【九星フラワー占い】七赤金星の2月は「強運! 人への影響力は大」

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、この2月はこれから始まる2020年の金運アップを左右する鍵となる1ヵ月なので、【2/4~3/4の運勢を総まとめ】には、そのポイントをご紹介しました。

ここでは星ごとに、月の運気とあわせて、今年のお守りとなるラッキーアイテムについてもお話していきます。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

強運のなかで2020年がスタート

この2020年が本格的に始まる 2月に七赤金星は、とても運強い、 羨ましいくらいの状況にあります。

けれどもその運強さを 自分のためだけに 使っていれば、天、宇宙、星星からの応援を失ってしまいます。

家族や友人、仕事の仲間のためにも何かを決断していく、道を開いていくということを行う、そんな場面が、今月はありそうです。

そう、その強運を人にために使うといこと。

 

「今だ!」という決断のタイミングがせまってくる

周囲の意見を聞ことも大切なのですが、人が決めてくれるということは 望みが薄いです。

「今だな」というふうに感じたら、どうか覚悟を決めてください。

大丈夫、どうか恐れないでください。

天や星だけでなく、上司しかもかなり立場の高い人や師匠と言うべき人が味方してくれますから、気持ちを強くもって!

恐れると決断が遅れてしまい、それがよくない状況も招いてしまいそうです。

 

人望を失ってしまうと後々まで影響が

また心が暗くなると 運気が下がってしまうので、くよくよ悩まない こと も大切です。

プレッシャーがあっても、気持ちを整理して、人への態度だけは感じよくすること。

イライラした態度で人望を失うと、今月以降にまで影響するので要注意です。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、ハイスペックな男性とご縁ができる可能性があります。

その男性は、もしかしたら外国の人 という可能性もありますので 楽しみに してみてください。

いつ出会えるかわからないので、この期間だけでも彼ら好みの女性らしい服装を心がけたいものです。

金運も高運気にあります。

これまで接点がなかった、遠い世界から思わぬプレゼントが届くかもしれません。

それが後々にもつながる収入減のヒントになるかしれない可能性があります。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは ミントグリーンとパールカラーの組み合わせです。

パールカラーは真珠そのものを身につけてもOK。

おごりや 自己顕示欲 を含まない リーダーシップを発揮する力を与えてくれます。

また、2月4日以降に自分のために買うものの色をブラウン系にすると、それが2020年の間のお守りとなります。

ラッキーパーソンは、外国人あるいは海外の駐在経験がある、または海外の市場を担当する上司です。

その人が持つ海外の“気”が、視野を広げてくれます。

ラッキーフードは、穴子かウナギの入った海苔巻き。

悩ましい気持ちのとき、その気分転換にピッタリの食事です。

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク