オトナの一人旅を楽しみ尽くす。新幹線の「グランクラス」に乗ってみました♪

オトナの一人旅、最近では「乗り物」で過ごす時間も目的の一つという声がよく挙がります。中でも人気は新幹線ですが、もはや「移動」ではなく「滞在」になった! そう思えるほどゆったりとくつろげ、ほっとするようなホスピタリティを感じられる新幹線グランクラスの旅。18席限定というファーストクラス級の特別な車両空間で過ごせる時間をレポートします。

 

そもそもグランクラスってなに?

東北・北海道新幹線(E5系・H5系)、北陸新幹線(E7系・W7系)、上越新幹線(E7系)に連結されている特別車両がグランクラス。グリーン車を飛行機のビジネスクラスに例えると、ファーストクラスに匹敵するプレミアムな席なのです。

 

スペシャルなのは本革でゆったりとしたプレミアムシートだけではありません。

 

グランクラスには専任のアテンダントが乗車し、車内で軽食やお飲み物を提供しているサービスがあり、沿線の食材を味わえる軽食や、軽食にあわせた日本酒・ワインも楽しめます。

 

通常の乗車券、特急券に加え、プラス料金は必要ですが、プライスレスな時を過ごせました。

>>>グランクラス、どんなコンセプトなの?

まずは1車両18席だけの特別な車内空間を味わう

私は、10時36分東京駅発のやまびこ47号で東北へ向かいました。エントランスではグランクラスアテンダントさんが出迎えてくれます。

 

先頭車両の扉を開くともうそこは別世界。ベージュ系のシックな内観で床はじゅうたん、シートは18席のみです。

 

座ってみると足がしっかり延ばせるぐらいのゆとりがあり、本革シートが体全体を包み込んでくれます。

 

車で例えれば、超高級車の乗り心地。昔、マイルをためまくって一度だけJALのファーストクラスにアップグレードした経験があるのですが、それにも負けないラグジュアリー感。こんなセレブ気分になれるとは…!

 

頭、腰、脚の調節が自在なシートで体型や好みに合った角度で安らげます。シェル型の設計なので、シートを倒しても後部席に影響がなく、後ろを気にする必要もなし。最大45度までリクライニングできるのです。これはかなり快適です。

>>>このシート設計に秘められた「こだわり」とは?

十人十色の寛ぎ方をサポートするアメニティや機能

なにかと荷物が増える女子の旅ですが、グランクラスでは車内用のスリッパ、アイマスク、靴ベラなど、持ち帰ってもいいアメニティが充実。カラーリングもオトナなイメージのベージュ系で高級感がありました。さらにはブランケットの貸し出しがあるのもうれしい。

 

座席周りの機能も充実。車内で資料を広げ、パソコンを使うことも多い私としては、大きめにも広げられるダイニングテーブルはうれしかったです。角度を調節できるデスクライトが各席についているから読書中も手元が明るく。

 

意外と便利だったのが、かなりの荷物が収納できるハットラック。網棚式ではなく、飛行機のように蓋がついているので、こまごまとした手回り品も落ちてくる心配なしにしまえます。なので座席まわりもすっきり。

 

専任のグランクラスアテンダント により暖かいおしぼりが配られるなど、サービス内容もファーストクラス級。スペシャルな時間が始まる予感にわくわく。

 

*グランクラス(飲料・軽食なし)では、グランクラスアテンダントは乗車せず、車内サービスはありません。靴ベラ、アイマスクの用意もありません。

>>>アメニティのこと、詳しくはこちらから

出発してしばらくすると、軽食のサービスが!

列車が走り始めると軽食のサービスが。沿線の魅力が折箱に詰められた軽食で、おつまみにも適したサイズ感。13時54分に盛岡に着いたらご当地グルメを楽しみたいという思惑があったのですが、それを妨げないほどよい量でした。

 

今年4月1日からは日本料理「一凜」店主・橋本幹造氏監修による軽食に。橋本氏は京都で生まれ育ち、東京神宮前に「一凜」を2007年に開店し、2017年には金沢にも寿司店を出店。伝統とオリジナルの和食を探求している注目の料理人です。旬を小さな器に盛り込んだ「豆皿八寸」を得意とするだけに、軽食も見目麗しく鮮やか!

東北・北海道新幹線の下りでは手まり寿司や合鴨スモーク、二色こんにゃく含め煮など沿線の味を堪能できるメニューで構成されています。お米も岩手県産の「金色の風」を使用というこだわり! ふわりとした食感、豊かな甘みがあり、冷めてもおいしさが変わらないという最高級品種。ちなみに北陸新幹線では富山県産の「富富富」を使用するという徹底ぶり!

「食材にこだわり、沿線各地の旬の味をぎゅっと詰め込みました。上り列車のメニューでは、甘辛く煮た鶏がお米の良さを引き立ててくれます」と、この夏のメニューに注いだ情熱を語る橋本氏。往復、違う内容なのでそれぞれ試してみたくなります。

>>>このほか、軽食の夏メニューにはこんなものが!

日本酒、ワイン、コーヒーなど、ドリンクメニューも豊富

そしてあれこれ試したくなるのがドリンク。

 

 

日本酒は東北・北海道新幹線では宮城県の伯楽星、北陸新幹線では石川県の天狗舞が。純米大吟醸とお弁当のマリアージュにうっとり。

 

ワインは東京ステーションホテルのソムリエが厳選したという内容で、赤は長野県の井筒ワインのメルロー、白は山形県の嘉yoshiスパークリングシャルドネなど和軽食との相性もいい日本ワイン。

 

珈琲やお茶、ジュースなども味気ないペットボトルや紙コップではなく、グラスでいただけて贅沢。おかきやグランクラスオリジナルのパウンドケーキなども提供されるので、食後のティータイムをゆったりと過ごせます。極楽、極楽♪

 

*グランクラス(飲料・軽食なし)では軽食やドリンクの提供がありません。

>>>沿線の銘酒をはじめ、豊富なドリンクメニューはこちら!

 

隣を感じさせない「プライベート感」がすごい

 

移動の間、外部からの雑音はなし。グランクラスのチケットを持っていないとこの車両に入れないので、通行する人の気配が終始なく、グランクラスアテンダント のサービスもさりげなくて心地いい。

 

隣の気配に気づけないくらい静かなので、自宅やホテルの室内でリラックスするように過ごせました(心地よすぎてうとうとするけれど眠っちゃうともったいないので注意!)。座席の間のパーテーションのおかげで周囲も気になりません。

 

グリーン車の機能性とはまた違うほっとするホスピタリティやくつろぎをグランクラスでは得られるため、列車に乗ることが移動の手段ではなく、旅の目的の一つに思えてくる。車窓を眺めながら手紙を書くなど、自分と向きあうような時間が過ごせます。

グランクラスの旅で「優雅」を楽しみ尽くす

乗車の間中、その優雅さに浸れるラグジュアリー感。到着地のプラットホームに降りたとき、移動の疲れもなく、リフレッシュした清々しさがありました。

 

旅のはじまりやしめくくりを特別な時間にしてくれるグランクラスでのオトナ旅。あわただしい日々の中で疲れ切っていた自分のリズムを取り戻せそうです。

 

>>>JR東日本 グランクラスの予約はこちらから!

(写真/山口真由子 取材・文/間庭典子)

 

Sponsored by 東日本旅客鉄道株式会社

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台北に泊まるならココ!おすすめホテルエリアとは?【ひとり台湾】

星の数ほどある台北のホテル休みが取れそう!海外行こう!よし、近くて手軽にいける台北に決定!!いいですね、何食べようどこ行こう買い物予算どうしよう。いろいろ楽しい…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

これで350円!台北の美味ベジグルメ「素食」ローカルも並ぶ一押し店は

前回の続きです→こちら台湾駅からMRTで一駅、『善導寺』駅から徒歩5分程度、台北駅からも歩ける距離にある『蓮池会素食館』に足を踏み入れた私......ドアを開けるとそこに…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

南仏発の新習慣「ジェルブレ」で私のライフスタイルをバージョンアップ!

いつでも新しいライフスタイルを作り出すグローバルなフリーライター、間庭典子さん。いつもアクティブな彼女が最近いっそう身軽になったみたい。特におしゃれで手軽な食事の新習慣を開拓したとウワサを聞いて、その…

[PR]

山でも海でも絶対焼かない!【アウトドアのUV】隠れた名品オススメ5つ

夏ですね~ 1日中、アウトドアで過ごすため、真夏のラウンドは歩いているだけで体力が消耗し結構ハード。だからこそUVケアも暑さ対策も万全に。そんな太陽からがっちりガードするためのグッズがゴルフ用品にはたく…

高齢親と旅行してわかった「親孝行旅・7つの盲点」と国内3つのオススメ旅行先

オトナになると増えるのが、年老いた父母との親孝行旅。この春、私もお墓参りを兼ねて京都・岡山へと70代の両親、そして途中で合流した妹と旅してきたのですが、良かれと思ったことが負担になるなど、親世代との感覚…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事