【九星フラワー占い】六白金星の6月は「甘い誘惑が多くなるとき」

1年の半分、折り返しである6月、これまでの混乱した雰囲気が変わり、整ってくる可能性が大いにあります。

世の中の変化をただ待つよりも、まずは自分自身から整っていきましょう。そのコツをお伝えします。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

楽しいお誘いが増えてきそう

緊急事態宣言が解除されたことで、少しずつ家族や友人、仕事仲間と会う時間が増えてくると思います。

久しぶりの会話は楽しく、「そろそろ食事にでも行こうよ」といった誘いも多く受けそうです。

アナウンスされている解除基準に従って外食するのならいいと思いますが、ハメをはずさないように注意してください。

これは、政治家やお役人の方々のお仕事を手伝っているわけでなく、今月の六白金星の運勢に影響する星回りが、「油断大敵」と真っ赤なアラート鳴らしているからです。

 

正々堂々とした行いが六白金星の本領

気のゆるみから何かをやらかしてしまうと、不思議なことに他の星の生れの人よりも悪目立ちし、人から非難されやすいのが六白金星です。

それは、完璧さや太陽のような正道をいく存在であることを、天が星が六白金星に求めているからでしょう。

とくに今月は、こっそりやったことも白日のもとにさらされやすい、という運勢になっています。

逆に、正々堂々とした行い、とくに困っている人にちょっとした喜びを与えるようなことができれば、あなたという存在はキラキラと輝きだします。

 

本当に必要なものは失わない

「いい子ぶっていて面白みに欠ける」なんて去っていくような人がいれば、それはそれまでの縁だと思ってください。

あなたの人生に必要なものや人はあなたのもとに残るか、あるいは一度離れても戻ってきますから、安心してください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、この時期に出会う人には、ちょっと面白みに欠けた印象を持つかもしれません。

けれどもそういう人こそ有望です。

逆に華やかに見えてもチャラついているような人は危険人物なので、楽しそうに見えて惹かれても要注意。

金運ですが、臨時収入が入ってきそうですが、パパッと使ってしまいそうです。

何に使うのが有効かよくよく考えてから使うようにしましょう。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、パープルとピンク。

華やかな雰囲気をまとう今月の六白金星にとてもよく似合う色です。

アイメイクに使うと、人の印象に残るだけでなく、人や物の本質を見ぬく眼力がアップします。

ラッキーパーソンは、会話が楽しい女性。

今の自分に足りない物、そしてそれを手に入れる方法を教えてくれそうです。

ラッキーフードは、夏野菜のカレー。

ちょっと辛めにすると、血流がアップし、脳の働きも高まります。

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク