「温温」は「おんおん」ではありません。みんなが読めそうで読めない副詞3つ

同じ漢字を二つ重ねて表す畳語(じょうご)。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

1・「遅遅」の読みは?

「おそおそ」? そうではありません。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「遅遅」の意味は次の通り。

  • 物事の進み方が遅くのろのろしている様子

例文「作業が遅遅として進まない」

分かりましたか?

正解は……

例文

  • 作業が遅遅(ちち)として進まない。

「遅」は、ご存知の通り、おそい、のろい、にぶいという意味やおくれる、間に合わないという意味があります。その意味が重なってより強い「遅さ」を表します。

 

2・「賑賑しい」の読みは?

「しんしんしい?」いえいえ、そんな言葉ありませんよね?ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「賑賑しい」の意味は次の通り。

  • 非常に賑(にぎ)やかである様子

例文「賑賑しく迎えられた」

分かりましたか?

正解は……

例文

  • 賑賑(にぎにぎ)しく迎えられた

「賑」は、富み栄えて繁盛すること。にぎわうことやにぎわいを表します。重ねることでより賑やかな様子を表すのですね。

 

3・「温温」の読みは?

ここまで読んだあなたなら、漢字のイメージから想像して読めるはず!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「温温」の意味は次の通り。

  • 気持ちよくあたたかい様子

例文「部屋の中が温温としてくる」

分かりましたか?

正解は……

例文

  • 部屋の中がぬくぬくとしてくる。

「温」は、ご存知の通り、温かいという意味の感じですね。ぬくい・ぬるいという意味もあります。二つ重なることで、より温かい感じを表すのですね。

 

どうでしたか? どれも普段使っている単語だったと思います。漢字で書くと読めないこともあり、このような畳語は仮名表記することが多いのですが、漢字で書くとこういう字を使うのだと分かっていると、これらの畳語をより深く理解することになると思います。日本語って面白いですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク