セブンで発見!サラダチキンが5分で具どっさりスープになるパウチ

先月リリースされるや否や、ネット上で話題になっていた『今夜は手づくり気分』シリーズをご存じでしょうか。

コンビニエンスストアで売っている「サラダチキン」を使用すること前提の、コンビニ専用商品。

コンビニ内の食材だけでごはんがつくれてしまうという、そんな着眼点にびっくりしました。

さっそく購入。

はじめ缶詰等売っている食品棚を見てしまったのですが、実は冷蔵商品なのでサラダチキンが置いてある棚に一緒に存在します。

 

サラダチキンをほぐして注いでチンするだけ。でも手づくり気分は味わえるってありがたい。

AJINOMOTO 今夜はてづくり気分 「サラダチキンでつくる参鶏湯」、「濃厚ミネストローネ」、「お豆腐と卵でつくるスンドゥブ」の3品。

お値段税込230円。いずれもコンビニのみでの扱いで、参鶏湯のみ、セブンイレブン専用商品です!

もっとも気になるのはやはりサラダチキンを使ったスープである、参鶏湯とミネストローネ。

本命からいきましょう。

サラダチキンのプレーンと「今夜はてづくり気分 参鶏湯」を用意。

電子レンジOKの器に、サラダチキンをほぐします。

参鶏湯の封を切って入れて。。。

ラップをかけて3分強、電子レンジでチン。

あっという間にできました!

実に簡単。お腹がすいて帰ってきても、皿ひとつでできて、鍋も使わず5分あまりでアツアツスープにありつけるなんて。

しかもおいしいときたら、これは便利すぎます。

うっすらととろみがついて、塩味もしっかり、ご飯つぶも入っておりほんとの参鶏湯に近い感じで味わいは満足。このお値段でしたら十分ではないでしょうか。

この時短っぷりが働く女性にもありがたい。

これだけでも十分だったのですが、ちょい足ししてみました。長ネギと黒こしょう。

 

全体的にやさしい味なので、薬味とスパイスのパンチが欲しくなり、ガリガリ黒こしょうをひいてみましたが、ピリッと味がしまってこれまたうまいのでした。

濃厚ミネストローネもチキン丸ごと入ってボリュームスープに!

続いて濃厚ミネストローネにトライ。もうプロセスというほどのモノでもないので、続けてどうぞ。

チンする前は、少し白っぽいトマトクリームソースのように見えたのですが、温めるとすっかりその感じが抜けてさらさらになりました。

ラップを外したときに、思ったよりもニンニクなどのスパイスの香りがかなりします。

サラダチキンが1枚丸ごと入っているのでかなりのボリュームで、夜遅いごはんでも、糖質を気にせず食べられるのもうれしい点。

ミネストローネというと、ニンジンや玉ねぎなどの野菜がたくさんあるイメージをしていたのですが、どちらかというと、トマト味のスパイシーなチキンスープ、といったほうが味が伝わりやすそうです。

しかし、胸肉なのに温めることでやわやわになったチキン。いくらでもいけそう。

今回プレーンでつくりましたが、ハーブチキンを使用するのもアリだと思います。

豆腐と卵でつくるスンドゥブチゲも外せない

最後に、夕食の1品にしてみた「スンドゥブチゲ」。

この「今夜はてづくり気分」シリーズの特徴は、サラダチキンのように完成品をプラスすると1品ができてしまうというところ。

サラダチキンはそれ単体でも食べられるものですが、家庭にも常備しているならこれほど便利なものはない食品を忘れていませんか? それは豆腐と卵。

「今夜はてづくり気分」の中で、より手づくり感を味わうことができるのがこのスンドゥブ。

わが家で常備している長期保存が可能な豆腐を、スプーンでざっくりと小鍋に入れます。

そこに「~てづくり気分」を投入したら火にかけます。

ぐらぐらしてきたら卵を割り入れて、ふたをして、卵の火の通り具合を見ながら完成。

あっという間に1品できました。卵はとろっと半熟仕上げ。

しっかりあさりの粒も入っていて、お味は本格的。

卵と豆腐なら、コンビニ内にもあるので材料がない、ということにもならなそう。

さすがクックドゥで中華料理のハードルを下げてくれた味の素さんだけに、このコンビニ専用商品はすごい。

料理嫌いの人、忙しかったり、一人暮らしで料理も億劫という人たちでも、あったかくておいしい手料理を食べてもらおうというメーカーさんの気持ちが見え隠れします。

こうして、コンビニエンスストアとスーパーマーケットの垣根がどんどんなくなってくるのでしょうねと思った商品でした。最後に全部白飯をぶちこんで、おじやにするのもアリですよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク