【九星フラワー占い】三碧木星の4月は「優しいメールが開運のカギ」

春だというのに、不安の多いこのタイミングですが、星が発する声なきメッセージの中の希望の光を見つけていきたいと思います。

4月16日から5月の初旬まで、夏へとむかう季節の移り変わり❝土用❞の時期になります。

この時期は体調を崩しやすいので、充分に休みをとることも大切ですが、希望のほうに眼差しをむけて、気持ちを落ち込ませないようにしてくださいね。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

先月の不調から解放されるが、一気に走り出さないで

先月の不調から解放されて、少しずつ元気が出てきそうです。

そなうると、さっそく動き出したくなる三碧木星の人は多いことでしょう。

せっかちで、何事も思いついたらパッと行動に移したい三碧木星ですから、ついて来れない人を待つよりも、単身で行動している様子がよく見られます。

けれども今月は、仲間を作ること、チームを整えることを優先してほしいと思います。

 

縁の下の力持ち的な役割にラッキーが

孤独になることを、可能な限り避けてください。

これまで続けてきたことがなかなか上手くいかなくなり、グッとがまんをしなくてはならない、ということが起こる心配があり、その場合に心の支えとなる存在を大切にしておきたいからです。

そしてチームを整えるためには、裏方や縁の下の力持ち的なことをしなくてはならなくなる、ということが予想されますが、こういった役割をしっかりとはたすことが、今後の運気の安定に役立ちます。

 

母親や故郷の友人が開運のカギ!

母親や幼馴染などにメールを送ると喜ばれます。

もちろん、丁寧で優しい文面であることが肝心。

そこから味方が増えたり、思わぬ有益な情報がもらえたりしますので、ぜひ!

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、異性からの人気は高まります。

母親や地元の仲間からの紹介などは有望です。

時期も時期ですから、お見合いなど顔をあわせるチャンスは後のことになるかもしれませんが、メールのやり取りなどをして、励まし合える相手かどうかを確かめるといいのではないでしょうか。

金運は、動き回ることができないので、いつもにくらべて支出を抑えることができそうです。

ここで貯蓄をしておくことは大切。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ブラウンカラーとグリーン。

あなたのオーラを落ち着いた雰囲気にまとめ、「先走り」をしてしまうことを止めてくれます。

普段なかなか連絡が取れなかった人とも、改めてつながる、そんなラッキーを招いてくれるでしょう。

ラッキーパーソンは、幼馴染の女性です。

ぜひ「こんな時だけど、元気?」と無事を確かめるメールや手紙を送ってみてください。

そういった細やかな心遣いが、狭い範囲から世の中全体へと広がる潤いの一滴になるはずです。

ラッキーフードは、納豆そば。

免疫力を高めることは、ウイルス感染の予防にもつながりますから、納豆などは食べておいて損はない食品ではないでしょうか。

人間関係を健全なものにするための労力にたえる力を与えてくれるメニューです。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク