【九星フラワー占い】六白金星の11月は「無敵な強さで恋も主導権あり」

本格的に寒くなってきましたね。寒くなると、人恋しいような寂しいような気分に陥りがちです。

寂しさ孤独感を中心に、その付き合い方、解消法、また孤独感うまく付き合った先にどのようなことがあるのか、そういった視点で占って行きます。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

難しいテキストもスッと頭に入るほど、脳が活性化

華やかで前向き、力強い印象が、 11月の 六白金星の特徴というか持ち味 になります 。

しかもとてもよく状況判断ができていて、元々リーダーシップに優れている六白金星ですから、さらに頼もしさを増しています。

理解力もあり 難しいテキスト を読み込むことも記憶することも 順調にできるでしょう。

ですから 今月は、 何かを学ぶということはとても有意義です。

朝の勉強会など朝活に参加するのは 運気アップにも役立ちます。

ケンカに強い時期ですが、味方を失う恐れが

一方で 何かに急かされるような 、結論を急ぐ短気さ が見られそうです。

スピード感が でないとイライラして 、周囲の人との雰囲気が険悪になってしまうというようなこともあるかもしれません。

確かに喧嘩は強い 今のこの時期、負けることはなさそうですが 、傷つけられた 周囲の人達は そのことを忘れないですし、 あなたの味方ではなくなってしまいます 。

ですから、 焦りを捨て、周囲とペースを統合してしていくということは、とても大事と言えます。

人との別れがあるかも。落ち込まないで

ただ周囲に気遣いをしていても、どうしても別れなければならない人、 人以外の何かと別れるということもありそうです。

けれどもそれは、新しい 流れが始まるサインですので、 必要以上に落ち込まないでください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが 見た目が良かったり 話が面白かったり する男性からアプローチがあるかもしれません。

ですが、口だけだったり見かけだけだったりという 可能性もあるので、よく見極めましょう。

今月は物事が行く 見えている六白金星なので 、それほど心配はしてはいませんが。

金運にかんしては、 ついつい出費が増えそうですが、 何かを学ぶために使うお金は 、その後 何かしらの形になって戻ってくるので惜しまずに。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、 ワインレッドと アイビー。

知性を 磨く 助けとなる色です。

目で見て学び耳で聞いて 学ぶ ということ、また女性らしさを引き立て人気運を高めてくれる でしょう

ラッキーパーソンは、メガネ のオシャレが似合う知性的な人。 今後大いに役立つ情報を与えてくれそうです。

ラッキーフードは、蟹 を使った鍋 。ポン酢や酢醤油など酸味の 効いたタレ で食べましょう。

酸味は、イライラを抑える効果があり、また鍋 を囲むことで で人間関係 が 円滑になります。

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※10月の全体運を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク