カルビーさん圧倒的感謝!まさかの「じゃがビー」がポルトガル料理に?

プロダクトデザイナーときどき料理人、辻村哲也です。
忙しい人のための「21時からのひとりごはん」連載36回目。
緊急事態宣言も解除されましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今回はちょっと目先を変えた料理をご紹介します。

 

スペインではバカラオ、ポルトガルではバカリャウ、イタリアではバッカラ、日本でいうと棒鱈。

 

魚のタラを干したものとその料理は、昔から各地で愛されています。

 

ポルトガル料理の定番、バカリャウ・ア・ブラースもそのひとつ。バカリャウとフライドポテトを卵でとじたシンプルな料理です。

 

コンビニのほっけの塩焼きを干しタラに見立て、ポテトはスナックとして売っているものをそのまま使って、レンジだけで5分ほどで作ります。ほっけとポテトスナックで味付け不要、ポテトのカリカリ感も適度に残って楽しい食感です。

 

トッピングの黒オリーブはコンビニにないかもしれません。なければないでOKですが、スーパーで小袋入りのスライスされたものを見つけたら試しに買ってみてください。これがあるだけでぐっとしゃれた雰囲気になります。バゲットなどパンでも添えれば一食に、つまみにして白ワインもいいですね。

 

お試しを!

 

ホッケとポテトの卵とじ

工程は
1、玉ねぎをレンジでチン
2、その他の材料入れてレンジでチン
です。

 

ポルトガル料理にされるとは思っていないみなさん

<本日の買い物>
・ほっけの塩焼き 1パック
・棒状のポテトスナック(うす塩などプレーンな味付けのもの)1袋(40g)

<その他の材料>
・オリーブオイル 小さじ1
・玉ねぎ 1/4個
・おろしニンニク 小さじ1/2
・玉子 2個
・(あれば)生または乾燥パセリ 適量
・(あれば)黒オリーブ 適量

 

<作り方>

ホッケの骨をはずすのが

 

この料理最大のめんどうポイントです

ほっけは骨とヒレをとりのぞき粗くほぐす。
皮はお好みで。使う場合は細かく切ると食べやすい。
玉ねぎは5mmほどの厚さにスライスしておく。

 

油を使うと温度が高くなるため、ガラス容器などでお試しを

耐熱容器に玉ねぎ、おろしニンニク、オリーブオイルを入れて軽く混ぜ、ラップか蓋をして500w
の電子レンジで1分30秒加熱する。

レンジから取り出し、そのほかの材料を全て入れてよく混ぜる。
ラップか蓋をして500wで1分加熱。

レンジから取り出してもう一度よく混ぜ、さらに500wで1分加熱。
(様子を見て好みの火の通し加減にしてください)

器に取り出し、黒オリーブとパセリを散らす。

さっきまでほっけとじゃがビーだったとは思えないおしゃれ感

 

(*編集部注・当初、編集部がつけたタイトルでスペイン料理と記述していました。大変申し訳ありません。お詫びし訂正させていただきます)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク