「彼、もしかして既婚者?」不安から暴走した40代独女の仰天行為とは

お付き合いしている彼氏がいるけど、独身だと思いこんでいたらどうもあやしい。本当は既婚者なのでは……?

こんな不安を抱えながら交際を続けるのは、本当に苦しいですよね。

本人に訊いてもはぐらかされてしまい、それでも別れられなかったある40代独女は、いつの間にか「彼は既婚者」の証拠を掴むことに躍起になっていました。

「もしかして、騙されている?」と悩み続けたつらい恋の顛末を、ご紹介します。

 

「彼は既婚者かも」という不安につぶされて

「彼とは、登山の社会人サークルで知り合いました。

結婚指輪はしていないし、自由気ままに暮らしているので独身だと思っていて、最初は楽しかったです。

彼のほうから告白されてお付き合いすることになり、以前より彼の生活が身近になっても、既婚かと疑うようなことは特にありませんでした。

問題が起こったのは彼の誕生日やクリスマス、年末年始で、とにかくふたりで過ごせないんです。

『取引先と大事な接待が入った』『親が体調を崩した』『姪っ子のお祝いがあるから』など、いろんな理由をつけて会うことを断られ、一度

『その用事が終わってからでいいから、待っているね』

と言ったけど結局連絡はなく、次の日に『酔って寝ていた、ごめんね』と謝られてから、初めて『もしかして、彼は既婚者なのでは』と思うようになりました。

彼に正面から尋ねたら

『そんなわけないだろう』

と一蹴されたけど『俺は独身だよ』とほしい言葉は返ってこず、それから何となく距離を置かれ始めたのを感じて。

確かに生活は彼のペースだし彼の部屋も誰かと暮らしている様子はない。でもやはり気になったのは”イベントになると私よりほかの誰かを優先する”こと。

もしかして隠れて浮気しているのかも、と思っても、彼はスマホを見られるのを嫌って触らせてくれないし、退社後の彼を待ち、まっすぐ家に帰るか尾行したり会わない日はどこか行かないか彼の家を張り込んだり、いろいろとやったけど結局何もわかりませんでした。

浮気なら普段から連絡を取り合うだろうけどそんな様子もなくて、それならやっぱり年末年始や誕生日を過ごすのは家族かも、と既婚者の可能性ばかり考えていて、友人に

『彼の戸籍謄本を取りたいんだけど、代理でいけるかな?』

と相談したときに

『何を言っているの!?

それって犯罪だよ、バレたらあなたが罪に問われるし、そんな付き合いやめたらいいじゃない』

と血相を変えて止められたとき、『彼は既婚者』の証拠を掴むことに躍起になっている自分に気が付きました。

そのときは、もう彼からの連絡はだいぶ減っていて、サークルでも私とは終わった噂が流れていました。

彼からは遠ざけられているのに、私ばかりおかしな行動をして友人には泣いて止められるし、何やっているんだろう、と思ったら落ち込んでしまい不眠症になりました。

結局、そのまま彼とはフェードアウト。私はサークルを辞めて、知り合った人たちの連絡先もすべて消しました。

彼が既婚者なのかどうかはわかりませんが、時間が経てば『こんな不安を解消してくれない人と付き合っても、先はない』と納得できました。

こんなお付き合い、もうこりごりです」(45歳/販売)

 

不安を放置できる男性がまともなはずはない

上記の女性は、「彼のことを信じられる証拠がほしい」と最初のうちは話していました。

ですが、本人に正面から聞いてもはっきりした答えは得られず、それ以上口にすると「疑うのか」と不機嫌になられて会ってもらえなくなったことから、彼に隠れて行動するようになりました。

そもそも、「交際している相手に既婚を疑われる」時点で、男性が誠意を持って交際にのぞんでいるとはいえません。

イベントになれば彼女を放置してほかの人を優先する姿はどうしても違和感があり、「いつもタイミングよく”何かが起こる”不自然さ」が彼女の不審を招くのは当然。そんな自分を反省しないのも、彼女を大切にしているとは思えませんよね。

独身を疑われたのなら、自分で戸籍を取ってきて彼女に見せるなりできたはず。そんな行動もなく、言及されて以降彼女を遠ざける男性は、たとえ独身者であってもまともなお付き合いができるとはいえないでしょう。

 

執着は身を滅ぼす

彼女は、彼に黙って戸籍謄本を取ろうとするまでに追い詰められていました。

その間、彼からデートに誘われることはなく、LINEでのやり取りも既読スルーが増え、そんな状況がいっそう彼女を焦らせます。

友人たちが

「その人おかしいよ、大事にされていないから別れたほうがいいよ」

とうったえても、彼女は「信じられる証拠」を求める気持ちを手放すことができませんでした。

ですが、彼女の行動はいつの間にか「彼は既婚者」を確かめることに執着していて、その様子はたとえ彼が独身だと証明されたとしても、その後まともな交際ができたかどうか疑問を覚えます。

一度芽生えた疑惑を解消してもらえず、自力で何とかしようと思っても、待っているのはネガティブな不安に支配されておかしな行動に走る現実です。そして彼の愛情はどんどん遠ざかります。

執着は、何より自分の身を滅ぼす鎖。

彼にとっては、自分は信じてもらいたい重要な相手でもなければ不安を平気で放置できる程度の気持ちしかないのだと、その事実を受け止める勇気が必要です。

彼女は、彼に関する世界をいっさい断ち切ったことで、それから不眠症も治り何とか立ち直ることができました。

これから出会う人は、どんな男性か、愛情を傾ける価値があるかどうか、しっかり見極める強さを持ってほしいと願います。

 

 

恋愛は、自分に選択肢があります。

誰を好きになるのも自由だし、どんなお付き合いをするかも自分で決められます。

だからこそ、不安を覚えさせるような相手は一度立ち止まって現実を見る冷静さが必要です。

執着は、良い結果を生みません。

自分を大切にできる恋愛が幸せを呼ぶのだと、もう一度考えてみたいですね。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

「あなた最低!」40代独女が別れを決意した男のセリフ

恋人とのケンカは気分の良いものではないですが、そのときに言われたひどいことがショックで交際そのものを考え直してしまう、ということはありませんか?頭に血がのぼると、ついきつい言葉を吐いてしまいがち。普段…

「俺たち付き合ってないよ!」男が知らない内に彼女の座に座る40代独女の恐怖

仲のいい同僚や女友達。確かに距離感は近いけれど、決してお付き合いしているつもりはない。それが、知らない間に周りからは”彼女”と認定され、本人も何だかその気で振る舞っている……なんて、男性にとってはびっくり…

「君と社内恋愛は無理」。男が嫌がる40代独女の振る舞いって?

会社で見かけるアラフォー女性。いいなと思っていたけれど、接していくうちにおかしな人間関係に首をつっこんでいたり周りから敬遠されていたり、ちょっと首をかしげる場面を見るようになった。周りと良い関わりがで…

40代にもなって○○ができない?男性が「お相手いたしかねる」40代独女の痛いあいさつ3つ

朝オフィスに出勤したときや退社するタイミング、周りの人と挨拶をしていますか?「当然でしょ!」と答える40代独女が多いと思いますが、どんな表情で声をかけているか、どんな態度で相手の言葉を受け止めているか、…

必死なオバサン!男が思わずドン引きした40代独女の「ウザいお節介」って?

好きになった男性に振り向いてもらいたいのは当たり前。だから、積極的にコミュニケーションを取るのが好きになってもらうためには重要。確かにそうではありますが、それ、男性のリアクションをきちんと見ていますか…

「彼女にしたくない!」男性の心が急速に冷めた40代独女のバッグの扱い方NG例

気になる女性と楽しいデート。メイクも服も可愛いな、なんて思ったいたけれど、手にしたバッグの扱い方を見てがっかり……。小さなことですが、デート中は相手の持ち物につい目がいくので「こんなふうに触るのを見てび…

初デートで40代独女がびっくり!ありえへん男性のふるまいとは?

気になる男性との、最初のデート。相手がどんな様子で来るのか、どんな時間になるのか、ドキドキしますよね。でも、いざ行ってみたら男性の態度がちょっと受け入れられなくて、がっかりするなんてこともあります。「…

【40代男女の本音】「付き合わなければよかった女性&男性」の特徴

長く友人として接してきたけど、お互いに恋愛感情を持ったので恋人関係にステップアップ、というカップルもいると思います。ですが、いざ恋人としてお付き合いしてみると、思わぬ一面を見たり合わないところが多かっ…

それ、バレてるよ。男性が敬遠する「自分を”盛って”でも好かれたい」40代独女の特徴

男性にモテたい、意中の人に振り向いてもらいたいからと、自分をより魅力的に見せようとする40代独女、いませんか?プロフィールなどを”盛る”のは、一時的に男性の気を引くことはできてもそれを継続できないのが問題…

【大人の失恋】別れてよかった!40代独女が「付き合ってはいけない男」とは

誰かを好きになっても、いつも幸せな恋愛ができるとは限りません。相手に恋人がいたり好意を利用されたり、自分が望む未来とはかけ離れていても、「好きだから仕方ない」と関係を続けてきた40代独女たち。しかし、そ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事