【九星フラワー占い】一白水星の2020年上半期の運勢は?

新しい風が吹いています。しかも驚くべき風速で。
そんなこの世の中で、どのようにすごしたらいいのか、迷った時の指針になればと願い、星のメッセージをまとめています。
2020年は何かしら成果が見えるかもしれません。どうか、あなたらしい花を咲かせてください。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

2019年を楽しめきれていない人は、1月が勝負!

一白水星の皆さん 2019年は 少しは生活を楽しむ 頑張りすぎず ほどほどの自分 自分らしさ 大切にして生きるということ のヒントを見つけられたでしょうか。

あまり 楽しめなかった という一白水星の方は、せめて本格的な2020年が始まるまでの あいだ 新年会の時期でもありますし、パーティーなどを楽しんでみてください。

やり残しをしないことも運気アップには大切ですから。

2020年は足元にご用心!

2020年の一白水星は、八白土星という星の影響を受けます。

八白土星は、 変革、そのための停止という意味があることを、この八白土星が世の中の中央にあった2019年の間に何度かお話ししています。

つまり、去年の世間の雰囲気が、何となく一白水星には強く残る続くような印象があります。

進もうとしているのに、ぬかるみに足を取られて進めなくなるような、そんなじれったいことが続くかもしれません。

もしそう感じたら、それは止まって考えろというサインですので 焦って無理やり進んだりしないでください。

逆に言えばそうやって足止めされるということを前提に準備することが大事です。

まさに旅行に行くということがあれば、電車が遅れるということを予想して行動する、旅先で雨が降って足元のぬかるみを歩かなければいけないということも考えて、防水性の靴を履くということをしてみてください。

泥沼の関係が清算できるチャンスも

もう一つ付け加えると、逆に今までうまくいかなかったこと、やめたいのにやめられなかったこと、抜け出したいのに抜けられなかった環境、そういったものが止まる、そこから抜けられるという可能性があります。

ですから2019年は、本来楽しく過ごせる年だったのに、自分は楽しく過ごせなかったと思っている一白水星さんがいたら、逆にここ で その苦しい状況 からの解放があると思って希望を持って過ごしていただきたいと思います。

その抜け出せなかった状況の中から抜けられるものの中には、もしかしたら、泥沼の関係が清算される、あるいはなかなか結婚話が進まなかったのにここからそういう話が急に進み始める、といった可能性もあります。

誰かの何かを引き継いだら、それは幸運の兆し

また、誰かから何か大切なものを引き継ぐ相続するということもあるかもしれません。

そのせいで今まで自分が大切にしてきたことをいっぺん手放したり、 中止させるようなことになり、不本位に感じる人も多いのかもしれません。

とはいえ、この流れに乗ると、その後順調に人生が進む可能性がありますので、どうか、がっかりしたり絶望したりふてくされたりしないでくださいね。

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★2019年後半の全体運を知りたい人はこちら
(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク