理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみたり、と「良質な眠り」への努力は怠りません。そんな中、枕の高さを工夫することでよく眠れるようになり、なんと美容にも効果があるという話を聞きました!

 

ステップ1

よく眠るには「立っている姿勢で眠るのが理想的」

 

「自然に立っているときの姿勢のまま横になるのがよいと言われています」と教えてくれたのは、理学療法士の永木和載さん。

 

首・肩関節の著書もある専門家・永木和載さん。

 

 

 

では、立っている姿勢として、どんな姿勢が理想なんでしょうか?

「肩中央の垂直線上に耳の位置がきます。顔は、水平にまっすぐ前を向いています」

ふむ。こんな感じ。

 

 

耳と肩が一直線。

 

 

この姿勢は、気管が広がって呼吸がしやすい形です。この姿勢のまま眠れれば、睡眠中も酸素を体にたっぷりととり込むことができて、疲労がとれやすくなります。

 

どうやったらこの姿勢のまま横になれるの?

残念ながら、普通に横になっただけでは、この理想的な姿勢はつくれません。なぜなら、私たちには肩があるから。理想的な姿勢でなおかつ疲れることなく眠るには、肩と首と頭のバランスをとる必要があるのです。

 

首と頭のバランスをとるためには、枕の高さがたいせつ。枕の高さが高すぎると、肩の下にすき間が空いて疲れるし、気道も狭くなります。また、首とアゴが近すぎる姿勢(うつむいた姿勢)で眠ることになります。うつむきっぱなしで6~7時間もいれば、首のシワができやすくなります(コワい!)。低かったり枕をしない場合は、頭頂部が後ろにいきすぎて、首が疲れてしまいます。

 

高い枕:肩の下にすき間が空き、首とアゴの距離が近い

枕なし、低い枕:頭の位置が下がり、首が疲れる

 

 

枕の高さを調整する方法を教えてもらいました!

 

用意するもの:バスタオル(またはタオル)1枚

 

  • まず、「横向き」に寝る。
  • 正面から見て、床面と鼻の中央ラインが平行になるように、枕の上にバスタオルを敷いて高さを調整する。

 

  • 次に上向きになり、首を左右にゆっくり振ってみる。違和感なく振れていればOK。首が振りにくい場合には、タオルで高さを高くしたり低くしたりと微調整し、ちょうどいい高さにする。
  • 大きく息を吸ってみてもよい。

*息をたくさん吸える高さが、よい高さになります。

こんな感じ

 ステップ2

首のシワができにくい姿勢は「頭が少し上を向いた状態」

 

さらに首のシワが改善する姿勢も教わりました! 「頭が少し上を向いた状態」です。

シワのできる原因は、①紫外線を浴びる②2点の距離が近く、シワがよった状態が続く、の2つ。その後者の原因「シワがよった状態が続く」を防げれば、シワが改善するのです!

アゴと首という2点の距離が近いと、首のシワはできます。下を向けば向くほど、首にシワがよりますよね。短時間であればシワがよっても回復しますが、長時間になればなるほど、回復せずにしっかりとシワとなって定着してしまいます。

 

では、シワがよらないようにするにはどうすればいいでしょうか。それは「頭が上を向いた状態」をつくること。ただ問題があります。「上を向いた状態」を続けることは難しいのです。みなさんもやってみてください。ぐっと真上を向くと、確かに首のシワは伸びます。でも、首が過度に反って疲れますよね。

 

そこで、苦しくならない程度に「頭が少し上を向いた状態」がたいせつになるのです。

具体的には、深呼吸をするときに少しアゴが上を向く、あの状態です。

 

首のシワを改善する最適な高さの見つけ方を教えてもらいました!

 

用意するもの:高さ10cm程度の座布団、バスタオル2枚

 

  • 仰向けになり、頭から肩の下まで厚さ10cm程度の座布団を入れる。
  • 首部分に、ロール状に丸めたバスタオルを入れる。アゴが少し上を向いた状態(首に苦痛を感じない程度)に、タオルの高さを調整する。
  • 頭の下に、四つ折りにしたバスタオルを入れる。
  • 頭を左右に振る。違和感なく振れていればOK。首が振りにくい場合には、頭の下の四つ折りにしたタオルで高さを調整し、ちょうどいい高さにする。

こんな感じ

 

なんと、それらを網羅した枕があります!

自分でタオルを使って調整してもよいのですが、各条件をしっかりクリアした枕があれば、一発で悩み解決! 永木さんのオススメは、眠り製作所の「大人ケイリー」。今まで使用していた枕より、横幅も長さもあり、その大きさにビックリしました。が、さすが大きいだけあって、肩の下までしっかりカバー。肩の下のわたは、抜いたり足したりして好みの高さにできます(追加用のわたも付いていました!)。首の高さは、なんと空気ポンプで調整。空気を入れるだけで簡単に調整できるので、自分に合った高さにすぐできるのです。

 

「ポンプで空気を目いっぱい入れて、抜きながら好みの高さを確認してくださいね」

「苦しくない程度に、心もちアゴが上向きになる高さにすると、よりシワができにくくなります」

とは、いいことを教わりました。

心もち上向きに眠ることを心がけ、今夜から質の良い睡眠&シワ対策の一石二鳥を狙います!

otona Kaylee(大人ケイリー)

http://www.plaisir-ltd.co.jp/user_data/kaylee.php

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

年末の「お疲れ胃腸」をととのえる、意外な3大食材とは?

毎晩のように続く忘年会、お正月休みをとるための仕事の山…。年末年始に休めるのはうれしいけれど、その前のこの年末の忙しさ、何とかしたい! と思っている人もきっと多…

頭を冷やして寝るといいらしい?快眠のプロが教える「ぐっすり寝る方法」とは!

「猫みたいにぐっすり眠りたい!」……睡眠に悩むストレスフルな女性に朗報です。”1万人を眠らせた快眠セラピスト”として名高い三橋美穂さんが、『ニャンともぐっすり眠れる…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

ビル・ゲイツからマドンナまで実践!アメリカで「結果を出している」瞑想とは?

アメリカのハイパフォーマー(いわゆるデキル人)が、日々習慣にしている行動があるそうです。お金もかからず、どんどん頭がクリアになっていくとか。常に頭がぼんやりしている私こそ、やってみるべき!とさっそく体…

ホームパーティーの達人に聞いた! センスのよい手土産は、ズバリ○○!

最近、友人宅にお呼ばれの多い私。私って人気者ね!とうぬぼれていましたが、なんてことはない、最近ホームパーティーが増えているそうです。ホームパーティーには手土産が欠かせないもの。鉄板の手土産を達人に聞い…

ニューヨーカーが大絶賛のあのビールが、日本上陸!

アメリカのビールって、バドワイザーやミラーのような軽い飲み口のビールを思い浮かべますよね。しかし、アメリカのビールは奥が深い! 軽いタイプだけでなく、しっかりとした飲み口のクラフトビールもたくさん作ら…

料理がグッと美味しくなる「スパイス使い」をマスターするには?

カレーや辛いものの記事はいつでも大人気。みなさん、カレーやエスニック大好きですよね! もちろん私も大好きです。そんな私が長年ぜひマスターしたいと思っていたのが、「スパイス使い」のワザ。しかし、スーパー…

手羽先焼きに合うのは白ワインか赤ワインか、試してみた!

ワインを飲む機会が増える季節になってきましたね! ワインラバーの私としては、いろいろな料理にワインを合わせて食べられる嬉しい季節です。先日、Wonderfud主催のプレゼンテーションディナーで、鳥料理とイタリ…

肉好き40代に教えたい! 絶品鉄板焼と38Fの夜景

鉄板焼。レアでも焼いても肉が好きな私としては、鉄板焼はいつでもウエルカムなメニューです。ただ、素敵な鉄板焼はお値段が高いのが悩みのタネ。そんなアラフォー女子にピッタリの、おいしくてお手頃で、ロケーショ…

仙台で評判の回転ずしが、ビールとともに東京で楽しめる!

実は回転ずしラバーな金沢。回転ずしには、アラフォー独女にとって都合のよいところがいろいろありますが、なんといってもコスパのよさが一番のポイントでしょう。と思っていたら、地方に転勤になった友人より「地方…

あなたの「手の甲」、こってませんか?疲れをゆっくりトリートメント

足裏マッサージはよく受けているのですが、手のマッサージはネイル時にサービスでやってもらうくらい。しかし、(公社)日本アロマ環境協会(AEAJ)主催のアロマハンドトリートメントを受けるチャンスがやってきまし…

カリスマスタイリスト・石田純子さんに学ぶ、大人の着こなしのコツ

大人の着こなし指南で絶大な人気を誇るスタイリスト・石田純子さん。ヌケ感と大人の品のよさを兼ね備えたスタイリングテクニックは、「TPOをわきまえつつ、個性のあるおしゃれを楽しむ社会人の大人」を目指すアラフ…

プロに聞いた! カギが固いと思ったとき、お金をかけず簡単に直す2つの方法

私の住んでいるマンションは、とても古い。別に不便なく暮らしているのですが、先日から鍵の回りが悪くなりました。毎日鍵が開けにくく、玄関でイライラ。こんなイヤな思いをするくらいなら鍵の専門家に聞こう、とい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事