「馬」の一画目、こっちだったか!みんなが間違えがちな書き順の正解

「ほとんどの文字をスマホやPCで入力するので、正直、筆順なんてどうでもいい」と思っている人も多いでしょう。では、そんな現代、文字を書くという機会は、どんなシーンで残っているでしょう。そうですね。冠婚葬祭での記帳、会議の時の板書など、厳粛な場や、皆が注目するシーンでこそ、筆順を見られる場面があります。またそもそも正しい筆順で書くと、文字は美しく書けます。今日は、簡単な文字で、筆順をチェックしてみましょう。

 

「馬」の一画目は縦画?それとも横画?

 

実は馬という字は、昔の人と今の人では筆順が違うことが多い漢字です。昭和33年3月に「筆順指導の手引き」が当時の文部省で示され、それが学校教育の授業や様々な教材で使われるようになった結果、その時に決められた新しい筆順が定着してきたのです。上から下に向けて書く(例「三」)、左から右に向けて書く(例「川」)などのルールも決まりました。では「馬」はどうでしょう?

 

正解は……

先ほどのルールで考えると、縦画が先でも横画が先でも良い気がします。しかし、縦画から先に書くと、実にバランスが良くなります。より美しく文字を書くためにも、筆順は大切なのです。

 

物は試し!実際に紙に書いてみましょう!

 

① 縦画を先に書くことにより、文字の水平の位置が定まる。
② 次に横画を書く
③ その次に縦画を②の半分の位置で書くことにより、左右のバランスも整う。
④ 4~6画を等間隔に書くことで、全体のバランスも整う。

どうでしたか? 文字のバランスがとりやすくなったと思います。

教育現場が混乱しないよう、手引書は作られました。そう、誤った書き順を否定することが目的ではありません。ですから、書き順を間違えて覚えていた人も、がっかりせず、バランスよく美しく書ける筆順にトライしてみてくださいね。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク