「それは確実にオバサンだわ」周囲がこっそり萎えてるLINEはコレ

親しい間柄だけでなく、浅い知り合いや仕事関係者とも当たり前のように使うようになったLINE。

でも、気をつけて! 特に若い世代に送る場合、あなたのLINE、「オバサンくさい…」って思われてるかも?

 

オバサン確定LINEその1:顔文字を連続で使用する

少し前に、オジサンっぽいLINEを送り合う「オジサンLINEごっこ」なる遊びが流行りましたが、その中に『イミフな絵文字が、やたら多い』という特徴がありました。

まさにLINEでは、同じ絵文字を複数並べて送信すると、一気に「世代」が出てしまう傾向は否めず、ゴチャっとした印象から独特の妙なテンションを醸し出してしまいます。

これは、絵文字が文中にあろうが文末にあろうが同様で、例えば“嬉しい気持ち”を示したいとしても、笑顔を3つ並べるより軽やかに1つにとどめておくほうが、スマートなメッセージに。また、別の絵柄の絵文字を複数組み合わせて送るのも、オジサンやオバサンが送りがちな“うるさいLINE”に見えやすいです。

この手のメッセージはネタとして数回送るならアリですが、毎度のように絵文字を盛り過ぎると「この絵文字の数は、なにを言いたいんだろう……?」などの疑問を感じさせる機会も多くなります。

出典>>「それは確実にオバサンだわ」周囲がこっそり萎えてるLINEはコレ

 

オバサン確定LINEその2:他人の個人的な情報を悪びれずに送る

「他人がどうしたこうしたって情報を、尋ねてもないのにLINEで送ってくる女性は、信用できないと思っています。

共通の知人の話題になったときに『あの人のお子さんは、3歳と6歳なんだよね』とか『あの人、実はバツイチだけど再婚したらしく、今の旦那様は再婚相手なんだって』という具合に、パーソナルな情報を『私、よく知ってます!』とばかりに伝えるのに得意げな女、ぶっちゃけウザいです。

こういう女は、悪口を言う女と一緒で、僕の情報も他所でペラペラ喋りそうだから、私生活の話は絶対にしたくない」(42歳男性/経営)

他人の個人的な話をペラペラと吹聴する女性は、悪気がなくとも男性からの心象が悪くなりがち。

悪口を言っているわけではなくとも、“口が軽いオバサン”として信用を失っています。

適当な話題が見当たらないときに、共通の知人話をしてしまう癖があると、ご用心です。

出典>>KYなオバサン…!? 男が「信用できない女」だと感じる40代女性のLINE3選

 

オバサン確定LINEその3:「年には勝てない」発言

年齢を重ねると、ちょっとした体の不調や疲れやすさを痛感する女性も、少なくはありません。

同時に、20代の頃よりも体力や代謝が衰えているのを密かに嘆いている方も、珍しくないですよね(かく言う私も、そのひとりです)。

そして、日頃からそんなふうに感じている女性ほど、ちょっとした会話でも「年には勝てない」と、やや自虐ネタのように発してしまうものですが、実はこのフレーズこそ、男性が聞くと即座に「うーん、オバサンくさい!」と感じる言葉の典型でもあります。

「どう反応していいか迷う」(40歳男性・経営)、「俺のほうが年上だと、もしや嫌味?って思ったりする」(47歳男性・システム)などの声も。

40代はまだ「年には~」と語るほどには年齢を重ねているわけではありませんし、女性がそのあたりを踏まえた“ネタ”としての発言だったとしても、わざわざ「年に勝てない」と“自慢”(?)しているかのような口調で、男性に何かを訴えかける必要はない……というわけです。

確かにこのフレーズ、逆で考えれば男性からこんなふうに送られてきた瞬間に「わざわざ、オジサン自慢?」なんて感じてしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

出典>>まだ40代なのに…「ものすごくオバサンくさい」と男に感じさせる自虐ネタLINE3選

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク