【12星座ランキング】気をつかいすぎて疲れちゃう……隠れ人見知り星座

2020.01.02 FORTUNE

どんな場所でも誰とでも上手に交流し、人見知りになんて全然見えない……でも、実は相当気をつかって頑張っているんです! そんな人、結構いるんじゃないでしょうか?

今回はそんな、隠れ人見知り星座をランキングしてみたいと思います。

12星座中、もっとも「隠れ人見知り」なのは……?

1位・気が利きすぎるかに座

かに座はとても優しく、周囲に気配りができる人です。周囲の人はそれをキャラクターだと当り前のようにとらえていますが、初対面の人と話すのは実は苦手。でも、相手の立場に立って、無理をして話しかけて盛り上げようとするのです。自分から積極的に話しかるため、周りはだれもかに座を人見知りだとは思っていないでしょう。

2位・場の空気を読むおとめ座

おとめ座はその場の空気を誰よりも早く読むため、「ここは盛り上げねば!」と思ったらどんなに疲れていようが気をつかい、気を配り色々な人に話しかけていくでしょう。でも本来のおとめ座はとても引っ込み思案。使命だと思えばこそ社交的にふるまっていますが、本当は誰とも話さずにゆっくりご飯を食べている方が好きなのです。

3位・円滑なコミュニケーションを求めるてんびん座

てんびん座はどこからどう見ても人見知りではありませんが、どんなに合わない相手でも話の糸口を探り出し、盛り上げようとします。コミュニケーション能力の高さは天性のものですが、それだけではなく、「どんな人とも仲良くしたい!」という気持ちと努力があるからです。パーティーの後ぐったり疲れてしまうこともあるでしょう。

4位・ペースを乱されたくないおうし座

おうし座は人見知りではありませんが、自分のペースを乱してやたら話しかけてきたり、馴れ馴れしくされるのがとても苦手です。でも、大人なのでもちろん顔には出しません。そんなときは相当なストレスを感じていることでしょう。

5位・気負い過ぎると失敗しやすいやぎ座

特に人見知りが激しいわけではありませんが、幹事をやったり、なにかその場で役割を与えられると頑張り過ぎてしまう傾向にあります。責任感が強いため、楽しみたいならばなるべく役からは外れるようにしましょう。

6位・人見知りしないおひつじ座

あまり人見知りせず、無理もしないおひつじ座です。気分が乗らない時は積極的に話しかけたりもせず、人が多い場所でも自分のペースで楽しめるでしょう。

7位・受け身になりがちなうお座

明るく、話すのも嫌いではないのですが、基本、相手や周りに合わせる形なので愛想笑いに疲れてしまうことがあるかもしれません。

8位・場を盛り上げるのがうまいしし座

しし座は場を盛り上げるのがうまく、元々そういったことが好きなのであれこれ準備することも全く苦にはならないでしょう。

9位・常におおらかないて座

いて座は常におおらか。気をつかったり無理をしなくても、にっこり微笑むだけで場の雰囲気を作ることができるでしょう。

10位・出会い大好きなふたご座

新しい人との出会いが大好きで、豊富な話術で色々な人を虜にするふたご座。その社交性は無理をしてのものではなく、本人も心から楽しんでいるのです。

11位・無理なく溶け込めるみずがめ座

みずがめ座は適度に周囲に気を配り、自分が話したいと思った人には話しかけ、どんな場所でも自然に振る舞えるでしょう。無理はしません。

12位・話さなくても場に溶け込むさそり座

さそり座は特に自分から会話の糸口を探らなくても、うまく場に溶け込むことができます。初対面の人が多い場所も苦痛ではありません。

まとめ

いかがでしたか? おしゃべりで愛想がいいと、どうしても「私って人見知りだから」と言っても「ウソだあ」と信じてもらえないことが多いですよね。でも、初対面の人とぎくしゃくしないよう、努力するのは素晴らしいことです。ただ、無理のし過ぎは禁物です。自分は頑張り過ぎているんだという自覚を持って、時にはペースを相手にゆだねてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク