干されるんじゃないか」

と言ったのです。

 

仕事がないのなら、マネージャーととことん話し合って、仕事を取ってきてもらえという男性陣と、仕事が減ったことで自分がどう見られているかばかり気になって、前に進めない手島。

 

仕事がないのに、何言ってんだと思う方もいるかもしれませんが、自分に自信がなくなると、「嫌われているかも」と感じて殻に閉じこもってしまい、次の手が打てなくなる。その結果、膠着状態に陥るということはよくあると思います。

 

日本人女性は「愛され」を背負わされて育つ

私は芸能事務所で働いたことはないのですが、一般論で考えるのなら、マネージャーが手島を干すとか嫌うということは、ないと思うのです。だって、手島に稼いでもらうことで、事務所が潤い、そのお金がマネージャーのもとに入るわけですから。

 

もちろん、人間ですから、仕事をまわしてあげたい気持ちになるタレントとそうでないタレントがいるでしょうが、ビジネスなわけですから、手島のようにすでに名前が売れているタレントのほうが売り込みはラクだと思うのです。

 

なので、よっぽどのことがなければ「嫌われて干された」という事態は起きないと思います。

 

日本の女性は「愛され」の洪水の中で育ちますから、「好かれてる」「嫌われている」に敏感にならざるを得ないと思いますが、どうしたら「嫌われる」ことが怖くなくなるのか。そのノウハウをお持ちなのが、シズカ・クドウではないかと思うのです。

 

「嫌われる勇気」より、強いメンタルとは?

ジャニーズ事務所に所属するタレントを夫とする女性たちは、長年、家庭の匂いを出さないことが暗黙の了解とされてきました。

 

「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に差し入れとして、「あんこから手作りのあんパン」を持参してきたシズカ。

 

「得意料理? わかんな~い。だって、あたし、冷蔵庫の中にあるもので、な~んでも作っちゃう人だからぁ」と言っていたおシズが、ネットの時代に沈黙を守るのはさぞストレスだったことでしょう。

 

しかし、SMAPが解散したことで、なし崩し的にSNS解禁。インスタグラムをはじめたのですが、インパクトのあるルックスの料理(例:真っ黒なブルーベリーゼリー)が話題となっています。

 

料理名と実際の料理が違うこともしばしば(例:キーマカレーといいながら、ひき肉ではない。ハヤシライスと言いながら、厚切り肉使用)で、ネットニュースに揶揄されることもありますが、どこ吹く風とばかりにファンのために公開し続けるのはプロだなぁと思うのです。

 

そのシズカ、ニューアルバム「Deep Breath」を発売し、そのプロモーションのためでしょう、オールナイトニッポンでパーソナリティーを務めたのでした。

 

その際に、SNSの修正アプリの話題となり、「なんかやだ~。ちょっと嫌です、加工は」と加工NGの方針を表明したのでした。

 

「気にせず発言する」その背後にある驚くべきメリット、次ページ

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

菊池桃子よ、そのエリート官僚は「よい選択」なのか?モテ女に見るオトコ選びの謎

菊池桃子、再婚。交際報道がなかっただけに驚きましたが、もっともビックリしたのは、お相手の職業ではないでしょうか。東大卒の年上の官僚で相手は初婚。失礼ながら、クセ強めと言っていいでしょう。政治家と有名人…

飯島直子、あれだけの美人でも「不倫サレる」事態に私たちが考えるべきこととは

飯島や ああ飯島や 飯島や2009年11月12日号「週刊女性」(主婦と生活社)を読んで、芭蕉のごとく、句を詠んだ次第です。同誌は、不動産業を営む飯島の夫がガールズバー勤務の舞台女優との路チューや、女性…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

子どもがいじめを苦にして自殺するとか、不登校になるというニュースは数が多すぎて、マヒしてしまった感がありますが、本当はとてもおかしなことだと思うのです。学校で命が奪われたり、教育を受ける権利を無くすこ…

石田ゆり子、イマになって「さみしい」と言い出すその背景を私が歓迎したいワケ

「天海祐希・石田ゆり子のスナック曙橋」(フジテレビ系)という番組をご存じでしょうか?その名のとおり、女優・天海祐希が場末のスナックのママ、石田ゆり子がチーママという設定で、客(ゲスト)を迎えてトークを…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事