「デートでサイゼに連れてく男」はアリか?人として最低限度なお店選びの話

元国税局職員 さんきゅう倉田です。

お金や税金の記事を書き、取材を受け、講演会に呼ばれることで生計を立て、慎ましく生活しています。

芸歴は10年目で、34歳、独身です。独身なので、女性と出かけることがあります。40代の女性と第九を聞きに行くこともあれば、20代前半の女性とトイ・ストーリーを見に行くこともあります。

女性の側も、男性と出かけるときにどのような装いにするか、どのような振る舞いをするか考えていると思いますが、男性もそれなりにいろいろと考えています(続きを読んで、もっと考えろ!なんて言わないでくださいね)。

 

34歳独身男性が思う、たぶん男性がデートのときに最初に考えること

女性と出かける、となったら、まず考えるのはどこで食事をするかです(これが一般化できるかどうかはわかりません)。

 

食事の前にコンサートや映画の予定があるなら、そこから移動しやすい場所で、可能な限り美味しい、かつ、その女性が喜んでくれそうな内装のお店を探します。

 

悩ましいのは、予算が無限ではないことです。愛しておらず、自分からお誘いしたわけでもなければ、割り勘でもいいかなと思うことがあります。

 

 

でも、もしかしたら、女性のプライドを傷つけてしまうかもしれない、「え?あたしに半分払わせるの?あたしってその程度の女なんだ…」と思わせてしまうかもしれない。

 

出かけるくらいですから、女性を残念な気持ちにはしたくありません。精一杯のもてなしはしたい。ただ、予算の問題もある。

 

「お相手が食事にどのくらい興味があるか」で提案も変わる

事前にしろ、当日にしろ、他人と食事をするときは、何を食べたいか当然確認しますよね。食べるものを自分一人で決めるなんてことは、余程、傲慢でない限り、ないはずです。

 

「何食べたい?」と確認して、「何でもいいよ」という返答は、お互いにとってよくありません。

 

だから、事前にその付近の飲食店を調べて、「◯◯と△△と◇◇だったらどこがいい?〇〇は~~の店で、△△は~~の店で、□□は~~の店だよ」と短くプレゼンします。

 

そして、そこから選んでもらう。どれもはまらなかったら、控えのお店を提案します。

 

提案するお店は、相手の年齢や食事への興味によって変えています。若い人のほうが、外食の経験値が少ない、かつ、興味がない場合が多い。40代であれば、自分より所得が高く、美味しいものをこれでもかこれでもかと食べている可能性がある。

 

年齢だけでなく、その人の趣味嗜好も考慮して、提案するお店を選んでいます。相手の好み、年齢、自分の予算を総合勘案して、お店を調べるわけです。

 

「田舎から出てきた両親をこのファミレスに連れてくる男か?」で判断

男性がデート相手の女性を大切にしているなら、本人が食事にまったく興味がない場合を除いて、相手がどんな店だったら喜ぶか考えて、店を選んでいます。

 

だから、ファミレスに連れて行かれたり、大学生が行くような居酒屋に連れて行かれたり、長い時間を共に過ごし食事をするにふさわしい時間帯なのにお茶だけして帰ったりしたのなら、あまり大切にされていないのかもしれません。

 

女性が「一緒にいられるなら、ファミレスのドリンクバーでもいいよ、からあげとポテトが中心の居酒屋でもいいよ」と思うことは素敵だと思います。芸人とか大学生だったら、それでもいいと思います。

 

でも、いい歳した社会人が、異性をそういうところに連れていくのが解せません。例えば、田舎から出てきた両親と食事に行くとして、ファミレスや一杯300円の居酒屋には連れて行かないじゃないですか。

 

大切だし、上質な時間を過ごしてほしいから、個人個人の中での「それなりの店」に連れていくはずです。好意を持った女性には、そういう気持ちで接するはずです。

 

ぼくの年齢だと、一人でも友人と一緒でも、ファミレスや大学生の集まる居酒屋には行きません。だから、そういうところへ女性を連れて行くことがない。

 

ただ、女性はこんな気持になるのかなと思ったことがあります。それは、お金持ちのおじさんに、テキトーな料理を出す居酒屋に連れていかれたときです。

 

「お金持ちでも食事に興味がないおじさん」が最悪

話がつまらないので、そのお金持ちのおじさんとは一緒に食事に出かけることはありません。それでも、定期的に連絡とお誘いが来るので、食事に行くことにしました。

 

そのおじさんは、あまり食事に興味がなさそうだなと感じていたので、「おすすめのお店に連れて行ってください」と事前に伝えていました。「おすすめの店」と言われて、残念なお店に連れて行くことはないと考えてのことです。

 

当日、約束の時間に、おじさんの会社に行くと、「ちょっと寄るところがある」と言って、取引先の社長のところへ行き、その人も連れて近くの居酒屋に入りました。予約もしておらず、料理に真剣に取り組んでいない居酒屋で、ぼくに接待をさせたのです。

 

全く愛を感じません。デートではありませんが、もう会いたくありませんし、そういう他人を大切にしない男性とは会う必要がありません。きっと、みなさんのデート相手にも、そういう男性が、稀にいると思うんです。

 

デートなのに、食事をするお店に気をつけていない人は、あなたのことを大切に思っていない可能性があります。食べる時間も無駄だし、不要なカロリーを摂取する必要もない。食事をする店で、男性の本気度がわかります。どこかのタイミングで確認すると良いですね。

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは

元国税局職員 さんきゅう倉田です。吉本で芸人をしています。闇営業ニモマケズ、所得隠シニモマケズ、東に媒体があれば記事を書き、西に講演会があれば行って話をし、南に出演依頼があれば行ってためになることを言…

年末調整で「同居してない親」も扶養にできる?「扶養控除等申告書」最新常識と正しい書き方は

元国税局職員さんきゅう倉田です。国税局を辞めて、現役の頃と同じくらいたくさん勉強して、今と未来を生きています。過去を振り返る余裕がないので、同窓会はサボっています。「どうして国税局を辞めたんですか?」…

親を扶養に入れただけなのに…?意外と多い「税務署からの連絡」実例

元国税局職員さんきゅう倉田です。芸人になって10年目になります。昔は、品川駅の中でお酢を売ったり、ビックカメラで携帯電話を販売したりしていましたが、たくさん勉強をして、大勢の人の話を聞いて、しこたま発…

ほんとうにあった!一瞬で1万円も損したコワ~い「クレカ」の話

元国税局職員さんきゅう倉田です。記事を書いたり、Twitterを更新したり、イベントを催したり、講演会に呼ばれたり、賢いおじさんと飲んだり、本を読んだり、ジムに行ったり、ワインを勉強したりして、生活していま…

いま現金で払ったら大損?いまひとつわかりにくい「キャッシュレス還元」の基本

元国税局職員 さんきゅう倉田です。お笑い最大手、吉本興業で芸人をしています。手前味噌ですが、税金やお金の良い知識をたくさん持っているので、個人事業者や経営者向けに講演会をしています。最近は、子供向けの…

コンビニ持ち帰り弁当は8%。では、従業員が休憩室でお弁当を食べたら8%?【税率クイズ】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。吉本で芸人をしています。芸人の働き方も多様化していて、みんな自分の特技や趣味を活かして、仕事を得ています。ぼくは、村上龍さんの『半島を出よ』(幻冬舎)を読んでから趣味…

【マジ?】「生きた魚」は税率8%。では熱帯魚は?知れば知るほど混乱する軽減税率の話

元国税局職員 さんきゅう倉田です。好きな言葉は「増税」です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本興業で芸人になりました。芸歴は10年目です。「どうして芸人になったんですか?」と週3回ほど聞…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事