まさかそっち?「長」の1画目はどこでしょう。意外に間違えてる!

「長」という漢字は、様々なシーンで使います。「長引く」「会長」「延長」などなど。書く機会も結構多いのではありませんか?

その時ちょっと気を付けてほしいのが書き順。みなさんは、どの画から書き始めますか?

漢字は、左から順番に書きそうだから左の画? それともビシッと横の画から?
正解は……

そう。「長」の1画目は、この縦の画なのです!
ここでまず、全体の半分を決定します。
続けて短い三画を書きます。この画は等間隔に書くと綺麗に。

続けて長い横画。この画でこの漢字の幅が決まります。この漢字は縦長に書いた方が美しいので、全体が長方形になるイメージを意識して書きます。

 

次の縦画は、1画目よりやや左側からスタートするのがポイントです。

では、ここでもう一度「長」の筆順を確認しましょう。

どうでしょうか。正しい筆順で書くと、形が整います。
今、紙とペンを出して「長」という文字を、書いてみてください。綺麗に書けましたか?
間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょうね。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク