【九星フラワー占い】二黒土星の12月は「キラキラした時間、称賛が!」

2019年の年末が近づいてきました。

クリスマス、忘年会と楽しいけれど、お金も出ていくイベントがいっぱい。

そんな中で、世の中の空気感に迷わされず、自分らしい充実した日々を過ごすポイントをお話ししていきます。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

忙しさと緊張の1ヵ月に!

11月の二黒土星は 小休止をとる ことがでも大切でした。

どうでしたか? 心と体を落ち着けることができたでしょうか。

12月は 大変忙しい時期になることが予想されます。

立場の高い人、世の中で成功している人から何かしら頼まれごとをするかもしれません。

あるいは、思いがけない難しい重要度の高い仕事が回ってきて、その仕事が身動きが周囲の人の注目を集めると言ったことがありそうです。

注目され、キラキラした時間もやってくる

今月の二黒土星は、とても華やかな雰囲気を纏っています。

例えばクリスマスパーティーや忘年会で、みんなの前で挨拶をするとか、ファッションが素敵と注目されるとか、この一年間頑張ってきたことを「あれはとても良かったね」と賞賛されるようなキラキラとした嬉しい瞬間を迎えそうです。
つもりここまで頑張ってきたことの集大成を迎える時期と言えるだけですです。

ちょっと頑張って納得するまで、これまで行ったえきたことを形にするということに取り組んでみるといいと思います。

強引にならないように注意を

それは、仕事に限らず 誰かとの人間関係であるとか、生活環境を変えるという事に取り組んで、きっちりと、新しい自分が望む形 に整える。

それは、人間関係を「この人と密にして、この人とは 距離を置く」といった、その関係性を自分の中で再構築するということも含まれると思います。

ただし強引にではなく、あくまで静かに。人を傷つけることなく、です。

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、こちらもやはりでも華やかなものになるでしょう。

なんとなく気になっていて、向こうも好意があるかなと思うような相手と、恋人同士になるという可能性もありそうです。

今まで付き合ってきた人とは違う、もう少しスペックが高い男性からのアプローチがある、そんな可能性もある楽しみな1ヵ月です。

金運に関しても、例えばボーナスの金額が思っていたよりも良かったり、素敵なプレゼントをもらったり、嬉しいことはありそうです。

ただ、いただいた時の態度というのも人に見られていますので、例えばお世話になった人にお礼をするとか、頂いた時に、きちんと感謝の気持ちを表現するということが大切になります。

小さなプレゼントでも、周りの人に少しずつ出たものを還元するということも大きな開運に繋がるでしょう。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、コールドとレッド。つまりクリスマスカラーですね。

お家の中にツリーを飾ったり、クリスマスのオーナメントを飾るというのも、エネルギーアップにつながります。

もちろんファッションにメイクに、コールドやレッドを取り入れることも大いにお勧めです。

ラッキーパーソンは、会社の経営者、あるいは何かの組織でリーダーシップを取っている人、女性であればなお、その人は 開運エネルギーを与えてくれます。

また、父親との 関係を有効に保つことが、今月大きなラッキーに作用を促します。

ラッキーフードは、エビのお寿司。

ちょっと奮発して、回るお寿司ではないお寿司屋さんで食べると、さらに運気が高まりそうです。

自分の殻を脱いで、新しい可能性を見つける ということに、力を与えてくれそうなラッキーフードです。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

★9月の全体の運勢を知りたい人はこちら
(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク