それ、かぶっちゃダメなやつ!オバ見えする夏のNG帽子とは

紫外線や熱中症対策として手放せない帽子。気軽にパッと被れるアイテムが欲しいところですが、それと同時に気をつけたいのは、オバ見えしていないかという点ですよね。そこで今回は、被るだけでオバ見えしやすい夏のNG帽子コーデをご紹介します。

登山っぽい…バケットハット

数シーズン前からトレンド入りしているバケットハット。使い勝手も良く、お手入れも楽チンなので、すでに持っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、バケットハットはそれ自体がユニセックスなデザインでなおかつ、年代を問わない定番アイテム。その分、被りこなしひとつで老けて見える可能性も大きいのです。

帽子を被っているから手抜きOK!と言わんばかりにメイクやヘアアレンジを怠ると、オバ見え要素が高くなるので気をつけましょう。野暮ったさが出ないようにコーデはできるだけシンプルにモノトーンで抑えておくとオバ見えを回避できますよ。

UVケア重視し過ぎ…サンシェード

紫外線対策を重視するあまり、オシャレさ皆無のサンシェードハットを愛用してはいませんか?もちろん、紫外線予防としては申し分のないアイテムなので取り入れてはいけないということはありません。ただ、せっかくお洋服をオシャレにしてもゴリゴリのサンシェードだとお洋服の可愛さも台無しに……。

ファッション性を高めたいというときは、サンシェードハットからUVカット加工付きのつば広帽に切り替えて首筋はこまめにUVベースを塗ってカバーするという手法に切り替えてみてはいかがでしょう。さらに日傘をプラスするなど、紫外線予防とオシャレを両立できる方法も取り入れていくと、より一層夏のファッションに自信が持てますよね。

ヘアアレンジにもぜひこだわりを!

暑い日が続くと、オシャレも手を抜きがちに。たまにはそういう日があっても良いのですが、それが基本になるとなんだか心まで老けていくような気分になってしまいます。だからこそ、毎日ではなくてもオシャレを忘れない気持ちが大事!ぜひ、今回のポイントを参考にオシャレという観点からも帽子コーデを楽しんでみてくださいね。