【激辛すぎる】マツキヨのポテチ「MK(マジカラ)ビーフ」の辛さが本当にヤバい

こんにちは、普段はそこそこ程度に辛いもの好きの担当井一です。

かつては激辛で知られるラーメン店、蒙古タンメン中本で「北極2倍」などをナチュラルにたしなみ、

新宿の名産である内藤唐辛子を自宅で栽培して激辛の「食べるラー油」を自作したりしていました。

 

「ついで」にいただいたポテチを何気なく開ける→惨劇

それほど辛活もしていない今日このごろでしたが、先日「マツモトキヨシ」PR担当の若手女子が来社し、新製品案内と一緒に「よかったらおやつにどうぞ」とさりげなくポテチを置いて帰りました。

 

このように「ついでに」お土産をいただく機会もよくあるので、その日も私は何も考えずに「お腹がすいたな~、さっきもらったポテチ食べよう!」と袋と開けて食べた。

ごめんなさいね、本当にガチで食べているのでティッシュの上に置いて撮ってますが、お腹すいてたからパリパリと5枚くらい食べて、うん、美味しいな

 

おいし

 

お????

 

おおおううううえええええ????

 

からっっ???????

 

かかかか??

 

から????

 

(意識消失)

 

この間、隣に座っている編集長アサミが何度か経理書類のことで私に話しかけていたのですが、ごめんなさい、本当に意識が飛んでいて何を言われているかよくわからず、同じ書類を3枚くらいプリントしたりしていたようです。

 

10分ほどたったでしょうか、口の中から辛さが引いてきて、ふと我に返ってよくパッケージを見ると

表面。右上に「マジで辛い」と親切にも書いてあったし、

裏を見てみると、「最強クラスの辛さ」ときちんと書いてあった。

 

「よく読め」という話でしかない。

 

編集部3人も無言、「水を飲むと被害が広がるタイプ」の辛さ

意識が戻ってから「……ごめん、いま聞いてなかった、このポテチ本気で辛くて意識飛んでた」と詫びたところ、

 

「えっ♡私も1枚食べたい」と編集長アサミが言います。

 

ですが、どうぞどうぞと1枚渡したら「……うん、1枚でいい」。

 

同僚2名にオススメしても

「どのくらい辛いか1枚だけは食べてみたい」

「すいません、この1枚以上は絶対お断りします」

という結果になりました。

 

この辛さ、口の中にいつまでも残るタイプです。

 

何かこう、殺る気の塊といいましょうか。

 

高い技術でわざわざ丁寧に辛味成分のパウダーを微細に仕上げ、配合しているとお察しします。それが口の中いっぱいにじわじわと広がっていくのです。

 

一口目では辛いことに気づかず、パリパリと3枚くらい食べてからじわりと気づき、あっこれは後戻りしないと…?と気づいたときにはさらに数枚食べてしまっている。

 

辛いから水を飲んで流そうとすると余計に口の中いっぱいに広がり、ただひたすら10分耐える以外ありません。

 

なにか、これはこういう兵器か。

 

あまりに辛かったので店頭を確認したが、こんなに控えめな位置に

検索してみると、この「MK(マジカラ)ビーフ」は、マツモトキヨシ×山芳製菓のコラボ。マツキヨでしか売られていないんですね。しかも、知らぬ間にもう第6弾とあります。

 

山芳製菓というと、あれです、「わさビーフ」。ものすごく高い技術で流れるように殴られた点にも超納得です。

 

さて、体調によっては生命の危機もあり得るような兵器クラス、店頭ではどんなお姿なのかと気になってマツキヨ池袋東口店をついつい確認してしまいました。

 

ぱっと見てどこにあるのかよくわからない。

 

じっと見つめてみると

まさかの一番下!!

 

こんな兵器が一番下ですよ!!! 日本平和すぎないか!!!!

 

平和すぎる製品名を繰り返します、「マジ辛いMKビーフ ハバネロ味」。ご覧のようにお値段もお手頃ですので、マツキヨを見かけたら1つ買って帰って自宅で悶死してみてください!

スポンサーリンク

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

セブンで発見!サラダチキンが5分で具どっさりスープになるパウチ

先月リリースされるや否や、ネット上で話題になっていた『今夜は手づくり気分』シリーズをご存じでしょうか。コンビニエンスストアで売っている「サラダチキン」を使用する…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつも…

【コンビニ速報】ファミマの「濃厚焼きチーズタルト」が売り切れまくってます!

突然ですが、16年10月4日にファミリーマートで発売された「濃厚焼きチーズタルト」がすっごく美味しい。驚いた勢いでオススメにあがりました。

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌の…

【これはすごい!】カッチカチのキャラメリゼが絶品ブリュレアイス

さかのぼること16年前。フランス映画『アメリ』が公開されました。アラフォー読者の皆様にはお懐かしい、空想好きな主人公アメリが映画の中で食べる”クレームブリュレ”。彼…

チョコ×ビスケット大好き!なら、今すぐコンビニで買うべき秋の新作お菓子はコレ!

チョコでコーティングされたビスケット、というお菓子ジャンルがあります。長年の首位はアーノッツのティムタム。カルディや成城石井など、輸入菓子を扱うお店での人気ラン…

もう飲んだ?ウワサの「透明な紅茶」って何なの?

GW、さすがに昼間は暑くなりましたね! 昼はもう日焼け止めが手放せない。先日まで夜中は寒くてガタガタ震えていたのに、よく冷えたペットのお茶をガブガブ飲みたいシーン…

更年期世代は「ドライアイ」が進む?コンタクト派は気をつけておきたい「角膜」の話

身体のあちこちに思わぬ不調が現れる更年期世代。「夕方になると眼がかすむ」「モニタを見ている時間が長くて眼精疲労が強い」「友人とも老眼の話がよく出る」などの声も聞こえます。一説に、日本人のうち約2300…

あなたの「冷え」はどのタイプ?3つの原因チェックリストと冷え対策

働く40代と切っても切れないのが「冷え」。夏場はエアコンの直撃を受け、冬場は手先も首元も冷たくなり…。実は夏バテと同様、冬にも「冬バテ」があるのだそう。主に原因は冷えですが、一概に冷えと言っても年代や性…

【北海道民は知ってる】美味しいごはん、絶品のお土産、ここだけの風景…「十勝」8ランキング

爽やかな晴天「とかち晴れ」でも知られる北海道の十勝エリア。ざっくり言って北海道の右側で、中核の帯広市のほか、陸別町や足寄町、浦幌町など19の自治体から成るエリアです。この秋、イタリアが誇るコンパクトカー…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事