【九星フラワー占い】四緑木星の12月は「困難を越え、気持ちは落ち着く」

2019年の年末が近づいてきました。クリスマス、忘年会と楽しいけれど、お金も出ていくイベントがいっぱい。

そんな中で、世の中の空気感に迷わされず、自分らしい充実した日々を過ごすポイントをお話ししていきます。

※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

困難を乗り越え、落ち着いて過ごせる1カ月

 

体調が悪かったり、人間関係がうまくいかなかったり、お金の事で困ったり、この2019年は悩み多き1年たつのではないでしょうか。

この最後の1ヵ月は、多分自分でも驚くほど 落ち着いて、これまでのことを俯瞰できるのではないでしょうか。

何のために、辛い思いをしたのか、そこで学ぶことがきたこと、今後それをどう生かしていけばいいのかといったことが 、少しずつわかってくるような気がします。

両親や親せきとゆっくりを話したい

 

もし、それが 見えてこないようなら、信頼できる先輩や上司、そして恩師、彼らの 話を聞き、素直に相談してみるということも必要なのかもしれません。

または、両親親戚と久しぶりに会い、そしてお墓参りをするのも運気をあげてくれるアクションです。

 

高い山のうえの神社や寺院にお参りを

 

里帰りするまでに時間があるという人は、お寺や神社にお参りに行くということもいいでしょう。

新しい道を 決めるため、この足踏み時間はとても重要なことです。

ちなみにその神社仏閣は、山の上の高い場所にあることが、とくに開運に役立ちそうです。

今月の 恋愛運と金運は?

恋愛運 ですが とても信頼のできる アドバイザー と言いますか 紹介役を買って出てくれる人 が 現れそうです。

それは 親族 、何かを習っている相手かもしれません。

そういった人からの紹介であれば、見込みがあるので、食事などに行ってみるのもいいかもしれません。
金運に関しては、まだ 油断できないところがありますが、例えば無駄な出費などが続いていた人は、それが止まる可能性があります。

逆に、見込んでいた お金が入らなかった時は、お金をくれるはずだった相手、あるいは携わった仕事などに何か問題があり、そのままの状態ではいけないというサインなので よく見直してみましょう。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは ベージュとブラウン。

シックな 色合い を見つけることで、 心の状態が 地に足が ついて物事をよく考える力が湧いてきます。
ラッキーパーソンは何度か出てきていますが 、親戚親族です。

幼馴染も、今会うのにふさわしい相手です。

今月あなたは物事を俯瞰できていますが、まだ気がつかないところ を指摘してくれる心強い相手です。
ラッキーフードは お好み焼きです。もんじゃ焼きなら明太子入り選んでください。

なぜかリラックスした気分になり、これから行動を起こすにあたって やる気 を与えてくれる ことでしょう。

 

バラの花が象徴する四緑木星の魅力とは

5月のさわやかな風に揺れる可憐なバラが四緑木星を象徴しています。バラは姿が美しいだけでなく、いい香りで人の気分を和ませます。清潔感があり、上品でさわやか、そして人を和ませる力が、これが四緑の女性本来の魅力です。人の気持ちを尊重するあまり、優柔不断なところもありますが、風にゆれるように「どうしようかな」と迷う姿がまた男性の心を惑わせていたりします。ピンクのバラの花言葉は、「しとやか、上品」「感謝」「幸福」です。人から感謝され、人に感謝する生き方が幸福であることを四緑木星の人はよく知っていますが、なぜか身内に厳しいという一面も。

※12月の全体運を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク