おうち時間で「本当に眠れる」を追求。目の専門家オススメの目元ケアとは?

2020.05.01 BEAUTY

外出自粛の期間が続く中、おうち時間を「おこもり美容タイム」にしようと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメしたいのが「目元ケア」です。

 

おうち時間に睡眠の質を上げる

リモート作業やおうちの中ばかりの活動範囲でストレスを感じることがあるなか、ぐっすり眠れていますか?

ストレス発散とともに、このおうち時間を美容タイムに使いましょう!ふだんフル回転で疲れていた頭や体、目もとのケアには、アイマスクを味方につければ、おうちにいながら「エステタイム」を味わえます。

 

今話題の目元ケアはこちら

2wayで、就寝時のアイマスクとしても、ホットマスクとしても、使えちゃうすぐれモノ。ラグジュアリーなもこもこ素材とダークチョコレートブラウンのカラーが眠りを誘います。

 

では、就寝時のアイマスクとして、ふつうのアイピローとどうちがうのでしょうか?

 

 

まばたきができるくらいの開放感!

眠りやすさにとことんこだわった、3D立体構造

秘密は立体3D構造。日中の仮眠タイムや、マツエクをしている人にもこれはオススメ!

眼科医の先生もお墨付き。人間の睡眠は本来暗い中でこそ最高の睡眠を得られるんだとか。スマホやPCに疲れた目を、睡眠時間で効率的に癒してあげましょう。

また、快眠できて気持ちいいだけでなく、むくみのないクリアな瞳に近づけます。この時期はおうちで自分磨きに徹しましょう。

眼球を圧迫しない立体構造になっているので、まばたきできちゃうくらい目に負担がありません。心地よい暗さで、睡眠の質を向上してくれる、と評判です。

 

温感エステで目元の血行を

 2wayでホットでも使用できるのがこのマスクの魅力!ホットビーンズをレンジでチンするだけで、ホットアイマスクとしてくり返し使えます。ホットビーンズの中は、高級セラミックビーンズと、ローズの花びら。

 

目元を温めることで血行を促進。目元プロデューサーの垣内綾子さんによると「眼球はもちろん、まつげの健康を保つためにも血行を促進して毛穴を温めてあげることは大切」。なにより気持ちがいいのがストレス解放できるおうち時間の過ごし方におすすめ。

 

レンチンするだけでホットマスクに!

高級セラミックとローズの効果でじんわりとろけるようなエステタイムを

左右のポケットに入れるホットビーンズの中には、高級セラミックビーンズと、ローズの花びらを丸々1個ずつ閉じ込めました。

 

レンジでチンすれば、ホットアイマスクとして何度も使えちゃう2wayマスクは、コスパも最強。 1日働いて疲れた目をしっかりケアしてあげることが、目の健康と美しさの秘訣。

 

 

『レンチン1分 くり返し使える ホット&3D目育マスク』

株式会社主婦の友社が3月6日に発売した、目元プロデューサー・垣内綾子さんの『レンチン1分 くり返し使える ホット&3D目育マスク』は、2通りの使い方ができる、ここでしか買えない新型アイマスクです。医療監修は回生眼科院長・山口康三先生。

 

監修

垣内 綾子(かきうちあやこ):1万人以上の目元を変えてきた目元プロデューサー。 芸能人も通うまつ毛エクステサロン「MANHATTAN」代表。 脳と視覚の仕組みを使ったオリジナルアイメソッド「自分史上最高のナチュラルデカ目の作り方」を提唱。

 

目元と顔のケアに!一緒に使うとさらに効果的なエステスティックも大人気。

むくみやコリをゴリゴリ潰してくれる、コリ潰しスティック。『eye棒~むくみ、腫れ、一重の悩みを1日5分で解決!』

 

「顔が変わった!」と評判の声続々。

 

 

 

医療監修

山口康三/ Kozo Yamaguchi

神奈川県出身。1981年、自治医科大学医学部卒業。横浜市立市民病院、神奈川県立厚木病院、神奈川県立藤野診療所勤務を経て、1991年に回生眼科を開院。日本眼科学会認定専門医、日本東洋医学会専門医、日本綜合医学会副会長、血液循環療法協会願問を務める。食事や運動、睡眠などを綜合的に対処する治療法目の綜合医学」を考案し、確立。以来、3000人以上の治療を行い、成果を上げている。また、この治療法医療従事者や一般の人にまで、全国に広める活動も行っている。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 書籍編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク