まだ40代なのに…「ものすごくオバサンくさい」と男に感じさせる自虐ネタLINE3選

ちょっとしたネタ、あるいは謙遜の意を込めて送ったLINEのせいで「なんともオバサンくさい女性だなぁ」と男性に感じさせてしまうのは、40代女性にとってあまり嬉しい話ではありません。

普段から、なにげなく“年齢”を意識した口ぶりをしてしまう女性ほど、LINEでもその癖が出てしまいがちな面も。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが一発で「まだ40代なのに、ものすごくオバサンくさい!」と感じてしまうデンジャラスなLINEでのひと言に迫ります。

 

まだ40代なのにやけにオバサンなLINE1:「年には勝てない」

年齢を重ねると、ちょっとした体の不調や疲れやすさを痛感する女性も、少なくはありません。

同時に、20代の頃よりも体力や代謝が衰えているのを密かに嘆いている方も、珍しくないですよね(かく言う私も、そのひとりです)。

そして、日頃からそんなふうに感じている女性ほど、ちょっとした会話でも「年には勝てない」と、やや自虐ネタのように発してしまうものですが、実はこのフレーズこそ、男性が聞くと即座に「うーん、オバサンくさい!」と感じる言葉の典型でもあります。

「どう反応していいか迷う」(40歳男性・経営)、「俺のほうが年上だと、もしや嫌味?って思ったりする」(47歳男性・システム)などの声も。

40代はまだ「年には~」と語るほどには年齢を重ねているわけではありませんし、女性がそのあたりを踏まえた“ネタ”としての発言だったとしても、わざわざ「年に勝てない」と“自慢”(?)しているかのような口調で、男性に何かを訴えかける必要はない……というわけです。

確かにこのフレーズ、逆で考えれば男性からこんなふうに送られてきた瞬間に「わざわざ、オジサン自慢?」なんて感じてしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

まだ40代なのにやけにオバサンなLINE2:「だてに年をとってないのよ」

年下の男性に何かを諭したい場面だったり、あるいは相手の年齢にかかわらず小馬鹿にされたような話題に反論したいと感じたりといったときに、「私だって、だてに年をとってるわけじゃないのよ!」的なフレーズで、相手を制したい女性もいらっしゃいますよね。

しかしこのフレーズも、男性たちからは、女性が思う以上に不評な現実がありました。

「だから何?って感じだし、年を引き合いに出してくるあたりが、本気でオバサンくさいよ」(43歳男性・流通)、「40代ともなると、実際多少は年をとっているからネタにも聞こえないし、かといって生意気な感じもするから苦手。気が強い女性に多くないですか?」(42歳男性・IT)などと、かなり辛辣な感想も!

まさに“冗談に聞こえない冗談”とでも言いましょうか、勝気なオバサンっぽさを不必要に醸し出すLINEの典型でもあるのかもしれません。

 

ズバリ私は書いてました!さらなるダメLINEが次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事