結婚式出席、二次会から、出産祝い。お祝いのお金はいくらつつむのが相場? 

お祝いごとはいつでも「いくらつつんだら?」と迷うもの。贈答金の金額は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違ってきます。身近に相談できる人がいない場合や、引越し直後で地域の相場が知りたいという場合、いちばん頼りになるのは地元の老舗デパート。冠婚葬祭関連売り場でスタッフに聞いてみてください。そのほか、今回は主婦の友社のアンケートなどをもとに平均を集計しました。参考にしてみてください。

披露宴に出席する場合

160513ino001

結婚祝いはふたつに割れない奇数がよい数とされるほか、四(死)、六(無)、九(苦)の不幸を連想させる数を避けます。お札は新札を用意し、中袋を開いたときにお札の上表面が上になるように入れます。つまり、中包みの表にお札の表がくる入れ方です。  ※(-)はサンプルが少ないため集計なし。単位:円、以下すべて同様

 

披露宴に出席しない場合の結婚祝い

結婚式に出席しなかった場合、お祝いごとらしく吉日を選んで相手に届けます。時間はなるべく午前中に、午後になるときでも15時ごろまでに届くように。訪問する場合は先方に告げ、都合を問い合わせてから。 160513ino002

出産祝い

母子が退院しているか、健康であるかを確認してから、生後7日~1カ月以内に送るのがベストとされます。大幅に過ぎると先方が内祝いを買い足さねばならなくなり、手間をかけてしまうからです。タイミングがずれてしまったら、「遅れてごめんね」などのメッセージを添えて。また、「出産祝い」の名目にこだわらず、お宮参り、ハーフバースデーなどの名目に変えてもいいでしょう。 160513ino003

もっと詳しく知りたい人は!

豊富な写真とイラストで詳しく説明、マナーのすべてがわかる1冊。「手持ちのマナー本は文字中心。もっと写真で実例を見たい!」という人にもおすすめです。

160513ino010

『Ray特別編集 大人女子のはじめてマナーBOOK 完全版』
 著者:主婦の友社:編
 ジャンル:冠婚葬祭・マナー
 発売日:2016/02/23
 ISBN:9784074139200
 判型・ページ数:A4変・108ページ
 定価:本体750円+税

女子大生マガジンNo.1、ファッション誌『Ray』が贈る初のマナーBOOK。仕事や冠婚葬祭などの一般常識はもちろん、職場や友人からも好印象なオトナ女子へのマナーとルールが一冊にまとまりました。 ●社会人になったら知らなきゃダメ![ビジネスシーンのマナー] ●上司やセンパイから一目置かれる[敬語レッスン] ●結婚式とお悔やみ事[冠婚葬祭の常識] ●内定までのリアルストーリー付き[就活、転職で成功するルール] ●仕事の会食から彼とのデートまで、和洋中全てカンペキ[テーブルマナー] ●お祝いなどいくら包むのが常識?[お金のルール] ●お中元&お歳暮からお見舞い、お返し、彼へのプレゼントまで、[贈り物のキホン] ●みんなはどうしている?[SNSとのつきあい方]。 この一冊で、知っておきたい常識はオールカバー。いい女の所作が身について、迷ったときにも頼れる一冊です。

 

■ご注文はこちらから■
アマゾン(リンク) 
honto(リンク)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

独女は老後にいくらかかる? 年金世代のリアルな生活費を調べてみた!

老後の生活を漠然と不安に思っているアラフォー独女は多いと思います。いろいろ不安がある中でも何が一番気になるかというと、恐らく「お金」ではないでしょうか。正直に言…

電子マネーをわざわざ現金でチャージしてる人。1年でこんなに大損!

「Suica」や「PASMO」といった交通系電子マネーを利用して切符なしで改札を通過できる便利な時代になってからずいぶんと年が経過しました。いまや当たり前に利用している電…

3割カット!? 年金カット法案の強行採決で、どうなる将来?

11月25日衆院本会議で年金制度改革法案、いわゆる「年金カット法案」が強行採決されました。これまでも少子高齢化の影響で将来の年金不安が叫ばれていましたが、さらに状況…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータル…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯ではなくヒトを直せ!10年悩んだ私が洗濯物のニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

あなたの家と会社の「通勤経路」は大丈夫?ハザードマップを確認してみて

このたびの豪雨で被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。さて、とりわけSNSでリアルタイムに災害を目にしていた人々は、「果たして自分ならどうしただろう、逃げられただろうか」と改めて畏怖したので…

七夕に願い事がかないそう!光り輝く「金箔」の短冊に願いを込めて

たとえば婚活、資格試験など「ここいちばん」の願い事を抱えている人なら、今週ぜひチェックしたいのが銀座一丁目のGINZA TANAKA 。なんと、きらきら美しい「金箔の短冊」に願いを書いて、店頭の笹飾りにかけること…

ファミマの花畑牧場「生キャラメルチョコミント」今すぐ買って!【ミントと和解】

2018年6月、日本のチョコミント界に大問題作が投下されました。その名も「チョコミントパンケーキ」。https://edit.otonasalone.jp/69535/私のタイムラインにはさんざんこのネタが流れてきましたが、その後あっさり…

【残念】カントリーマアムのチョコミント味、いろんな意味で今のうちに食べて!

弊社の1F にはファミマがあります。生活の不規則な出版社員にとってコンビニは生命線で、私も普通に朝昼夕方夜と寄ってはダラダラと1日2000円くらい消費しているのですが、現在レジ横がチョコミントストリートです。…

40代の「興味あること」って?3位が意外なコレでした!【永井画廊セレクション】

オトナサローネの読者アンケートによれば、40代働く女性が「いま興味のあること」の3位は芸術鑑賞なのだそう。「これから楽しみたいこと」の代表格が歌舞伎や能などの古典芸能、「すでに楽しんでいること」はクラシ…

[PR]

40代一人暮らし女性と地震、普段から備えておきたいものは!

大阪北部地震で被災なさった皆様、影響を受けた皆様、お見舞いを申し上げます。余震があるかもしれませんし、また日本はおおむね全国のどこにでも地震のリスクがあります。とはいえ、防災情報はどちらかといえばお年…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事