【九星フラワー占い】六白金星の5月は「人からの評価が急上昇する」

自宅で過ごす日々が長くなってきました。

いつもとはちがう時間の過ごし方のなかで、不安や不満、何かしなくてはという思いが大きくなってきているのではないでしょうか?

できること、すべきことを見つけるお手伝いができないか。

今月はこんなことをテーマにお伝えしていきたいと思います。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

完璧な存在でありたいという誇り

お願いしたことを、きっちりとやり遂げてくれる、 しかもとても忙しい状況にあってもあっさり引き受けてくれたりします 。

六白金星の生れの人とお付き合いをしていて、いつも素晴らしいなと思うのはこのようなところです。

彼女たち、彼らがそうしてくれるのは、無理難題も引き受けられるだけの体力を天から与えられている、ということもありますが、やはり完璧でありたいという気持ちの強さにあるのではないでしょうか。

そのせい(おかげ)で、どのような組織にいての、しっかり者という印象のを周囲に与えていることでしょう。

この人に任せておけば大丈夫と思えることは、本当に人の気持ちを楽にします。

 

相談や依頼が殺到しそう

ですから、きっと今、色々な案件の依頼や相談があなたのもとにきているのではないでしょうか。

さすがの六白金星もちょっと慌てたり焦ったりしてしまい、余裕を失ってしまわないか、そこが心配です。

今、六白金星の視界はとても開けていて、問題が生じればその原因が見えているような状態なのですが、余裕を失うと、合理的な振る舞いでスピードアップ、効率化へと向かっていきそうです。

合理的な振る舞い、端的な言葉で鋭い指摘をすると、周囲との雰囲気がとたんに悪くなります。

すると、人のために努力しているのに、その人たちの心が離れてしまう恐れがあるのです。

 

家族との会話が仕事運を高める

心に余裕を持ち続けるためには、尊敬する人に相談する、直接話せなければその人の言葉を聞くこと。

気分転換のために、人気の少ない高台の場所で街を見下ろしてみる。

そして、家族とゆっくり食事をすることなどが重要です。

もし、まだこの段階でステイホーム週間が続いていて、家族と離れてる暮らしているようなら、せめて電話などでゆっくり会話をしてみてください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、理想的な相手があらわれるかもしれませんが、なかなか距離が縮まらなかったり、関係が深まってから相手に何か事情があることがわかったり。

ぬか喜びのようなこともあるかもしれませんが、焦らずゆっくりと時期を待つことが、今は大切です。

金運は、収入アップがあるかもという情報をキャッチするかもしれません。

ただ、思ったほどの金額ではないかもしれませんが、チャンスが消えたわけではないので、あまりがっかりしないで。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、メタルカラーとベージュ。

メタルカラーは貴金属を身につけるということでもOKです。

とくに不安を取り除き、自信が欲しいときに身につけてください。

ラッキーパーソンは、老舗の会社の経営者。

本人となかなか会う機会がなければ、そういった会社の製品を買ってみるというのもいいでしょう。

ラッキーフードは、さつまいもの天ぷら。

私がやらなくては! という自分で自分に強いている緊張感から解放してくれます。

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク