お酒でお疲れぎみの肝臓に! からだの不調を整える3つの食材

新しい年を迎えて、心機一転!でも、正直言って「年末から年始にかけて、飲み会続きで体がお疲れぎみ」というかたも多いのではないでしょうか? 若い頃はあまり感じなかった、飲み会後の疲れの後遺症。アラフォーともなると、やはり飲み方や日頃の食生活にも、しっかりと気を配っていかなくてはなりません。新しい年は、まだはじまったばかり!不調を一年間ひきずらないためにも、『肝機能がみるみるよくなる100のコツ』から、肝臓の健康について、知っておきたい生活習慣のポイントをご紹介します。

アルコール性肝障害 予防のポイントとは?

 

最近、脂肪肝やアルコール性肝障害が急増中といわれています。ウイルス性肝炎や慢性肝炎も、依然として増加の一途をたどっているとか。肝臓病は、まさに国民病といえるのかもしれません。

帝京大学名誉教授の三宅和彦先生によると、アルコールが原因である肝障害の予防には、「お酒をいかにコントロールして飲むか」がポイントといいます。お酒を長期にわたって大量に飲んでいると、肝臓に障害をひきおこすというこんなデータをご紹介します。

1日にアルコールを160g以上(日本酒で7号、ウイスキーならボトル7割の量に相当)を、毎日飲んでいる人の場合、飲酒期間5年未満で、4人に3人が何らかの形で肝障害をおこしています。これが15年以上になると、半数以上の人が肝硬変になり、残りの人も何らかの形で肝障害をおこし、肝臓が正常だったのは100人中わずか4人だったといいます。

ただし、アルコール性の肝硬変は、ウイルス性とは違い、断酒を続ければ、すぐに改善の方向に向かい、命を落とすまでには至りません。だからこそ、アルコール性の肝障害の改善や予防のポイントとは「お酒をいかにコントロールして飲むか」ということになるのです。

それでは、いろいろな種類のお酒がある中で、肝臓をいたわりながら楽しむそれぞれの適量とは、いったいどのくらいなのでしょうか?

 

肝臓に負担をかけないアルコールの適量とは?

元西東京警察病院院長の高橋健一先生によると、適量には個人差があるといいます。その人の肝臓のアルコール処理能力によって、適量が違ってくるからです。では、自分の適量を知るためには、何を基準にすればよいのでしょうか?その目安は、二日酔いにならずに飲める量のことを指すといいます。

一般的に、肝臓のアルコール処理能力について、資料をもとに計算してみると、日本酒1合(180mmℓ)を分解するのに4時間かかるといわれます。これをもとにすると、一晩を8時間とすれば、日本酒なら2合が限度となります。

 

[肝臓が一晩で分解できるアルコール量]

発泡酒 缶2本(500mmℓ)

ビール大びん 2本(1本633mmℓ)

日本酒 2合(360mmℓ)

ワイン ボトル2/5(288mmℓ)

焼酎 コップ1杯(200mmℓ)

ブランデー ダブル2杯(120mmℓ)

※科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」のデータをもとに高橋先生が算出

 

いかがでしたか?自分の適量を知って、心掛けていきたいものです。

次に、日頃から摂取したほうが良い、肝臓を強化してくれる栄養素を含む食品について、ご紹介します。

スポンサーリンク

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

2週間で5キロやせたアイドル! 「もち麦ダイエット」が食べてやせる理由とは?

テレビ番組『究極の〇×SHOW 超問!真実か?ウソか?』で、ぽっちゃり系アイドルグループPottyaの犬童舞子さんと橋本一愛さんが2週間で5kgやせた「もち麦ダイエット」。1日…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

年末の「お疲れ胃腸」をととのえる、意外な3大食材とは?

毎晩のように続く忘年会、お正月休みをとるための仕事の山…。年末年始に休めるのはうれしいけれど、その前のこの年末の忙しさ、何とかしたい! と思っている人もきっと多…

ヒルナンデス!で2017年流行るモノ2位! 「もち麦ダイエット」の効果とは?

1月16日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、2017年間違いなくはやるものベスト7が発表されました。その中でも注目は、ダイエット&健康アイテムとして紹介された…

イライラした気持ちを断ち切るには? 住職が教える「禅」の呼吸法

仕事や人間関係において、時にはイライラしたまま帰宅することって、ありますよね。帰宅しても、そのままイライラを引きずっていたりしませんか。それはとてもつらいこと。…

片頭痛、疲れがとれない、血圧高め。血液サラサラにして不調を整える3つの方法

片頭痛がひどくてめまいがする、疲れがなかなか取れなくなってきた、健康診断の結果で「あれ、血圧が前よりちょっと高くなっている」……なんてことはありませんか? 40代働…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事