美容院に行けない!ひと手間で「オバ髪」を解消する4つの対策

2020.04.21 BEAUTY

休業中の美容院も多い中、どうしても半端に伸びた髪がウザい!まとめ髪から白髪隠しまで、美容院に行けない間の対策をまとめます。

1.ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多いんじゃないでしょうか?

そこで今回は、オバ髪を解消しちゃう素敵なアレンジスタイルをご紹介! もちろん、難しいテクニックはなし。早速デイリーアレンジにプラスしてみてはいかが?

>>ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

 

2.脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。

前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシワ隠し面長顔のカバー根元の白髪隠し髪を多く見せるためなど、老け顔やオバ髪がカバーできるから。

でも、40代女性に似合うデザインでなければ、若見え前髪成功とはなりません。そのためには、3つの法則を取り入れることが重要です。

サロンでのオーダーをどうすればいいか、また自分で思い切って切ってみるときのコツは何なのか、3つの法則を人気美容師に聞きました。

>>脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

 

3.オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出てないの!?」と何度か言われたことがあります。

 

「染めてるのよ~。2週間に1度くらい」

「でも、全然傷んでないよね」

「むふふ、そうでしょ~?アレで染めてるからねぇ」

 

……アレとは、ホーム用のヘアマニキュアのこと。どうです、マニアックなアイテムでしょう?(笑)

 

実はワタクシ、実家は美容院で母は美容師、5歳の誕生日プレゼントはカット用のシザーと練習用のウイッグでした。一時は美容編集者として青山のサロンを取材しまくり、美容師さんが読む専門誌の編集部に籍を置いていたことも。そんな私が行きついた「自宅でヘアマニキュア」という選択について、今から熱く語らせていただきたいと思います!

>>オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

 

4.【リアル体験】白髪うまく隠せる? ヘアマスカラで白髪染めやってみた

出かけようと思って鏡をよく見たら、髪の毛にチラホラなんか白い髪を発見……! ちゃんと白髪染めする時間はなく、もちろん美容院に行ってる時間もない。

とりあえず、緊急対策としてこの白髪を隠したい! ということで、白髪隠し用のヘアマスカラを試してみることにしました。

>>【リアル体験】白髪うまく隠せる? ヘアマスカラで白髪染めやってみた

 

 

スポンサーリンク