【九星フラワー占い】六白金星の12月は「つながりは優しく温かく」

2019年の年末が近づいてきました。クリスマス、忘年会と楽しいけれど、お金も出ていくイベントがいっぱい。そんな中で、世の中の空気感に迷わされず、自分らしい充実した日々を過ごすポイントをお話ししていきます。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

疲れているけれど、顔を出してと頼まれる

11月は まるで走り抜けるように1ヵ月間を過ごした 六白金星も多いのではないでしょうか。

その疲れは12月に 強く影響しそうです。

ただ、運気が 強い六白金星ですので、周囲からはなかなか放っておいてもらえません。

個人的な頼まれごとであったり、仕事の依頼があったり、もしくは楽しい飲み会の誘いというのもあるかもしれません。

 

無理をしても「してあげた」という思いは人望を失う

無理をしてでも力を貸そう、参加しよう、そう考えるのはとても良いことですが、 行ってあげた、やってあげたという気持ちが少しでも顔に出てしまうと、途端に 人望が失われてしまいます。

この時期は、人間関係がとてもデリケートな状態にあります。

疲れすぎると不機嫌になるのであれば、一人の時間を大切に、ゆっくりと過ごすしかありません。

クリスマスカードや年賀状はご縁を温める

 

実際に会えない人の中に大切な人がいれば、メールをする、クリスマスカードを送る、年賀状を書くといったことが、 つながりを 暖かく優しいものに保ってくれそうです。

特に外国や遠くに住む人への連絡が、ラッキーアクションになるでしょう。

そのやり取りの中で、もしかしたら新しい発見があったり、これからの行動のためのヒントが隠されているかもしれません。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、心と体が弱っているすきに、タイプではない人とうっかり、ということがないように注意してください。

特に年上の ちょっと助けてあげたくなるようなタイプは、危険です。

秘密の関係になる、なんてことが起こる心配があるので、いい人そうでも様子を見ましょう。

金運ですが、残念なことにあまり良くありません。

宝くじなどで一攫千金、なんて思わないようにしましょう。

またお財布を落としてしまう、すりにあう心配もありますので気を引き締めてください

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ブラックと モスグリーンです。

この色の組み合わせは、心と体を落ち着かせてくれるパワーがあります。

また周囲に対して、落ち着いている人という印象を与えますので、気軽に何かを頼みんでもOKと思われない、そんな効果も期待できるかもしれません。

ラッキーパーソンは、お掃除が得意な人です。

もしかしたら、会社に入るかもしれない人、その人が 年末の片付けの時に、オフィス全体を自分以外の場所も綺麗にしているようでしたら、ぜひ皆に聞こえるように感謝の言葉を言ってあげてください。

ラッキーフードは、 海鮮の中華そばです。

たぶん疲れてる時でも、するすると食べられて、心と体を元気にしてくれるはずです。

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※12月の全体運を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク