【40代独女の実体験】天国のようにモテた場所は○○でした

都内で働くアラフォー女性が出会いを求めるなら、どこへ行けばいいのか?

そう思うのは、40代ともなればこれまでに有名なバーやクラブ、合コンなど東京という地であらゆる出会いの場へ足を運んだからだ。

そんな東京の出会いの場を制した40代独女が向かう先は、○○にあるとオトナサローネのライター・スナイパー小林さんが発見。

そこは天国のようにモテたのだとか……。

 

「こんな美女がいるなんて!」と声をかけられた場所

東京からそう遠くない地方へ取材に出かけて、約2週間のホテル生活をしておりました。地方の楽しみといえば食。ひとりで宿泊していたので夜は駅前の繁華街へひとりででかけることに。そこでアラフォーの私が体験したのは出会いの連打と、そして10歳くらい若返ったんじゃねえかと勘違いするほどのモテぶりだったのです。

 

東京では日々、一人(独り)飲み上等。不規則な仕事をしていますし、誰かと時間を合わせて待っているよりも独りで飲んだほうが手っ取り早い。そこで新しいコミュニティーも確立されて、行きつけの店もだいぶ増えました。でも慣れ親しみすぎてだんだん新鮮味も薄れてきていたわけです。酒場は格好の出会いの場なのに。

 

そんな調子の私ですから、日本国内であれば平気で飲み屋へ突入。地方出身者として事前に伝えておきますが、地方で女性が独り飲みをしている姿は稀有です。一店舗のスペースも広く、都内の飲み屋のような密着度も少ないので独りで飲むのは勇気がいるのだと思います。それに地方は車社会ですから、市街地まで出かける文化が減ってきているのは確か。

 

そして今回の地方取材先で選んだのは、キャッシュオンの立ち飲み屋でした。

 

店内に足を踏み入れるとまあ、男性客だらけ。スーツ姿のサラリーマンから年金で飲みに来ているだろう爺さんまで、年代はバラバラです。なんだか普通の立ち飲み屋がいきなり高校のサッカー部に感じる錯覚好みのタイプは置いておくとしてプチハーレムと呼んでもいいのかもしれません。

 

「ビールくださーい」

 

いつも通り飲み始めると、ひとりのおじさまが

 

「こんな美女がいるなんて!」

 

と声をかけてきたのです。え、美女って……。そしてその一声でカウンターにいた7人くらいの男性客がこちらに注目、端を発したかのように

 

「……お一人なんですか?」

 

と酔っ払いながら話しかけてきたのです。

 

酔っ払いながら話しかけてきたカレらは……続きはこちら

 

出会える地方の第二ラウンドの場はTHE BARではなくココ

世界各国、どこで飲もうとたった一軒で帰宅するのは酒飲みのプライドにかけて許されず。一軒目の居酒屋をひとりで出てサッカー部のマネジャー気分を味わった。私が目指すのは二軒目の飲み屋。空腹は満たされたし、もう少し飲めればいいやと繁華街をフラフラしているとカウンター席のみの路面店を発見。店内の明るい様子がひと目で分かる。どうやら店主は女性のようだ。

 

思い切って入ってみることにした。

 

10席もない店内には5名の客。全員男性、そして若い。アルコールも平均単価が1000円前後と良心的ではないか。店主の女性はひとりで入ってきた私にも

 

「お一人なんですか? どうぞどうぞ、ショウスケくんそこ席空けてあげて!」

 

と、常連客を移動させて私を座らせてくれた。なんだろうこの安堵感。私より絶対若いはずなのにもうママと呼びたくなるのはカウンターマジックと呼ぶべきか否か。「すみません、失礼します」と座った私にも積極的に話しかけてくれて、あっという間に店内は放課後のホームルームと化した。先生は店主、生徒は常連客、そして私は少女マンガの定番キャラクター、転校生。地方飲み、第二ラウンドの幕が開いた。

 

>>ザ・BARではなく、カジュアルなBARを選んだ理由とは? 詳しくはこちら

 

私たちは東京マジックが使える魔法使いと化す

都内だろうと地方だろうと、飲んで出会ったらまず会話。最初に飲んだ店で気づいたことがある。それが

 

「東京から仕事で来たんです」

 

この一声に対して非常に男性が盛り上がってくれるということ。実は私も地元で就職経験があり、片田舎で働いていた。出版の仕事に憧れもあったせいか「東京から来た」というシチュエーションだけで、羨望の眼差し。飲んでいて都会人に遭遇することなんて稀なことだったけれど、会ったらよく質問攻めにしたことを思い出す。

 

職種なんてどうでも良くて、とにかく都会でバカ高い家賃を払って自活しているというだけでもうOKらしい。

 

男「出張まで来てバリバリ働いてすごいですよね」

 

私「ははは、そんなことないですよ」

 

男「僕もたまーに東京へ行くことがあるんですよ」

 

私「あ、どちらに? あ、錦糸町。あそこいいラーメン屋があるんですよね」

 

と、会話の突破口が開ける。よく地元へ帰ると私も友人や親戚から「東京だもんねえ」と、仕事をしていることも遊んでいることも、独身でいることも理由を一括りにされてしまうことがある。これを”東京マジック”と呼んでいる。

 

昔は「そんなことはないんだ、地方でも都会でも変わらずに働くことは大変でリスクはどちらにでもある」と力説していた。でも最近じゃそんなことも言わなくなったのだけど、まさか地方の飲み屋でそのマジックが適用されるとは思いもよらず。頑張っていて良かった、大都会で(泣)。

 

>>東京マジックから始まった会話、次は○○の頻度について話す 詳しくはこちら

 

温かいお節介親父たちが、縁を運んできてくれる

私は地方取材中、一軒の大衆居酒屋に入った。地方にしては珍しく夕方から飲ませてくれる気合いの入った店だ。

 

「あ、ビールいいですか?」

 

名誉のために伝えておくが、この日は早朝からの取材を終えて飲みに来た。けしてサボっているわけではない。

 

大衆居酒屋ではカウンターに座った。店員と話すことができるのでまずはカウンター席をいつも狙う。夕方の店内にはすでに出来上がった親父たちが野球と競馬の話をしながら飲んでいる。きっとこの人たちも朝から労働してきたんだろうなと予想。いくつかメニューを注文すると一人分にして出してくれる。これもポイントが高い。

 

女一人で飲む時に居酒屋を勧めたいのは、基本的にメニューが和食なのでヘルシーだから。ずっと洋風の店でパスタだ、ステーキだと食べていられるほど我々の胃袋は辛抱強くない。入店するときに「ひとりですけどメニューも一人前でできますか?」と聞けば、今日日、大抵の店はOK。NGなのは強度の頑固親父店くらいだ。

 

「おひとりですか?」

 

料理を作りながら店員が聞いてくる。キタキタ、この一言こそお楽しみの幕開けである。

 

「ひとりなんですよ。東京から仕事で来てまして」

 

「ほお、東京から? 女ひとりで飲んでるからさ、さっきからどんな人かと思ったらやっぱりね。そんな仕事ばっかしてちゃ、彼氏も寂しがるでしょう」

 

「いえいえ、心配してくれるひとなんていなくて……」

 

「じゃあさ、小林さんのタイプだっていう首の太い男? いるからよ、今から……」

 

>>お節介親父がタイプを聞いて、その後ご縁を運んでくれる⁉ 詳しくはこちら

 

モテる地方飲みを制する4ヵ条

①とりあえず今度の週末は地方へ一人で飲みに出かけてみようか

 

まずはここにすべてが集結するのだけれど、行かなきゃ何も始まらない。では何故、いい年をした女が東京ではありえないモテ方をできるのか? 理由を並べてみよう。

 

・地方で女性が一人で飲んでいる光景は珍しいから声をかけたくなる。

・独身でちょっと小綺麗にしていればなんとなくアラがごまかせる、初っ端から年齢非公開でOK。東京はごまかし女だらけなのでなかなか融通が利かず、年齢はバレてしまう。

 

「東京から来た!」というだけでステイタスを男性群が感じてくれる。これを東京マジックと呼ぶ。

・田舎は結婚が早いの法則は間違いないのだけれど、全員がそんなわけではなく純度と鮮度が高い男性も残っているうえに人口が少なく、噂が広まりやすい田舎なだけに出会いに乏しい。彼らも私たちと同じように出会いを求めている。

 

・人のいいおせっかいオジ様が多い。飲みに行った先に若手がいなくてもちょっと相談すれば呼び出しをかけてくれるので心配なし。

 

と、これだけ好条件のそろった酒場なのである。「女性参加費無料です!」みたいなお見合いパーティーに色めき立っているのはもうナンセンス。ちょっと交通費とビジネスホテル代金を支払えば、その先にはサンクチュアリが待っている。

 

②金曜よりも土曜日を狙って飲みに行く

 

都会の飲み屋街は金曜日は華やぐ。バブル期から脈々と続く「花金」という言葉があるけれどまさにそれ。明日から休みだという会社員たちが会社帰りに一杯、ということで飲み屋の席はフルーツバスケットかのように争奪戦を開催。終電なんて気にせず、朝まで盛り上がるのだ。

 

終電。これを気にする風潮が田舎にはない。

 

田舎の通勤はほとんどが車通勤。一度帰宅してまた飲みに行くという一連の動作は割と男性にとってはめんどくさいもの。なんだか面白いテレビ番組が始まったらもう出かける気も失せるだろう。これは現場にいて気づいたのだけど金曜の地方の飲み屋街は寂しい。飲み客数よりも呼び込みの店員数のほうが通りに多いという現象さえ起きている。みんな金曜は宅飲みというわけで。

 

そうなると土曜、市街地へ出かけて飲むという行為はスペシャル感が増す。鳴りを潜めていた”漢”が頭角を表す。そこに現れた都会の女とくれば、もう素敵な出会いの場と呼んでふさわしい。

 

>>続く残りの2ヵ条は? 続きはこちら

 

いかがでしたか?

興味がわいた方は是非地方へ一人のみに行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

最近よく眠れてる?「深くて気持ちよい睡眠」のための3つの超カンタンなコツ

眠れない夜。時計を見ると、さっき見たときから30分経っている。このまま朝になってしまうのではないかしら……そんな不安を払拭するためにも、安眠のための手駒はなるべく多く用意しておきたいものです。本記事では、…

【イルミ2019情報】お台場が光り輝く島に!レインボーブリッジも限定ライトアップ、花火も開催

今年も各地のイルミネーションが話題の季節。もうお出かけ先は決めましたか?実は現在、お台場エリアが「光り輝く島」になっています。2019 年 11 月 15 日(金)から 12 月 25 日(水)まで、商業施設や宿泊施設、…

【ベスト10秒ストレッチ】足のむくみとダルさがスッキリ取れる方法3つ

オトナサローネの人気連載、柴雅仁先生の「10秒ストレッチ」。びっくりするほど手軽なのに、たしかな効果で、いつでも公開するやいなや人気記事にランクインします。オフィスで座ったままだったり、立ち仕事が続いた…

【白湯】作り方と、効果的な飲み方は?冷えをケアする簡単手軽な「温活」

秋から冬へ季節の変わり目、急な気温の変化で体の不調を感じやすくなってくる方も多いのではないでしょうか。冷え性を悩みにもつ女性は多く、季節を問わず冷えについてお悩みを抱えています。冷えが引き起こす体の不…

男性への1000円台からの「ちょっとしたプレゼント」喜ばれる4アイテム

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「税金記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(11月11日…

【ストレスケア】心が疲れたら、この方法を試してみて!寒い時期のストレス解消法5つ

あなたがストレスを感じるのはどんなときでしょうか。仕事が忙しすぎたり、ミスをして自分を責めてしまったり、悲しいことに直面したり…。そんなとき、他のみんなはどんな方法でストレスを解消しているのでしょう?…

【脱オバサン1つ結び】40代女性に人気の「痛くない」ヘアアレンジって?

髪をアップスタイルにしてビシッと決めている人や写真を見て「素敵だな」と思えども、自分ではなかなかうまくいかない……とはいえ職場に行く前に美容院でセットしてもらうというのは非現実的ですし、自分で簡単に仕上…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤーコーデを楽しめる「ドッキング」と、「異素…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事