ご覧ください、このカニタマ丼。実は紀文「したらば」と玉子をレンジで2分です

プロダクトデザイナーときどき料理人、辻村哲也です。
忙しい人のための「21時からのひとりごはん」連載38回目。

従来のカニカマからは一線を画した味わいでファンも多く、コンビニにもしっかり売り場を定着させた紀文の「したらば」。
今回はこれを使った簡単丼をご紹介します。
加熱にはレンジを使うのでお手軽ですよ。
玉子と合わせてタンパク質がしっかり取れます。

お試しを!

したらば玉子丼

工程は
1、したらばをほぐして玉子と混ぜる
2、レンジでチン
です。

 

買い物はこれだけ

<本日の買い物>
・したらば 1本

<その他の材料>
・玉子 1個
・めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1
・ご飯 適量

<作り方>

耐熱容器にしたらばを入れて食べやすくほぐす。

 

玉子を割り入れ、めんつゆを入れてよく混ぜる。

 

ラップをして500wのレンジで1分加熱し、取り出して軽く混ぜ、

さらにラップをして20秒程度加熱する(2回目は様子を見ながら好みの半熟加減に)

 

 

ごはんに乗せていただきます。僕はいつものもち麦4割のご飯です。

タンパク質はこれで採れるので、野菜の副菜か汁物を合わせたいところですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク