持っている人が悔しがる!無印良品週間に買いたい「値下げアイテム」5選

10月1日からいよいよ消費税増税スタートです。そんな中で無印良品は増税後も税込価格。しかも、増税に伴って値上げするのではなく、逆行する形で、8月30日に1,100品目の商品を値下げしています。

その値下げされた中身をみてみると、人気の商品も含まれているところが、すごい!

 

そこで、9月27日からスタートする、メンバーになると10%オフで買い物ができる無印良品週間に、ぜひチェックしてほしい値下げ商品をピックアップしてみました。

 

あの、通称人をダメにするソファ「体にフィットするソファ」

ちょっと大きめのクッションのような形の無印のこのソファ、巷では「人をダメにするソファ」と呼ばれています。
その理由は、座ってみるとわかります。
体が吸い込まれるような、それでいて包み込まれている安心感ある心地よさ。
もう立ち上がりたくない、起きたくない、ず~とダラダラしていたい、そんな気分にさせてしまうソファなんです。
中の微粒子ビーズは柔らかすぎず、固すぎず、絶妙。
そして、価格が12,600円→9,990円と、2,610円もダウンとお買い得価格に。
私も自宅で愛用していますが、唯一の難点は、店頭で見た印象より、家で見ると大きく感じることかな…。
サイズは幅65×奥行65×高さ43㎝なので、きっちり測って家に置いたときのイメージをしっかり持ってから購入することをお勧めします。

 

収納に役立ちすぎる!「ポリプロピレンフタが選べるダストボックス」

別売のフタの開き方を選べるダストボックス。無印商品のなかでは、地味な存在かもしれません。しかし、ただのごみ箱にしておくのはもったいない。別売のフタとキャスターをつければ、収納に使えるグッズになります。
ポイントは細長い、スリムな形。
隙間があれば入れられるし、廊下に置いても邪魔な感じはありません。
そしてフタ面がフラットなので、ホコリがついてもサッと拭き取れるし、またキャスターで移動も簡単。
我が家では20㎏のお米をストックするのに使っています。
生活感が隠せて、移動もらくらく。お手入れも簡単なこのダストボックス。ストック品の収納ボックスとしても使えますよ。

 

家がスッキリしている人はみんな使ってる「ポリプロピレンファイルボックス」

 

ポリプロピレンファイルボックスは、文具カテゴリーの商品ですが、棚やクローゼット、シンク下など、あらゆるところの収納に使えるグッズです。
人気の理由は、生活感を隠せること。
シンプルですっきりとした暮らしを、このポリプロピレンファイルボックスが手助けしてくれます。
このボックスは中がどんなにごちゃついていても、棚の中に並べれば、スッキリ。
幅が選べたり、別売りのフタを使ってキャスターをつけられたり、応用が利くところもとても使い勝手のいい商品です。
衣替えや年末の大掃除前に買いそろえて、生活感のない部屋を目指したいですね。

インスタのおしゃれ台所に写ってる率が高い「シリコーン調理スプーン」

炒め物をするときにこれを使うと、もう手放せなくなります。
シリコーン調理スプーンの素材は、耐熱温度の高いシリコーン。そしてスプーンの先が少し柔らかくなっています。
炒めるときにも、お皿に取り分けるときにも使えるから、洗い物が増えません。
また、フライパンに残る具材を残らず汁ごとサクッと移せるので、ストレスがありません。
このシリコーン調理スプーンは、時短調理グッズとして、もうすでに使っている人が多い人気の商品。値下げ前の価格でも購入者が多かった商品ですが850円から590円と、260円お買い得になりました。まだ使っていない人は、ぜひ1度使ってみてほしいグッズです。

あの毒々しい色以外がほしい人に!「ウレタンフォーム三層スポンジ」

某テレビ番組で無印良品銀座店の人気第1位と紹介されていた商品です。
泡立ちと水切れの良さにこだわったスポンジ。ネットストアのレビューも高評価です。
実は人気第1位と聞いて、初めて興味を持った商品で、まだ使ったことがありません。
数多くの商品を取り扱う無印での人気第1位。どうしてそんなに人気なのか、気になる人は、私同様、今回の無印良品週間でぜひ購入して試してみてくださいね。

 

衣服・雑貨40シリーズ、生活雑貨75シリーズ、食品1シリーズ、計1,100品目の品々を、8月30日から値下げした無印良品。軽減税率導入で増税後のややこしい価格に混乱しそうななかで、価格もシンプルな税込価格を貫くところが消費者としては嬉しい限りです。無印良品週間は10月7日まで実施しているので、お近くの無印良品の店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク