近藤サトの女のギアチェンジVol.1 「老いとの戦いは負け戦」

女の白髪は悪、ほうれい線は魔?

名著「京都ぎらい」の著者・井上章一さんが、新聞紙上で「みんな等しく美しい、とか心の美しい人が本当に美しい、とかは欺瞞やと思う。」とおっしゃっていました。

 

私は心のうちで「センセイ、そんなこともわからないで女は女をやってられませんよ。」と手の甲で突っ込みました。

 

ただ女を4、50年も生きてくると、慣れとか愛着とか、あきらめとか諸々を経てほぼ自分の容姿と折り合いがついてきて、まあこんなものかなとやっと思えるようになってきます。

 

そしてちょうどそのころに本格的にやってくるのが老化現象。ようやくこの姿で行こうと思った矢先に、今度は老化現象が追いかけてきます。私は何より急激に増え始めた白髪をせっせと染めては、日々鏡で生え際を覗いていました。

 

老化現象は全ての人に等しく訪れます。これは持って生まれたものとは違ってものすごく平等。でもだからといって「じゃあ、みんな一緒だから自然でいていいわよね」とはいきません。こと見た目に関しては、年齢を重ねようが、絶対重要だってことは身に染みてわかっているし、髪も肌も人より早く歳をを取っているように思われたくないもの。

 

そうやって、女性は美しさに加えて「若い見た目」も追及しなくてはならならなくなって大忙し。白髪は悪。ほうれい線は魔。シミは汚。隠したり伸ばしたり、取ったりと若い子より確実に人生に残された時間は少ないのに、時間もお金も費やして・・。

 

女も40歳を過ぎたら、腹をくくるべし

しかしですよ。良く考えてみてください。老化に伴う見た目の変化に打ち勝つなんて、所詮無理です。戦いとはいっても、ディフェンスの技を苦し紛れに繰り出しているだけなんです。

 

だから私はこと「若い見た目を辛くも保持」する戦いをすっぱりやめまた。私は自分のためにどうせ戦うなら「フォワード」とか「クオーターバック」のほうが面白いんじゃないかと思ったのです。

 

しかし「グレイヘア」でテレビに出始め当初は「老いに抗わず自然体で生きる」とか「女性性を捨てた」とまで言われて驚きました。日本人はまだ、女性は老いとの負けの込んだ戦いを一生続けた方がいいと思っているのかしら?と。

 

あと、「美魔女を敵に回した」なんていうのもあって笑いました。美魔女と私は同類だってだれも気付かないんでしょうかね。美魔女は自分の美しさに対して、きっちり腹をくくっています。私もある意味腹をくくったクチ。

 

見た目の違いは多様性の表れなんですよ。

 

世の中は、面白がって女と女を戦わせようとすることがありますが、その手は桑名の焼き蛤。サラッといなして女同士で目配せしましょう。あなたが今、「私は大いに攻めている」と思っていること、それ実は「大いなる守り」かもしれません。自分が自分のために何をやっているか正しく理解できている自信はありますか?

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事