着るだけで顔がデカく見える!超危険なニットアイテムとは?

2020.02.13 FASHION

今、もっともシーズンピークに達しているニットアイテム。安定した暖かい日がやってくるその日まで使い倒していきたいものです。しかし、ニットと一言にいってもデザインやシルエットで全身のコーデバランスが大きく変化します。そこで今回は、とくに気をつけたい顔が大きく見える超危険なニットアイテムをご紹介します。

顔が大きく見えやすい代表の「タートルネックニット」

顔が大きく見える代表的なニットアイテムといえば、そうタートルネックニット。タートルネックは首からデコルテラインにかけてピッタリとフィットしているのでお顔の大きさが思い切り全面に出やすいんですね。もともと顔が小さい方でも、タートルネックを着ると大きく見えてしまうほど実に難しいアイテムです。

ただし首が長くて顔の形が逆三角形タイプの方は比較的、タートルネックを取り入れても違和感はありません。もしこれ以外のタイプの方がタートルネックのニットを取り入れる場合は、ワンピースのインナーとして取り入れたり、上からロングカーディガンを羽織ったりとレイヤードテクニックを加えて顔まわりの視線をズラすようにしましょう。

また、タートルネックほどネックラインが長くないハイネック・ボトルネック・オフタートルネックは首が短い方でも取り入れやすいアイテムですので、ネックの長さを調節してコーディネートを楽しんでくださいね。

トレンドだから気をつけたい「クルーネックセーター」

顔が大きく見えてしまう危険なニットのもう1つは、トレンドのクルーネックセーター。クルーネックは昨今のトレンドアイテムの1つなのですが、首が詰まって見えるぶん余計に顔まわりに視線が集中しやすいというデメリットがあります。

先ほどご紹介したタートルネックニット同様に、ボディラインにピッタリとフィットしたシルエットのセーターだとより顔が大きく見えるので注意しましょう。ただし取り入れても失敗の少ないクルーネックセーターがあります。それがケーブルニットなどのローゲージタイプのクルーネックニットです。

ざっくりした編み地のニットであれば、デコルテラインにも隙間とゆとりが生まれて顔まわりへの視線を妨げます。またニット自体がゆったりとしたシルエットをしているとそれが対比になって顔が小さく見える嬉しい効果も。

顔が大きく見えるのを避けるには?

もしすでに顔が大きく見えてしまうニットを購入してしまった場合は他の方法でカバーしましょう。小顔効果のあるスタイリングテクニックとしては、大判のマフラーを巻いてフェイスラインをカバーする方法と大ぶりのイヤリングで視線をズラす方法があります。

ヘアスタイルも頬からエラが丸っと見えてしまうようなスタイリングは避けて、視線をずらしましょう。お洋服でカバーしきれない部分は小物を使ったアレンジに挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク