英語で「栗」は「マロン」じゃない?みんなが間違える英語5つ

普段何気なく使う言葉、とっさに英語で言えますか? 「1日1英語」の中から「読まれた順」ランキングです!

 

1位・英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした

こんにちは、駅前留学NOVA講師ジェイコブです。
日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。
今日は「栗」です。

「栗」というと「マロン」というカタカナ語が思い浮かびますが、英語ではありません。

>>英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした

 

2位・英語で「ピアス」は「イヤリング」?じゃあイヤリングは何て言うの?

 

今日は「ピアス」です。

日本では、“耳に穴をあけてつけるアクセサリー”を「pierce(ピアス)」と言うことが多いですが、実は英語では伝わりません。

>>英語で「ピアス」は「イヤリング」?じゃあイヤリングは何て言うの?

 

3位・英語で「トイレ」って言える?その1語では不適切な場合も!

 

今日は「トイレ」です。

「toilet(トイレット)」は国や地域により“便器”という意味になったり、目上の方と一緒に居る時など、状況によっては直接的過ぎて好まれないケースがあります。

>>英語で「トイレ」って言える?その1語では不適切な場合も!

 

4位・英語で「お名前は」って言える?Whatで始めると上から目線かも

今日は「お名前は?」です。

「What’s your name? 」が一般的と思われがちですが、このフレーズだと、人によっては上から目線で威圧的に感じられてしまうことも。

>>英語で「お名前は」って言える?Whatで始めると上から目線かも

 

5位・英語で「リップクリーム」って言える?知らない日本人が多すぎる!

 

今日は「リップクリーム」です。

「リップクリーム(lip cream)って英語じゃないの?」と思われがちですが、実は和製英語。

>>英語で「リップクリーム」って言える?知らない日本人が多すぎる!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク