「甘いものよりお酒」な人に贈りたい! 珠玉のショコラ3選

もうすぐバレンタインデーです。本命チョコ、義理チョコ、もう決めました? 巷は、魅力的なチョコレートであふれていますが、「バレンタインにチョコレートは贈りたいけれど、あの人、あまり甘いものが好きじゃないのよね~」という相手もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな時に重宝するショコラを厳選しました。普段あまり甘いものをいただかない男性、「甘いものよりお酒だろ!」という男性にこそ、贈りたいショコラをご紹介します。もちろん、自分で楽しむのもあり、です!

シャンパーニュで仕上げた、リッチで繊細な「葉巻ショコラ」

1971年にオープンし、多くのセレブリティーに愛された伝説のレストラン「西洋膳所 JOHN KANAYA 麻布」。2002年に惜しまれながら閉店した、「和敬洋讃(和を敬い、洋を讃える)」の真髄を受け継ぐのが、ショコラトリー「JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)」です。

その同店を象徴するアイテムが「葉巻ショコラ」です。こちらは、「西洋膳所 JOHN KANAYA 麻布」の創業者で、日本最古のリゾートホテルのひとつ「日光金谷ホテル」の創業者、金谷善一郎の孫にあたる、ジョン金谷鮮治氏が愛した葉巻を模したもの。包み紙につつまれた様子は葉巻そのものです(笑)。

あえて生クリームを使わず、赤ワインで仕上げた大人ガナッシュに、ミルキーなクーベルチュールチョコレートを薄く塗り、職人技で巻き上げています。葉巻の断面は渦状になっていて、薄く繊細なパリパリとしたショコラの食感がたまりません。

その「葉巻ショコラ」に、シャンパーニュバージョン「葉巻ショコラ シャンパーニュ」が登場しました。こちらは、鮮治氏が愛飲していたシャンパーニュ「ナポレオン」だけで仕上げた大人のガナッシュに、クーベルチュールチョコレートを塗って巻きあげました。オリジナルの「葉巻ショコラ」同様、断面は渦状になっていて、ミルフィーユの様な食感と「ナポレオン」の味わいを堪能しましょう。

また、バレンタインシーズン限定で、「ラグジュアリーボンボン」スペシャルアソートも登場中。ブランデー「ヘネシーX.O」と、独特のスモーキーな香りが特徴のアイラモルトウィスキー「アードベッグ」のほか、スペシャルアソート限定で、オレンジリキュールの最高峰「グランマルニエ」、マイルドで香り高いラム酒「ロンサカパ」、甘くて複雑なアロマを持つポートワイン「テイラー」のボンボンが楽しめます。

お酒との融合と風味を存分に活かしたショコラは、「JOHN KANAYA」が最も得意とするところ。お酒の魅力を最大限にいかしたチョコレートは、「甘いものよりも、酒だよな!」という男性の心もとかしそうです!

料金:葉巻ショコラ シャンパーニュ 3,300円(税別)、ラグジュアリーボンボン スペシャルアソート 2.300 円(5種各1粒入り、税別)
取り扱い店舗:JOHN KANAYA 恵比寿店、JOHN KANAYA東京スカイツリータウンソラマチ店、JOHN KANAYA オンラインショップ、 その他一部百貨店
・「ラグジュアリーボンボン スペシャルアソート」の販売は、2017年2月中旬まで
http://johnkanaya.jp/

主役は日本の冬の香り「柚子」! 老舗料亭が手がける和のチョコレート

「紫野和久傳(むらさきのわくでん)」は、あこがれの京都の老舗料亭「和久傳(わくでん)」が手がける菓子専門店です。絶対に外さない、大人の手土産の定番「れんこん菓子西湖」をはじめ、料亭の仕立てる炊きもの「和煮」や羊羹、おかきなど、老舗料亭のセンスが光る見目麗しい品々がずらり。贈り物を選ぶなら、ここに足を運べばまず間違いありません。

数年前、その紫野和久傳の丸の内店で、私が運命の出会い(笑)を果たしたのが、柚子の時期だけに発売される冬の限定商品「柚子チョコレイト 柚香(ゆうか)」。厳選した柚子の皮を上品な甘さのピールに仕上げ、チョコレートでコーティングしたもの。「柚香」の名の通り、柚子のさわやかで上品な香りがふんわりと広がります。

「さすが料亭!」と唸りたくなる重厚感のある箱の中には、薄紙に包まれたチョコレートが美しく入っていて、なんともエレガント。目上の人への贈り物にぴったりです。

ちょっぴりほろ苦い柚子のピールは、日本ならではの味覚。ふだん甘いものを食べない、ロマングレーの男性にプレゼントしたところ大絶賛。以来、彼への手土産はこればかりです(笑)。その紳士談、シングルモルトのウイスキーにも合うそうです。今度試してみよ~っと。

実際に食べてみたのですが、チョコレートと柚子がいい塩梅で共存。どちらかというと、柚子の存在感のほうが勝っているでしょうか。老舗料亭が自信をもって作りあげる「柚子チョコレイト 柚香」は、甘いものが苦手な男性や美味しいものを食べ慣れている男性にあえて贈りたい、とっておきのチョコレートです。で、つい自分の分も買ってしまうんですけれど。

料金:柚子チョコレイト 柚香 1,944円(50g) 、4,104円(110g)、いずれも税込
http://www.wakuden.jp/shop/?page_id=910

チョコレートに洋酒の美味しさを閉じ込めた、ウィーンの老舗が手がける新作に酔いしれる

約650年にもわたってヨーロッパに君臨してきた、ハプスブルク家に愛され、今なおウィーン市民を魅了し続けている、1786年創業の老舗菓子店「デメル」に、2017年のバレンタイン商品として、新たなチョコレートが仲間入りを果たしました。

リモンチェッロ、アマレット、アイリッシュクリーム、グランマルニエの4種類の洋酒のガナッシュをそれぞれチョコレートでコーティングした、「洋酒のトリュフ」です。お酒好きの心をわしづかみにすること間違いなしのこちらは、お客様の要望をかたちにしたものだとか。「これはいち早くいただかねば!」と早速、試してみたのですが、チョコレートに、それぞれの洋酒の美味しさを閉じ込めた、お酒好きには堪えられないアイテムに仕上がっています。これ、それぞれのお酒とともに、いただくのも楽しそう! 2つずつ入っているので2人で楽しく、あれやこれやいいながらいただくのもいいですね! ま、私はひとりで2個ずついただいて、それはそれで楽しいんですけど。個人的には、杏のリキュールの甘味とミルクチョコレートが織りなす、「アマレット」が好み。スイートな大人の時間という感じで、思わずにんまりです。イタリアを起源とするリキュール「リモンチェッロ」のショコラは上品な甘みがさわやかに口内に広がります。

洋酒のラベルをイメージしたパッケージもエレガントで、テンションがアップ! これ、食べ終わったら何に使おうかしら。あれ、なんだか全然、「誰かに贈る」感じではなく、自分で食べるための紹介になっていますが、酒好きの心をとらえる、おしゃれでおいしいショコラは、プレゼントにしてもきっと喜ばれるはずです!
料金:洋酒のトリュフ 2,592円(8粒入)、税込
販売場所:全国百貨店デメルショップ、全国百貨店バレンタイン特設会場など
http://www.demel.co.jp/

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

台湾みやげに大人気の調味料「沙茶醤」!自宅での使いこなし方

調味料シリーズ前回のお話は→こちら使い方無限大の調味料調味料シリーズ最後は定番中の定番沙茶醤(サーチャージャン)!魚介ベースの万能ダレで、ちょこっと入れるだけで…

寒天×さつまいもで「あの名店の芋ようかん」ができた!

いつでもたっぷり食べたいさつまいも。スイートポテト、ブリュレ、クッキー、サラダ、いろいろなレシピがありますが、中でも「芋ようかん」は、東京駅の手土産ランキングで…

おひとりさまが初めて「一人で国内旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

2年前(え、もうそんな?)、OTONA SALONEのアサミ編集長による、「初めての一人海外旅行」の指南がなかなかの好評でした。>>おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3そして2年…

「おひとりさまの国内旅」に飛騨が支持される理由って?

温泉あり、美味しいものあり、そして、文化の香りが漂う飛騨地方は、大人の女性の旅のディスティネーションにぴったり。恋人や友人同士はもちろん、ひとり旅にもおすすめです。「美味しいものを食べて、のんびりした…

「いいヤツなんだけど」…40代独女の辛かったデート体験

正直、今回のハナシは書くのを迷った。私の狭量な小人物ぶりをさらけ出すようで恥ずかしいからだ。しかし、あえて書くことにした。ある意味、決意表明として。今回は、私の直近の「デート」を紹介する。「いいヤツが…

私が「非婚主義」になった原因は…地獄の婚活パーティー体験談

今回は私が2、3回、参加した婚活パーティーの体験談を。とはいっても、約10年も前で今とはシステムが違っているかもしれない(そもそもその頃、「婚活」という言葉はまだいまほど一般化されていなかった気がする)。…

40代、おひとりさまを満喫する私の「結婚」にまつわる生きづらさ

別に誇っても恥じてもいないが、私は四十数年の人生において、一度も結婚していない。する予定もない。「国立社会保障・人口問題研究所」の「人口統計資料集2018」によれば、50歳まで一度も結婚したことのない人の割…

「苔めぐり」は秋もオススメ。苔が美しい京都の5つの寺院

四季ごとに異なる表情を見せる京都。このところ、外国人の観光客に大人気ですが、日本人だって大好きですよね。個性的な寺院や、ご飯、スイーツ……。魅力的な要素がたくさんあります。今回の提案は「苔」をめぐる京都…

「意識高い系」北海道リゾートステイ、おひとりさまが体験してみたら…?

21気づけば夏も終わりの気配。あー夏らしいこと全然していないな。だからといって暑いのも勘弁だけど……。長く休みは取れないけれど、2日くらいならなんとかなる! そんなわけでこの夏は北海道で、2日間のリゾートス…

焼き鳥デートによし、コスパよし!行列店から独立の新店、五反田「とり口」

カジュアルなものから高級系まで、焼鳥のお店っていろいろありますよね。そもそも私、個人的には焼鳥って、日本が誇るべき食文化のひとつだと思っています。庶民系からおハイソ系まで、TPOに合わせて選べるのも優秀…

日本初上陸&東京初進出。いまチェックすべきスイーツ3つとは?

まだまだ暑さが続くなか、日本初上陸、東京初進出となる、気になるスイーツショップのオープンが控えています。話題となること必至のショップたち、アドレスに加えておいて損はないはずです。ハワイ生まれのバナナソ…

ドン・ペリニヨンかき氷登場!いつもとは違う「大人のかき氷」に注目が集まっています

夏真っ盛り! かき氷がおいしいシーズンです。 個性的なかき氷、フォトジェニックなかき氷、多々ありますが、大人ですもの。大人ならではのかき氷で、ほろ酔いになってみません?「ドン・ペリニヨン」使用。究極の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事